2017年11月アーカイブ

飛び立つタンチョウ

_P0A6287.jpg

朝から雲一つない素晴らしい天気でした音羽橋下流には約150羽ほどのタンチョウがネグラとして夜を過ごしています。この時期は日の出頃になると三々五々家族単位あるいは数家族のグループ単位で餌場へと飛んでいきます・・・なかなか「絵」になるようには飛んでくれませんナ 〜。

馬のいる風景

_P0A6191.jpg

今朝は比較的暖かい氷点下4.5℃の靄の流れる魅力的な朝でした。この季節は日の出前にはタンチョウはネグラを飛び立ち近くのトウモロコシの刈り取った畑に移動し落ちこぼれたコーンをついばみます。 今朝の撮影は役者達も中々いい動きをしてくれて今日は良しとします・・・(笑)。

霧氷の華

_51A5976.jpg

昨日に引き続き今朝も冷え込みましたね 〜 ・・・ 湿原周辺では氷点下15.5℃ おかげで樹々に霧氷の華が咲きチョットやる気を出した朝の撮影でした。明日は気温も上がり霧氷はたぶん望めないでしょう。

氷点下14℃

_P0A5265.jpg

今朝は今シーズン一番の冷込みで氷点下14℃ ・・・ ほとんどが車窓からの撮影ですが非常に寒い朝でした、ばんえい競馬で使われる大型馬のペルシュロンの背中に降り積もった雪が北国の厳しさを語っているようでした。UP画像は昨日早朝撮影からの分から 。















根雪降る

_P0A5322.jpg

今シーズン初の根雪となりました、まだ12センチほどと少なめではありますが、今日鶴居村にタンチョウの撮影に来ているカメラマンには「待ってました」と、言う素晴らしい雪となりました。明日から天気も回復して青空も広がりいよいよ「 冬のタンチョウシーズンの始まりです 」UP画像は釧路湿原国立公園内の唐松の河畔林 。

晩秋の畑

_51A2729.jpg

農家の畑の収穫作業もほぼ終わりあっちこっちで堆肥まきが行われています・・・ぞくに言う「田舎の香水」です 。毎年のことで慣れてはいますが結構臭いますなぁ〜 しかしこの作業があって素晴らしい地物野菜等が生産される訳です ...... 不快に思われている皆さんどうぞ我慢して下さい。UP画像は役者を探している途中に出逢った畑風景。

 影

_51A2074.jpg

今日午後から個人の撮影ガイド3泊4日です・・・晩秋のこの時期らしい作品を撮ってもらうため今朝の暗いうちから撮影をかねてロケハンです。 ポイントは広範囲になるが面白い作品が撮れそうです。 UP画像は身近なポイントで湿原の河川・・・役者は登場せず ... ... ... 。

朝靄

_51A2045.jpg

今朝はあまり代わり映えのしない平凡な朝でしたが 7:00 を回る頃から靄が出はじめ写欲くの湧く幻想的な朝に早変わり・・・しかし、タンチョウとの素晴らしい出会いはほとんど無く立派な雄のエゾシカとの出会いがありました 。

朝陽照る

_51A0897.jpg

今朝の気温氷点下12,5℃ いやぁ〜寒いの冷たいの ・・・ 風がなかったのでなんとか持ちこたえましたが寒かった  。条件が今一つだったので役者が先ず来ないであろうポイントで待ってみた・・・まもなく朝日が差し込み背景の唐松林がマゼンタに染まったところをタイミング良く通過してくれた。今日の役者はこちらの意向をよく 理解していたようだ・・・(笑)。

新 雪

_51A1402.jpg

昨夜から未明にかけてサラサラ〜っと粉雪が降り積もり路面が一部ブラックアイスバーン状態となりました。今朝の撮影は湿原周辺をロケをかねてぐる〜っと一周して来ました・・・湖からは気嵐が結構な勢いで立ち上りコガモの群れやオオワシ、オジロワシも結構な頻度で確認できました。UP画像はクマザサに降り積もった雪・・・今朝の撮影から 。

双翔

_51A0968.jpg

今日は「 鶴居村開村80周年記念祝賀会 」がTAITO隣の鶴居村総合センターであり370名の来賓、村民、関係者で盛大に開催されました。昨年10月にHOTEL TAITOの開業100周年をお祝いして頂きましたので20年TAITOが先に此の地に入植した訳であります エッヘン!(笑)。当然私が入植した訳でなく三代前のひいおじいちゃんです、当時は「陸の孤島」と呼ばれ大変な苦労をされて今日がある訳です・・・感謝をし、心からありがとうと申し上げます。 さて、UP画像は昨日の撮影分からの蔵出しです(笑)低速撮影です。

