2016年7月アーカイブ

DPP07E0071D143551.jpg

霧に煙る「 釧路湿原国立公園 」つがいのタンチョウが仲むつましく採餌をしています。ここは広大な湿原の中心部 ・・・ 野生の楽園です。

ド派手なイアリング

DPP07E0071C121405.jpg

耳には「ド派手なイアリングン」 首にはネックレスとは言いがたい革製のごつい「首輪」 。今年生まれのバンビを連れて仲良く湿原周辺を走り回っていました。 この様な格好をさせられているエゾシカは管内でもそんなに多くはありません。 今日は Fフィィルムの N氏と久しぶりのミィーティング・・・ぶどう液について !(笑)


北 狐

DPP07E0071B0A1618.jpg

湿原に生きる北狐・・・。今日も相変わらず霧雨模様の曇り空です、明日明後日にかけ一日中雨降りの予報、「 湿原体験ガイド 」には自分的には最高の条件です、シットリとした霧に煙る幻想的な風景が見れ野生動物達も晴れの暑い日よりも 生き生きとして居ます。

久しぶりの夕日

DPP07E0071A112033.jpg

撮影ガイドで 北方面に行ってきました。峠を越えたとたんに抜けるような青空、峠を越える前は曇りの霧模様・・・いや〜こんなにも違うとはビックリです!。 ............ しかし私の思うところの役者はここには居ませんので安心して下さい 。 TAITOに戻ったらやっぱり霧空・・・これはこれで 嬉しいです・・・ハイ(笑)。 

エゾシカ川を渡る

DPP07E0071A110C13.jpg

釧路湿原国立公園特別保護区の川を渡るエゾシカの群れ ♀ ・・・ 。 とにかく早朝の湿原体験ガイドは最高 !!・・・なにが最高かと言うと他の人間が全くこのエリアに入って来ていない、野生動物が生き生きしている。 問題点がひとつ、前日入った人間の落とした... か、故意に捨てたゴミをよく拾う・・・・・ま〜あ清掃ボランティア活動していると思えば何の問題もありません・・・。

森に生きる

DPP07E00717120E59.jpg

今日の「 湿原体験ガイド 」では沢山のエゾシカに会えました・・・ほとんどがメスで今年生まれたバンビを連れていました・・・。ここ数日タンチョウも含め、野生動物に会う頻度が増えてきました。

つるい納涼祭りだ〜!

DPP07E007160D2606.jpg

今日は「つるい納涼祭り」・・・いわゆるビールフェスタ本日午後6:00役場前庭で開催・・いや〜雨降らんでいかったいかった 。この祭りの運営などで早々のブログUPします。画像は蔵出しストックから『タンチョウの丘』。

タンチョウポートレート

DPP07E0070D142211.jpg

この時期にしては真っ白な羽毛のタンチョウに逢えました・・・夏のシーズンのタンチョウはどうしても汚れが目立ちこのような綺麗な羽毛のタンチョウはめずらしいです ......... な 。 頭の赤も鮮やかだ!。

釧路湿原国立公園

DPP07E00714120702.jpg

日本最大の面積を誇る「 釧路湿原国立公園 」、霧で煙る中を1羽のタンチョウが採餌をしながら移動する。 霧のかかる朝はいつも素晴らしい幻想的な光景を見せてくれている。
DPP07E00710120B14.jpg

◯さん家ちのタンチョウ・・・孵化して約2ヶ月を過ぎ順調に大きくなってま〜す。毎朝トウモロコシ畑を横切って親子3羽で採餌に来ています、キタキツネやオジロワシなどの外敵からまわりを警戒し注意深く農道を横断して来ます。あとひと月もすると親と一緒に釧路湿原の大空を飛べるようになることでしょう。

緑の湿原

DPP07E0070F131E00.jpg

ぼちぼち湿原全体が若草萌える緑一色になりつつありますよ。 森の樹々は新緑も過ぎグリーンの葉を目一杯広げて涼しさと森の香り漂う朝のトレッキングは最高ですョ! この季節是非『湿原体験ガイド』に来てみては・・・ ? 。

特別保護区

DPP07E0070E121F04.jpg

釧路湿原を語るなら此の地に立ってからすべし  ・ ・ ・ 釧路湿原国立公園特別保護区 。 何度行ってもいつ行っても大きく向い入れてくれる此の地、初めて此の地に立ったのは54年前 昭和37年の秋 6才の頃と記憶している今後も今の湿原を変わらず後世に残してほしい。

鹿の子模様

DPP07E0070C170303.jpg

綺麗な「鹿の子模様」に衣替えしたメスのエゾシカ。なんとこの夏毛の鹿の子模様は森の中では保護色、木漏れ日に似せていると言うからロマンの様なものを感じさせる。それにしても今日は朝から久しぶりに素晴らしい天気でした。

子ギツネ

DPP07E0070C162F15.jpg

農道の脇で巣を作って子育てしていたキタキツネ、最初は4匹の子ギツネがチョロチョロと可愛い姿を見せてくれていたのだがここ最近は1匹しか見かけなくなってしまった・・・・・?。

霧雨の朝

DPP07E00708120453.jpg

霧雨のシトシト降る中を雛のために一生懸命餌を探す・・・雪より白いはずの純白の羽根をぐしょぐしょに汚し懸命に子育てをする 。 人間社会も一昔前はこうだったのだが・・・。

家に来るタンチョウ

DPP07E00706133A08.jpg

毎日 某農家にやってくる『 ◯◯さん家のタンチョウ 』です、今年は5月下旬頃孵って数日の可愛い雛2羽を連れてやって来た しかし2週間もたたず雛は1羽に・・・自然界は厳しい。タンチョウの親は牛のエサ入れに顔を突っ込みコーンーをあさる、農家の親父さんは「コノヤロ〜 !」と、言うけど内心可愛いのだ・・・。

初夏の森

DPP07E00703142552.jpg

昨夜の集中的な大雨・・・いや〜よく降りましたな ァ 〜 。 今朝の湿原ガイドでは雨水がたっぷりたまり長靴でなければ歩かれない状態でした、しかし某自然ガイドを行っている所ではスニーカーを履いたお客様を数名連れて歩かせていました・・・・・当然水たまりを避けて脇道を新たに作ってしまう事に・・・。なんとか早く基本的な『 利用基準 』を作ってほしい、いや一刻も早く作らねば・・・!!。

出張から戻りました。

DPP07E00702120011.jpg

いや 〜 本州はなまら暑かった、夏に行った日には溶けちまうんでないと 思うほどの暑さでした・・・。やっぱ鶴居最高だ !! 。 なるべく毎日ブログ更新する様がんばります ......... ハイ 。 

ウェブページ

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2016年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年6月です。

次のアーカイブは2016年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。