2015年1月アーカイブ

暴風雪警報

DPP07DF011F112330.jpg

今日、明日にかけて注意報や警報が出ていますが、今のところ思ったほどの荒れではないです。風はそこそこ強いものの雪はチラチラ程度です、オレンジ色の夕日が一瞬顔を出したほどです。明日明後日にかけ荒れるのでしょうか・・・飛行機の運航が心配ですね...... !。

家 族

DPP07DF011E133635.jpg

先頭を意気揚々と歩く幼鳥、その後をお母さんお父さんそして二番目の幼鳥・・・ 厳しい北の原野に生きるタンチョウ親子、ひと月もしないうちに突如子別れの儀式がやって来ます。 さて、話は変わって今夜から明日明後日にかけ道東特に釧路地方は大荒れの予報です。もうすでに明日午前のJAL便の欠航が発表されています・・・。 

鶴居の丘

DPP07DF011D131218.jpg

久しぶりの「鶴居の丘」に行ってみました・・・・・日の出前の色温度の下がったブルー調が何ともいい雰囲気を醸し出し稜線がほんのり赤みを帯びたこの時間帯が一番写欲を感じる 。 明日は久しぶりに自分の作品を撮る時間が・・・しかし朝だけ !  午後からは公職 。

阿寒国立公園

DPP07DF011C113660.jpg

阿寒国立公園から阿寒摩周国立公園に改名手続きが進んでいるようです、今日のUP画像は弟子屈町屈斜路湖の北にある藻琴山。明日は久しぶりに氷点下20℃近くまで下がる予報です・・・感動風景に出逢える予感が ・・・・・? 。

一月の霧

DPP07DF011B171428.jpg

まだ1月末だというのに釧路エリアを覆い尽くす広大な霧が早朝から夜まで発生しました。当然気温はプラスで道路はザクザクのジャブジャブ。トラックとすれ違う度に雪解け泥水がジャバジャバかぶり今日一日で車は真っ黒・・・? 。 とにかく今日の霧はほとんどのカメラマンは気合が入ったでしょうな。とにかく良かったです。

十勝牧場

DPP07DF011A132843.jpg

今朝は撮影ガイドで十勝まで遠征でした。約1トンもある馬が地響きを立て走ってきます・・・すごい迫力です。 走り終えた後の馬体から立ち上る水蒸気がその場の雰囲気を盛り上げます。明日は雪降り・・・終日タンチョウ三昧です !。

シラルトロ湿原

DPP07DF0119132D26.jpg

日の出前の誰もいない釧路湿原・・・静寂 。  この広大な風景を独り占め! なんとも心地いい・・・。ただ残念なのは生き物の姿がこのフレーミング内には居なかったこと、エゾシカ数頭がこの画面から外れて雪をラッセルして移動して行った。 明日からしばらく撮影ガイドが始まる・・・自分の写真が撮れるのは今日だけ・・・・・。明日からは......お も て な し 。

アメリカミンク

DPP07DF0118162803.jpg

厳冬期でも冬眠する訳ではなく氷の張った水中の中を縦横無尽に泳ぎ、魚やザリガニなどを取って厳しい冬を過ごします。元々釧路湿原に生息している生物などを脅かす『 外来生物 』なのです。ウチダザリガニと同じく非常に厄介なことです。

地吹雪

DPP07DF0117143218.jpg

待ちに待った待望の地吹雪がやってきました・・・! 道路の除雪もされないうちから「鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ」には猛吹雪にも関わらず十数名のタンチョウに取り憑かれたカメラマン達が雪まみれになりながら熱心にシャッターチャンスを狙っていました。 今日の役者達は中々素晴らしい 演技......? をしてくれました。明日の朝も強い風が残るようです。

給餌場のエゾシカ

DPP07DF0116150E05.jpg

阿寒丹頂鶴観察センターに今日撮影ガイドで行ってきました・・・・・今シーズン二度目でしたが カメラマンの数が例年より少なく感じました、これから2月にかけ海外からもわんさかカメラマンがやって来るのでしょう......忙しい日々がつづきます。 鶴居?伊藤タンチョウサンクチュアリにも雄、雌入り乱れて30頭ほどのエゾシカがやってきました・・・

しばれる朝

DPP07DF0115172511.jpg

昨日の天気予報や今までの経験をふまえて今朝の撮影条件は相当素晴らしいものになるぞ・・・・と、期待を込めカメラマン数名を連れて日も明けやらぬ早朝5:30出発し音羽橋に向いました。この時点ですでに10数名カメラマンやバードウオッチャーが三脚を並べていました、冷え込みは氷点下約20℃素晴らしい霧氷の朝でしたタンチョウの位置関係も今年は素晴らしいいです。

