2018年4月アーカイブ

自然体験ガイド

_X3A0468.jpg

いよいよシーズンになりました・・・「釧路湿原特別保護区自然体験ガイド」が明日からスタートするのに合わせて今日、整備と下見を兼ねて特別保護区のキラコタン岬に行ってきました。看板が倒れていたり倒木で林道が塞がれていたり整備しながら往復6キロ約4時間心地よい汗をかきました。先端部からの湿原の眺めは一言で言うと『 雄大 』原始の姿をとどめる秘境と言うにふさわしい素晴らしいし湿原最深部『 キラコタン岬 』です。 この素晴らしい釧路湿原をみんなで守りましょう ? 。

若者軍団

_X3A0455.jpg

鶴居村の某所には32羽の亜成鳥軍団に混じって2羽の成鳥がたむろしています。 今日はなにを思ったのか一斉にこちらに向って飛び立ち自分の頭の上をかすめて飛んで行きました ・・・ ちゃんと気合いを入れて撮れよ ... ... な〜んて言っているのでしょう・・・(笑)。

いい面構え ?

_X3A0448.jpg

撮影に行くとたまぁ〜に見かける「蝦夷ドラ猫...?」いつもはすばしこく中々撮らせてくれない、今日は道ばたのネズミに集中しているらしくこちらにはおかまい無し・・・チョットだけ撮らせてくれた。いい面構えをした日本猫だ ? 。

エゾシカ ・・・!

_X3A0428.jpg

自然界では山菜が芽吹き行者ニンニク(アイヌのネギ)を採取に山に分け入る人達が増えヒグマとの事故が毎年この時期多発し、死亡事故も報告されていますので十分注意して下さい。野生動物にとってはそろそろベビーの出産時期なってきました。タンチョウも5月のゴールデンウイーク中には可愛い雛の誕生となるでしょう。

水の大地・釧路湿原

_X3A0273.jpg

しばらくブログを更新出来ず申し訳ありませんでした・・・ダウンしていた訳ではなくしっかり仕事をしていましたョ......... 。 釧路湿原は今一番命をみなぎらせているのは「エゾアカガエル」早朝から夜までゲロゲロ鳴きどうしです湿原の水辺には至る所に産卵された卵が ぷよぷよ・・・? 浮かんでいます。氷河期の生き残りの「キタサンショウウオ」の産卵も今、この時期です。 UP画像は今朝の撮影から湿原の水辺に佇むエゾシカの親子。

雪原の丘

_P0A0108.jpg

昨日降り積もった春の雪は湿原や草地を残してほとんど消えた 。しかし日陰や山の北斜面に面した道路は早朝や日没後にはアイスバーンになっているのでしばらく注意が必用だ。 UP画像はストックから・・・・・ 。

4月の雪

_X3A0098.jpg

今朝起きて外を見ると真冬に逆戻り ・・・ 体調の優れない中での除雪 ...... 重たい水分を含んだ雪です、たぶんこの雪が今年最後の除雪になるといいな〜なんて思いながら約2時間黙々と作業をしました。

湿原に生きる野生

_X3A8636.jpg

数日前から風邪気味だった ・ ・ ・ 昨日ついにヘントウセンが炎症を起こし微熱も出ちまった、昨日一日 ダウン? 。明日は雨降り一日静養日としよう・・・ UP画像は数日前撮影のストックから。

枯れ草色

_X3A0168.jpg

今、湿原は枯れ草色一色・・・緑はまったく見えません。 今月下旬になると河川沿いから少しづつ緑が広がり6月上旬頃が新緑の季節となります・・・その頃にはたくさんの夏鳥や野生動物達の子共たちで湿原はにぎやかになります。

4月の音羽

_X3A9944.jpg

昨日降った季節外れの雪は日陰を残し今日昼頃までにはほとんど溶けてしまった。 UP画像は昨日午前の音羽橋からの撮影 ・・・ ほとんどが幼鳥だ全体でまだ50〜60羽ほどがいる 。

雪 雪 雪

_51A8321.jpg

朝起きて一面銀世界 ・・・ 真冬に逆戻りしたみたいで寒い一日だった 。2/17に亡くなった叔父の今日が49日骨納めでした・・・月日が経つのはほんとうに早いものです、自分はたぶん新しい年を後20回も迎えられないでしょうな ... ... ...  そう考えると一日、一日を大切に気合いを入れていかねば  ? 。

冬に逆戻り

_X3A9866.jpg

パラパラ降り出した雪は夕方には真冬の風景に逆戻り・・・、明日の朝は季節外れの『 絶景 』が見れるでしょう 。チョット楽しみです !

鶴居村の春

_X3A9749.jpg

遅い春が鶴居村にもようやく来ました・・・・・ しかし去年のデントコーン畑には二羽のタンチョウ(成鳥)が優雅に採餌しています。 そう〜あせらず巣作りの準備をします ............ なんて事を言っているような気がします・・(UP画像)。 たぶんまだ雪が降るのでしょうな。

抱卵開始

_X3A9605.jpg

雪が解けてだいぶん暖かくなってきました・・・番いのタンチョウたちはそれぞれの湿原の縄張りに戻り巣作りや抱卵準備に取りかかっているでしょう。 早い番いはすでに抱卵を始めたところもあります。 抱卵、子育てのこれからの季節は警戒心が非常に強くなっているので、観察撮影は遠くからそっと出来れば車窓からがベスト 。

なかよし夫婦

_X3A9677.jpg

新年度スタートです ・・・ 毎年の事ですが4月なるとやらねばならない事が後から後から湧き出てくる感が ・・・ とにかく忙しい !  しかし朝の撮影は使命感を持って欠かさず行く 。 UP画像は川の中州で  巣  . . . . . . そんな馬鹿な・・・ 4月1日は昨日?(橋の上からの撮影)。   

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2018年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年3月です。

次のアーカイブは2018年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。