2014年10月アーカイブ

夜明け前

夜明け前.jpg

明日から某所に出張です・・・戻って来るのは11月2日ですのでブログの更新は3日からとなりますのでよろしくお願いします。撮影のための出張ではありません、観光関係のです。今日のUP画像は先週撮影したストックからです。

落葉樹

落葉樹.jpg

PCの調子が悪くブログUP出来ずに申し訳ありませんでした。なんとか自力で直せましたので今日から しょ〜もない ブログを再会させていただきます。今朝の朝日に染まるカラマツ林です、役者達はこの前を避けカメラ後方を悠然とV 時変態で・・・?編隊で飛んで行きました  クッソッタレが ......... ? 。

幽玄

幽玄.jpg

連日何とも言われん朝靄です・・・ 朝靄の釧路湿原とタンチョウの暮らす鶴居村に生まれたことを感謝しま〜す 。 このすばらしさを世界中の人に知らせたい !。

朝靄の丘

朝靄の丘.jpg

モヮ〜ン......とした私の大好きな靄の朝です !。待つこと数十分、朝靄の中から突如数羽の役者が現れ丘に降り立った・・・と、思ったら1〜2分もしないうちに飛び立ってしまった・・・・・? 。  もう少しゆっくり撮らしてくれよ!

幻影の朝

幻影の朝.jpg

今朝の撮影ポイントでは1シーズンに一度あるかないかと言うくらいのすばらしい光の演出が見られました。 しかし、役者達は・・・・・ ? ! 。 タンチョウ達が今の餌場としている刈り取りの終わったとうもろこし畑は、秋起こし作業が始まり出しました、今までと行動パターンが少し変化して来ています・・・ !。

寒い朝・・・

寒い朝・・・.jpg

今朝は薄氷が張る寒い朝でした。この冷え込みで残っていた紅葉もほとんど終わりでしょう、後はカラマツの紅葉がピークに達して来ています。今年の初雪は早いかも知れませんね。

とうもろこし畑

とうもろこし畑.jpg

鶴居村も徐々にカメラマンも集り出し週末はあっちこっちでカメラを構えている姿を目にするようになりました。いよいよシーズンインです、今年はどういったタンチョウ作品を狙うのでしょうか・・・決して 「 単調 」にならぬ様に・・・・・(笑)。 UP画像は一昨日の撮影分から。

撮影ガイド

撮影ガイド.jpg

「 撮影ガイド 」最終日・・・早朝から待ちに待った霧が立込めすばらしい舞台設定が整いました。赤、白、黒の役者達もほぼ時間どうりに登場し、すばらしい役者ぶりを披露しカメラマンたちの絵作りにすこぶる貢献してくれました。UP画像は某原生林で撮影するガイド参加のお客さん。

山親爺出たぞ〜・・・!

山親爺出たぞ〜・・・!.jpg

いやいや今日の撮影ガイドで逢っちゃいましたヨ・・・そうです!ヒグマです。逢いたい方、写真を撮りたい方に場所を特別教えてしまいます・・・おいおい...教えてしまって委員会?いいんです。 国道240号を阿寒町から阿寒湖に向けて上徹別を過ぎて10分弱、国道に面した左側に毎年カエデの紅葉がすばらしく綺麗な「舌川原公園」の山の中腹にこの『ヒグマ』を放し飼いにしています。触ることも出来ますよ!・・・・・遭難です・・そうなんです! 精巧に出来た山親爺だった・・・初見のときは一瞬固まりましたよ、とにかくリアルです、遠目にはなんの疑いも無くヒグマそのものです。ここは自然の山の地形をうまく利用した公園です。私有地を解放してくれていますので最低限のマナーを守って下さい。 ひと言忘れましたが「熊鈴」は必要ありませんので・・・。

釣り人が・・・?