冬の釧路川

DPP07DF0114113233.jpg

今年の釧路川はまだ青々と空を映し流れています・・・例年だとそろそろ結氷する頃ですがね〜...... 。さて、明日の撮影ガイドは屈斜路湖のオオハクチョウと霧氷の撮影です天気も冷え込みもいいようですので期待できます !。

丘景色

DPP07DF0113122127.jpg

何も無い雪景色の北国の丘・・・今日の撮影ガイドでの一コマです。明日は北の方をガイド予定・・・はたしてどんな出逢いが待っているか楽しみです。

北国の青い空

DPP07DF0112161C51.jpg

今朝はあまり冷え込まない暖かい気温でしたが北よりの強い風がビュービュー吹いていて体感気温は−20℃にはなっていたでしょう。タンチョウも強風にあおられながらとても難儀しながら飛んでいました・・・タンチョウサンクチュアリの給餌場に飛んで来るのもお昼ちかくになったようですね。人間と同じでこんな日はどこにも出かけたくない・・・! というタンチョウも居るのかも...?。明日から少し冷え込む予報です。

雪ふり

DPP07DF0111110F31.jpg

朝から降り出した雪は約30センチほど積もり周りの汚いものをほとんど覆い隠してくれ、風景写真としてはまずまずのいい日でした。明日は風が強い予報ですがきっと素晴らしい出逢いがある様な気がします・・・。 

北狐

DPP07DF0110092323.jpg

雪原に澄まし顔でちょこんと座るキタキツネ・・・・・いったい何を考えているのだろうか・・・? ?  人間社会のようなわずらわしさなどまったく無いのだろうな・・・。

鶴の居る村

DPP07DF010F111036.jpg

今日という日を精一杯生きたタンチョウは、明日へ向ってまた生きるために希望を胸に今日の一日を終える・・・あすも生きれる保証など無い・・・それが野生だ!。 人が美しいと感じている以上に「美しいタンチョウ」を撮りたい。 今日は私の誕生日、沢山の方から「誕生日メッセージ」をいただきありがとうございます。

安住のねぐら

DPP07DF010E0B3711.jpg

タンチョウの越冬期で最大の「ねぐら」として世界的に有名な鶴居村下雪裡を流れる雪裡川、そこに架かる「音羽橋」がタンチョウを脅かさず安心して観察、撮影できるポイントです。今年は鶴居村の単独予算を計上しネグラ整備事業としてを去年10月に 約 7百数十万円もの大金を投入しました・・・そのお陰でこのようなとても近い位置にネグラをとるようになりました。小さな村でこの予算はとても大きな金額です・・・もし余裕のある方がいましたら『鶴居村ふるさと納税』なるもの鶴居村役場(0154-64-2111)で受けておりますので是非協力下さい! マジで......(笑)。神奈川の米汁大好きなO氏が早速『鶴居村ふるさと納税』ありがとうございます。村長に成り代わりお礼申し上げます。

餌場の常連

DPP07DF010B121909.jpg

鶴居伊藤タンチョウサンクチュアリにはこのところ連日エゾシカが餌を求めてやってきます、多い日には20頭ほどになることもあるようです。お互いに気にはしているようだが警戒や威嚇することはありません。オオハクチョウもやってきていますが餌場に降り立つとレインジャーがすぐさま追い払います・・・渡り鳥ですので「鳥インフルエンザ」の関係でかわいそうですが致し方ありません。

雪降り

DPP07DF010D0B3417.jpg

連休も終わり明日あたりからタンチョウ目的のカメラマンの数が少し落ち着くのでは無いだろうか・・・?。カメラマンの数はまだ序の口で2月に入ると堰を切ったように ドドドゥ......っと一気に押し寄せます・・・・・個人的には2月よりも3月の方が写真的に数段いい作品が撮れる様な気がするのですがね〜 是非3月に来られることをお勧めします !。

アメリカミンク

DPP07DF010B0A2514.jpg

今朝の湿原で出会った「アメリカミンク」名前のとおり北アメリカ原産の外来種です。戦後毛皮をとるために持ち込まれ野生化してしまったもので一見カワウソにも似て水に潜って魚やザリガニなどを捕まえ食べています、きっとタンチョウの雛の天敵でしょう。さて、明日はどんな出逢いが待っているのか ?。

光と影

DPP07DF010A122538.jpg

年末に降り積もった大雪でしたが・・・「 もう、しばらく降らなくてもいい ! 」などと思っていたのだが二週間もたたないうちにそろそろ新しい雪が降ってほしい〜などと勝手なことを思っているこの頃です。川岸の土手が汚く見え出して、湿原のヤチ坊主の枯れ草がとろろどころ顔を出し若干汚い情景になりつつあります。是非そろそろ新しい雪を・・・! おねがいしま〜す !。

