2018年1月アーカイブ

冷え込んだ音羽橋

_51A2664.jpg

今日も冷え込みました・・・氷点下23℃ 川面から気嵐が立ち昇りタンチョウの姿が靄でまったく見えなくなる場面も、絵的には水墨画のような中々味わいのある『 繪 』となりました。
_51A2426.jpg

今朝は氷点下22℃・・・ 久しぶりによく冷え込みました、川岸には霧氷の華が咲き素晴らしい冬の風景となりました。明日は3年ぶりの皆既日食とのこと、とても楽しみにしているカメラマンが今日からTAITOに数人スタンバイ中です。UP画像は霧氷が落ちた昼過ぎの湿原 。

夜明けの詩

_51A1174.jpg

今から35年前、自分が二十代の頃「 いすゞトラック 」のテーマソングがラジオから流れそれを効きながら湿原の撮影現場に毎日のように通ったのを思い出す。そのとき流れていた歌が 『 麻生詩織の夜明けの仲間たち 』だ、この曲が流れるとその時の情景が三十数年経った今でもはっきりと思い浮かんで来る。今日のUP画像のように東の空が白みはじめ冷たい朝の空気の中を・・・・・ あの頃は若かった 。

北の森・カラマツ林

_51A1193.jpg

北海道の森は戦後「カラマツ」の需要が多かったため林業家はこぞって植林をした、自分の親父も林業を兼業としていたので今でも約100haの山を所有していてそのほとんどがカラマツで一部ミズナラの天然林だ ・・・ イエィ 森 林 王 だ !(笑)。 明日は久しぶりに冷え込む予報です、きっと霧氷と気嵐が出る ! ...... かも?。

伸 び

_51A1351.jpg

日が差し込み気温が上昇すると綿あめを刺した様に身動き一つしなかったタンチョウは片方の羽根を大きく伸ばした、まるで固まった筋肉のストレッチをしているかのようだ・・・ 。 .........しばらく雪の降る予報はない ? 。

雄阿寒岳

_51A1190.jpg

昨日UPの雌阿寒岳(阿寒富士)の北寄りにある雄阿寒岳、朝日に照らされて 「赤富士」ならぬ「赤雄阿寒岳」・・・ 。 関東に降った雪だれかこちらに持って来て下さ〜い・・・・・(笑)。 それにしても今年は雪が少ない・・・どこかでちゃんと帳尻が合う事になっているのでその内 ドッカーンと大雪が・・・ !。  

阿寒富士

_51A1201.jpg
今日は所用で阿寒湖に行って来ました・・・ 。『 阿寒・摩周国立公園 』は昨年に名前が変更され旧名は阿寒国立公園、元々は弟子屈町にある摩周湖や屈斜路湖もエリアに入っていたのだが今回の改名で旅行者にもはっきりするだろう。 今日のUP画像は雌阿寒岳であるが左側の富士山に似ている山が「 阿寒富士 」日本百名山に入っていて標高1,499Mで今も噴煙を上げている活火山だ。

湿原に暮らす蝦夷鹿

_51A1116.jpg

本州では降雪に関する警報・注意報が出され高速道路の通行止め、航空機の欠航が相次いで出ています。 北海道東部はご覧の通り(UP画像)ほとんど雪がありません・・・ 冷込みは少し戻って来たのですが ... ... ...  こればかりはじっと待つしかありません 。 それにしても今シーズンの天気は ・・・ 何 か 変 だ !!。 

久しぶりの冷込み

_51A0887.jpg

ようやく冷込みが戻って来ました・・・ と、言っても氷点下16℃ ・・今日から「 大寒 」、本来であれば ー20℃越えも珍しくないのだが最近はどうなってしまったのかとにかく暖かい、そこにきて雪も記録的に少ない・・・少ないどころかほとんど無い ! 除雪しなくていいので大変助かっているのだが観光客やカメラマンが ここほんとうに北海道 ? ・・・ 返す言葉が無い ? 。 UP画像は日の出前の今日の釧路湿原国立公園 。

雪乞い ・・・ !