もう... こんな季節です。

_18A8752.jpg

一年のうちに何回もこの言葉を言いますが 「 一年ってほんとうに早いですね〜 」。も〜う SLの季節がやって来ました・・・汽車のSLではなく鶴居伊藤タンチョウサンクチュアリでの話です、昨年「火を吐くタンチョウ」な〜んてTVに取り上げられたりしましてチョット全国区になりました。ピークは12月初旬です。

珍しくない風景 ・・・

_51A9992.jpg

ここ数日氷点下にならない日が続いている ・・・早朝の撮影はフロントガラスの霜も付かないのでとても楽をしている、冷え込まないおかげで撮影条件がすこぶる悪い ......  と言うより写欲が湧くような出会いが無い 。UP画像はまったく珍しくなくなった鶴居村の「鶴の居る風景」だ・・・(笑)。

靄流れる

_51A0795.jpg

晩秋から初冬へと季節が移り変わり野生の生き物達もすっかり冬支度も準備万端といったところでしょうな ・・・今朝出逢ったキタキツネはモコモコの超高級毛皮を羽織ってさっそうと道を歩いていました ......... (笑)。

コッタロ湿原

_51A0441.jpg

釧路湿原国立公園の北側に位置する特別保護区の「 コッタロ湿原 」今朝は暖かく 6℃・・・もちろんプラスの気温です。今朝は枯れヨシに朝のオレンジ色の光が差し込みとてもきれいな朝の湿原風景が見られました。

釧路湿原国立公園 細岡

_51A7649.jpg

釧路湿原国立公園の東側を流れる釧路川そのすぐ脇を通る 釧路ー網走間を走る『 釧網線 (せんもうせん)』。昔は(30数年ほど前)は JR細岡駅前の牛農家が黒毛和牛を釧路川の対岸へ牛を放牧するために泳がせて川渡りするのが季節の風物詩としてメディアが必ず報道していた・・・地元カメラマンも大勢集まっていた・・・じつに懐かしい思い出です。

冬鳥南下

_51A9797.jpg

北から冬鳥達が釧路湿原にどんどん渡って来ています、本州まで南下するものや釧路湿原で冬を過ごすものもいます特にオオハクチョウ、ヒシクイ、カモ類がよく目につきます。小鳥類は最近 かわいいで 評判になっている雪だるまのような顔をしたシマエナガの群れがたくさん見られます。

狩猟期

_51A9786.jpg

エゾシカ猟最盛期を迎えた釧路地方です・・・早朝日の出前東の空が少し白みはじめた頃車を走らせていると至る所からエゾシカが道路に飛び出して来ます。昨日の夕方、知人が釧路市 ? 鶴居村の道々53号線でエゾシカと衝突してしまいました。車は中破しましたが人には怪我は無かった様でホッとしたところです。エゾシカはこれから益々道路に出て来ますので車の運転は十分に周囲して下さい。 UP画像はトウモロコシ畑に出て来た雄のエゾシカ。

目覚めると雪 !

_18A6564.jpg

早朝目覚めると外はみぞれまじりの雪が降っていました 、イマイチ撮影気分が盛り上がらないままアスファルトに積もった雪を踏みしめながら役者達に逢いに・・・・・役者達はすでにトウモロコシの畑に集まり落ちたコーンを盛んに突いています・・・今朝はシャッター一度も切らずホテルに戻りコーヒータイム・・・なんと平和な鶴居村の朝なのでしょうか・・・・・。UP画像はストックから9月の霧の朝 。 

盆 栽

_51A9483.jpg

霧のかかった比較的暖かい朝でした。今朝もオオハクチョウやヒシクイなどの冬鳥がシベリアからぞくぞく飛来し、鶴居村のトウモロコシの刈り取った畑に下りて落ちたコーンを食べています。また畑に堆肥まきが始まり「田舎の香水」があちらこちらでプンプンしています、酪農地帯の宿命ですあしからず・・・・・。

晩秋の森

_51A9112.jpg

朝日に照らされた早朝の森に佇む白馬・・・この写真を撮っているその横にデッサンしている一人の老人がいるような ・ ・ ・ ・ ・ そう、『 東 山 魁 夷 』 ・ ・ ・ そんな感じがした。 今朝の撮影での出会いから。

冬の使者オオハクチョウ

_51A8852.jpg

シベリアから長旅を終えてやって来たオオハクチョウ・・・湿原周辺の畑にはタンチョウと一緒に仲良く採餌している姿が見られるようになって来ました。朝日があたり軟らか〜いピンク色に染まったタンチョウとオオハクチョウ......UP画像 。早いことに今日から11月です!、そろそろ越冬の準備をしなければ ・・・冬眠したい(笑)。

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2017年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年10月です。

次のアーカイブは2017年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。