採餌

DPP07DF010A0A0B25.jpg

音羽橋のすぐそこまで近寄ってきて湧水が湧き出て凍り付いていない河原で砂利を掘り起こして何かを食べているようです。水生昆虫の川虫などを探しているのでしょう。雪原に落とした影がとても印象的でした。

噂のふくろう

DPP07DF0108111A38.jpg

昨年暮れから地元の写友からの情報で某所のエゾフクロウが「 カップルで仲良くしてるぞ ・・・」と、情報をもらってはいたが中々行く機会が無く今日初めて行ってきました。いやいや中む妻しく可愛かったですね〜このままここで厳しい冬を越してくれると良いのですがね。 昼間のフクロウは眠たい目をしているほうががいいでね。

冬の華

DPP07DF0107110D39.jpg

昨日降った雨が辺り一面スケートリンクにしてしまいました・・・駐車場に止めた車に行くにも二本足歩行の人間には非常に難儀しました。今日は気温も上がらずほとんど溶けなかったので明日もツルツル路面です気をつけねば。UP画像は一昨日音羽橋での撮影から。

冬の雨降り

DPP07DF0106141D05.jpg

天気予報通り午前中から細かいみぞれまじりの雨降りです道路は瞬時にブラックアイスバーンです・・・。 釧路管内の主要道路ではもうすでに事故の情報が入ってきています、明日の朝にかけて今以上のツルツル路面になりますので遠出は避けた方が良いでしょうね。湿原の川も結氷していましたがこの雨でタンチョウのネグラも確保されるでしょう。

朝焼けの音羽橋

DPP07DF0105113B47.jpg

久しぶりに音羽の朝焼けでした・・・舞台演出は素晴らしかったのですが役たちは正月休みだったのか絵になる演技は無かったです(笑)。あす、あさっては暖気が入り込み冷え込みが若干ゆるむようです、「 厳冬の絵 」は少しの間お預けです。

今日は満月

DPP07DF0104102316.jpg
 
正月休みを終えて明日から職場に復帰される方・・・( 帰りたくないよ〜 )と言いながら帰って行かれました。 これからチョット遅い正月休みで鶴居村に入って来られた方・・・( 気合を入れタンチョウ写真撮ったるで〜 ) 楽しい思い出を創り良い写真を持って行って下さい。 今日は満月、日没直後に月の出でした一時マジックアワーの素晴らしい色合いでした。 役者に気合い入らず絵として イマイチ・・・?。 

-22.5℃

DPP07DF0103112006.jpg
順調に良い冷え込みが続いていますねぇ〜気圧配置は西高東低の完全な冬型です。ほとんど雲のない快晴の青空、その抜ける様な青空を背景に純白のタンチョウが飛翔する・・・絵に描いた様な光景が毎日のように見られます、撮れます、今鶴居村に来ているタンチョウカメラマン達は思いっきり満足しているでしょう。 明日も今日以上に冷え込むようですのでHOTEL TAITOの 鶴居村温泉「美人の湯」でしっかり温まって下さい・・・米汁で腹の中からも............(笑) 。

気嵐立ち昇る

DPP07DF0102101352.jpg

冷え込みが戻って来ました、カメラマンも今年最高の人出で音羽橋では端から端まで三脚がびっしり中央部は二段になっていました・・・日の出頃は氷点下20℃まで下がり川岸は霧氷で真っ白。 明日は今日以上の冷え込みのようですのできっと素晴らしい出逢いが待っているでしょう。簡易カイロの出番です。  【音羽橋での注意】?冷え込むと足踏みしたりジャンプしたりひどいのは走り出す輩が・・( 橋全体が揺れます!) 早朝は低速シャッターで撮影しているので当然「ブレます!」今朝もN〇K放送局の取材のクルーが盛んにジャンプ、しびれを切らした神奈川の米汁仲間のO氏から一括・・・『揺れる止めろ!』 皆さんも注意して下さい。

2015年1月1日 迎春

DPP07DF0101130F09.jpg

『 2015年1月1日 迎春 』みなさん昨年中は公私共に色々ありがとうございました。本年も昨年同様よろしくお願いいたします。 今年の初日の出は空全体にうす雲がかかって ボワ〜ン・・・としたハッキリしない日の出でした。明日から天候も回復し冷え込みも戻り撮影には良い条件になるはずです、タンチョウを撮影に鶴居村に来られているカメラマンの皆さん明日から気合です!  ・・・まずは米汁で厄払い・・・?(厄年ではないけども............笑。) UP画像は蔵出しです。

ウェブページ

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2015年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年12月です。

次のアーカイブは2015年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。