釣り人.jpg

早朝 4:30 お客さんを乗せタンチョウ撮影ガイド出発・・・鶴居村のタンチョウ撮影スポットを重点的に撮影し一旦ホテルに戻り朝食。その後海岸線のタンチョウ繁殖地を撮影しながら移動し、とある沼で「釣り人・・・ ? ? ?。」 本来この沼はタンチョウ夫婦の繁殖地・・・ 考えてみると今日は日曜日 だった ? 。 タンチョウの撮影に関してはこの時期から来春まではやはり鶴居村がベストと思ってはいたが・・・。

楓.紅葉

楓.紅葉.jpg

紅葉も終盤になり楓とカラマツを残しほとんど終了ってな感じです。明日は今シーズン一番の冷え込みのようで氷点下5〜6℃になるようです。明日一日撮影ガイドです素晴らしい作品撮っていただきましょう・・・ ! 。

里の秋

里の秋.jpg

早朝から雨降り・・・朝めし前にいつもの撮影ポイントを回るもほとんどこれと言った収穫なし。今日のブログ用にこの1カットを切り早々に退散・・・・・ん・・〜 自然には勝てないっす。明日は撮影条件良さそうです !。

朝焼け写す

朝焼け映す.jpg

今朝の日の出前、一瞬チョットだけいい焼けを魅せてくれましたが5分も持たず太陽は雲の中・・・全く当らなかった今朝の天気予報でした。 明日は今日に引き続き一日いっぱい  どん曇り です ? 。今夜は一丁景気付けの意味を込めまして 三重県のK氏、神奈川県のO氏 と三重産米汁で今シーズンの厄払いをタンチョウ写真家を代表して執り行わせていただきます・・・てなこと言って ただの呑み会だろうがって......。その通りです・・・ハイ 。

雌阿寒岳初冠雪

雌阿寒岳初冠雪.jpg

鶴居村は台風の影響もさほど無かったようでホッとしています。今朝の湿原の気温は氷点下まで下がり笹の表面に付いた水滴はすべて氷になっていてピリッとした朝の空気の中、キラコタン岬(釧路湿原国立公園特別保護区)へ通じる林道を歩くと枯れ葉を踏みしめるガサガサの音だけが誰もいない森の中に響きます・・・これが贅沢というものなのでしょうね。ホテルへの帰り道ふと気がつくと雌阿寒岳が真っ白く冠雪していました。昨日の鶴居村は雨だったが山は雪だったんですね 〜 どうりで寒かった訳です。

夫婦鶴の背中に...... !。

夫婦鶴の背中に.jpg

夫婦仲良くトウモロコシ畑に向って飛翔です・・・先頭を飛ぶ父さん鶴?の背中に長い竹串の様なものが突き刺さっています・・・。焼き鳥屋から逃げて来た ?......冗談はさて置き、調査の人(研究者)がタンチョウの背中に背負わせた発信器のようで、それから突き出たアンテナが竹串のように見えたようで・・・。いずれは自然に外れると聞いているが・・・・・自分の目の前を発信器を付けたタンチョウが飛んでるのを見るとチョット考えさせられます。タンチョウ生態や移動等はほとんど解明されているはずで ・・・ ん〜?   渡り鳥であるなら理解できるが・・・・・。

ひっそりと ...... 。

ひっそりと・・・。.jpg

今日の「湿原体験ガイド」は湿原を中心に霧に覆われてました・・・、普通であれば放射霧(地表を這うような霧)なのだが今日の霧は空全体を覆う濃霧(夏特有の全体を覆い隠す霧)ですべてが真っ白・・・、お陰で面白い作品が撮れました。 UP画像はヤチハンノキの中に一本だけポツリとひときわ輝いていた木です・・・・・木の名前は・・・?。

湿原遠望

湿原遠望.jpg

低層湿原のキタヨシも完全に枯れ草色に変わり、ヤチハンノキの葉っぱの緑だけが周りから観ると違和感を感じます。森の中の林道は枯れ葉が積もり歩くたびにカサカサこの音がたまらなく心地いいですなぁ〜 。春の新緑も好きだが樹々の葉を落とす今の季節から晩秋がいいね〜 。 朝の寒さは辛いものはあるけどね・・・・・ 。