_51A0796.jpg

釧路湿原周辺の牧草地の雪はほとんど消えてしまいました  ・・・ 。 道東に雪を降らす低気圧はこのところほとんど来ていません、農家の人達も早く牧草畑に雪が降ってもらわないと根が痛み来期の収穫に影響が出てしまう! なんて言う事を行っていました 。明日は冷え込む様ですが雪は期待出来ません。

タンチョウ塒

_51A0177.jpg

「 群れを嫌うタンチョウの番い・・・ 」なんか効いた事のあるフレーズだ ドクターX(笑)... ... ... この番いも音羽橋のように沢山のタンチョウとネグラを共にしないで静かな湿原の流れで休む。今朝もマガモやカワアイサ、オオハクチョウなどと一緒に居た。

蝦夷雪豹・・・?

_51A0342.jpg

・ ・ ・ 鶴居村の『 雪 猫・・・? 』は元気がいい。雪の日でも、氷点下20℃になるシバレタ朝でも朝の散歩はかかさない、小鳥やネズミを狙っているようだ。酪農家の納屋にはネズミ対策用で必ず「居 候 」しているようだ。コタツに入って寝る猫は鶴居村には居ない・・・(笑)

コッタロ湿原

_51A0321.jpg

暖かく遠景が霧に霞む3月のような気候の朝でした・・・。湿原のあちらこちらでタンチョウ夫婦の鳴き交わす声が暖かい風にのって聞こえて来ています。

丹 頂

_51A0035.jpg

雪が降らず大地の枯れ草が顔を出し始めました「 鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ 」です・・・。釧路湿原もヤチボウズが見え始め秋の容相に見えなくもない風景でエゾシカにとっては餌の確保が容易でとても楽そうに見えます。 2月11日(日)に予定している『 タンチョウフェスティバル 』・・・ 雪が降ってくれないとプログラムに影響が出てしまう ... ... ... 、 まぁ〜それまでは降ってくれるでしょう ! 。

明けの明星

_51A0159.jpg

雲一つない快晴の今朝の天気でした・・・が、 昨日ほど気温が下がらず撮影条件としては ・・・ ?  日の出前の東の空に見える「明けの明星」が素晴らしく綺麗で空のグラデーションもこれまた素晴らしかった。

朝靄に舞う

_18A4260A.jpg

今朝は氷点下17℃まで冷込みタンチョウ撮影のカメラマンの皆さんきっと素晴らしい作品を撮られた事でしょうな ・・・。 明日は日曜日ですので大勢のカメラマンで橋の上はにぎわうだろうな ・ ・ ・   。UP画像は HOTEL TAITO の2018年(今年)カレンダーの付随カット今年10月中旬撮影分から。 
                                                       

雌阿寒冠雪

_51A9945.jpg

昨日から日本列島に寒波が襲来し九州の平地でも雪が積もったりし、また電車が雪の影響で立ち往生し一昼夜乗客が閉じ込められたりと、全国ニュースで報じられています。鶴居村はほとんど雪の影響は無く一昨日にみぞれが降り路面が氷漬けになり滑りやすくなった程度・・・路肩に突っ込んだ車がありましたが 。UP画像は鶴居村から見る雪を被った雌阿寒岳 。

霧氷の朝

311A2153.jpg

今日は早朝からTVの取材があり音羽橋でTVカメラのライトを点けたりし、他のカメラマンの方々にチョットばかり邪魔な想いを抱かせたのではないかと気になりました・・・。 もちろんタンチョウのいる方向にはライトは向けてはいませんが 。今朝の音羽橋は氷点下16℃でしたが霧氷はポヤポヤ程度しかなし、UP画像は音羽橋で以前撮影分のストックからでした 。

屈斜路湖

_51A9335.jpg

冬の道東でオオハクチョウの飛来地として有名な屈斜路湖は10月下旬となるとシベリアから渡って来てこの湖で羽を休め、越冬する個体も多数いて3月中旬には又、シベリアに向け北帰行します。そのすぐ近くには神秘の湖摩周湖がありオオワシやオジロワシ、ワタリガラスなども見られることもあります。どちらも鶴居村から1時間ほどで行ける距離です。UP画像は屈斜路湖のコタンからの撮影。

きたきつね

_51A9097.jpg

昨日の降ったみぞれが道路をブラックアイスバーンにしてしまい、両足で立っているのもままならない状況で早朝の撮影行はチョット命がけの感がしないでもない・・・?!。峠ではトレーラがジャックナイフになって道路を封鎖してしまい大きく迂回させられました。