朝霧燃える

朝霧燃える.jpg

『 湿原体験ガイド 』も明日、明後日の連休でほぼ終了・・・、タンチョウの撮影条件が良くなる今月中旬頃から『 撮影ガイド 』が始まります。そうなるといよいよ撮影シーズン IN ってなとこです・・・!。明日はそこそこの風が吹くようなので朝の放射霧はまず見込めないでしょう・・・? しかしキラコタン岬の秋の紅葉とのコラボは今がいいところってな感じです。 そうです、・・・来るなら、撮るなら 今でしょ......!(チョット古いか)こちら方面に向っている台風がチョットばかり気になるところです。

明日への希望

明日への希望.jpg

ずいぶんとタンチョウの数が増え、鶴居村の何処に行っても必ずと言っていいほど見かけるようになりました。特にデントコーンを刈り取った後の畑には落ちこぼれたコーンを求めタンチョウどうしのいがみ合いを見ることがよくあります。

黄金色の朝

黄金色の朝.jpg

今朝は一段と冷え込んだ寒い朝でした・・・・・。車のフロントガラスが凍り付きウオッシャー液を出して溶かそうとしたが、かえって凍り付き出発が遅れてしまった・・・ ? 。

秘境・キラコタン岬

秘境キラコタン岬.jpg

この時期になると毎年キラコタン岬上空を グァグァ〜・・と鳴きながら南に飛んで行く雁カモの仲間「ヒシクイ」を観ます。鍵になり竿になりこの声と飛び方でそれであることが分かります。代表的な渡り鳥の「オオハクチョウ」もうそろそろ姿を見せてくれることでしょう、そうなると釧路湿原は一気に晩秋へと・ ・ ・ ・ ・ 。

朝霧の湿原

朝霧の湿原.jpg

湿原の朝霧を背景に二羽のタンチョウが舞い降りた・・・、遠くには数十羽のタンチョウが鳴き合をしたり餌を食べている姿が見える。このところ朝の冷え込みが氷点下を示している為か日増しにタンチョウの数が増え越冬が近いことを伺わせる。

紅葉の釧路湿原

紅葉の釧路湿原.jpg

HOTEL TAITOの『湿原体験ガイド』で出逢う低層湿原の池塘(ちとう)、紅葉が映り込み綺麗な釧路湿原の 繪 を魅せてくれました。明日も冷え込みそうですね〜。

みんなで渡れば・・・ ?

皆で渡れば・・・.jpg

早朝、鶴居村の某地区には100羽を越えるタンチョウが一昨日まで居ましたが、昨日から鶴居村のいろんな地区でトウモロコシの刈り取り作業が始まり出した為か、餌を求めって広範囲に散らばった間があります。今朝の鶴居村の気温は 氷点下3℃で車のフロントガラスが真っ白く凍っていました。 ・・・もう10月だよ !。

朝霧光彩

光 彩.jpg


今日は釧路湿原の一エリアに放射霧が流れ朝日に照らされ素晴らしい光景を見ることができ、湿原体験ガイドの参加者は感動しまくりでした。日の出前後の撮影ポイントの判断がとてもシビアになって来ました、極端に言うと秒単位でポイントを読まなければここぞと言うチャンスをのがしてしまいます。

外来種

外来種.jpg

『 湿原体験ガイド 』で国立公園エリアの特別保護区である「キラコタン岬」まで早朝5:00の出発で参加者を案内します。出発してから20分ほどで湿原エリアに到着し朝霧が幻想的に流れる湿原を背景に素晴らしい日の出を観て感動し30〜40分心地よい森の中をトレッキング・・・、(朝の清々しいキリッとした空気を吸って歩くこの時間が何とも言われない心落ち着く時なのです。)  UP画像はもうほとんど花の無くなった湿原でひと際目立っている咲いている外来種「ヒメジオン」・・・・・ 。

天然ホップ

天然ホップ.jpg

鶴居村のあちらこちらに自生している「天然ホップ」も色づきはじめ徐々に晩秋に近づいて来ています。酪農家のコーン畑は大型コンバインがうねりを上げながら刈り取り作業に追われ、刈り取った後から「待ってました」とばかりにタンチョウ達が集り落ちこぼれたコーンを無心についばんでます。

幻 影

幻景.jpg

所によっては連日秋の放射霧が発生していますがなかなかタンチョウとからまいですな〜。明日も気合でがんばります。

ウェブページ

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2014年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年9月です。

次のアーカイブは2014年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。