音羽橋眺望

_51A9598.jpg

昨日と打って変わって今朝の気温 氷点下16.5℃・・・まずまずの冷込みで川岸に霧氷が付き朝日に照らされてまずまずの絵となりました 。橋上のカメラマンも『 大入り 』一歩手前 てなとこ ... ... ... (笑)。明日は天気が崩れる予報ですのでチョット期待してます ・・・ ! 。

しぶき氷

_51A9314.jpg

今朝は気温がゆるみ霧氷も付かない気嵐も立たないタンチョウカメラマンに取っては何とも撮影条件の悪い朝でした・・・ 。 ほとんどのカメラマンはAM7:00にホテルに戻り朝食をとっていました 。UP画像は一昨日の撮影ガイドで行った「阿寒・摩周国立公園」屈斜路湖のしぶき氷 。

飛 翔

_51A9152.jpg

今朝は氷点下15℃とまずまずの冷込みでした、霧氷も綺麗に付き撮影コンディションとしてはいいのではないかと思います。カメラマンも50数名で結構余裕を持っての撮影が出来たようです 。 明日も今日と同じような撮影条件になるようなので日曜日と言う事もあり橋の上は結構な混雑なるでしょうな・・・ 絶対この場所でなければと言うカメラマンは早めにセッティングを ・ ・ ・(笑)。

北欧ノルウェー・・・?

_51A9338.jpg

澄み切った青空、真っ白く樹木を覆った樹氷・・・この風景 TVや本で見た北欧のイメージ風景そのもの、空にオオロラがあれば完璧だ !。今日の撮影ガイドでの一コマ「美幌展望台周辺」は雪の白と空の青の世界で見渡す限り素晴らしい風景が広がっていました。最後にエゾフクロウで今日のガイドを締めくくり終了となりました。 参加されたお客さん大変満足された様でした 。 

エゾフクロウ

_51A8944.jpg

願っていたとてもいい雪が降ってくれたおかげでカメラマンの皆さん大喜びです・・・。一昨日と昨日と音羽橋のタンチョウをUPしましたが今年は昨年よりネグラの位置が下流に移動した為に少しばかり遠くになりましたが風景的には連日素晴らしい、タンチョウの居る幻想風景が見られます ......... 今日は暖かかったので幻想風景は今一つでしたが 。 UP画像は鶴居村某所のエゾフクロウです、昨年はまったく見られなかったが秋に戻って来てくれました、驚かせず静かに観察、撮影お願いします 。

タンチョウ雪景色

_51A8878.jpg

昨夜から降り出した雪は気温も高かったため湿り気を含んだ雪は周りの樹々に真っ白い花を咲かせたように付着し素晴らしい日本画の世界を演出しました 。今朝の音羽橋は50人ほどのカメラマンでしたので、まったくトラブルもなく今日の素晴らしい光景に皆さん感動され大満足だった事でしょう。

雪降りです ... !

_51A8687.jpg

タンチョウカメラマンの皆さんがお待ちかねの雪が昨夜からパラパラ降り出し今朝まで 7、8センチ積もりました。 音羽橋では雪を待ちかねたカメラマンが「 雪景色のタンチョウ 」にカメラを向け盛んにシャッターを押していました。今朝も暖かかったため7:00前にはネグラからどんどん飛び立ちカメラマンに サービス サービス・・・みなさんとても喜んでいました。 今のこの時間にも雪が降っています明日が楽しみですね〜 。
_P0A6124.jpg

2018年明けましておめでとうございます。本年も昨年同様よろしくお願い申し上げます 。久しぶりに雪の無い正月となりました、カメラマン諸氏には雪景色を想定されていたのでしょうが先週の「 冬の雨 」によってすっかり消えてしまい残念と言うか申し訳ない気にさせられます( 私のせいでは無いのですが ・・・ 笑 。) さて、今年一発目のUP画像ですが 早朝に鶴居村タンチョウ愛護会で音羽橋周辺のゴミ拾いや、注意喚起をしているために ここ2、3日シャッターをほとんど押していませんので年越してしまったストックデーターからです 。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2018年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年12月です。

次のアーカイブは2018年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。