2014年9月アーカイブ

朝霧覆う

朝霧覆う.jpg

素晴らしく自然豊かな鶴居村の朝の風景です。湿原はすでに紅葉も終盤を迎えようとしていますが、山の樹々も少しづつ色付き初め後一週間ぐらいでピークでしょうか・・・?。明日の早朝は結構冷え込むようで湿原では氷点下になるかも・・・・・?!。

登山・・・ 。

登山.jpg

御岳山の事故・・・仲間や家族との楽しいはずの登山がこんな結果になるなんて、だれが想像できただろうか・・・だれ一人こんな結果なんか考える訳が無い、ほんとうにかわいそうだ 。  UP画像の海抜100メートル足らずの 山に・・? いや、丘に登山する輩が数人(羽)高い所が好きと見える・・・自分も煙と同じで、ある程度の高い所は好きですな 〜 。

飛び立つ

飛び立つ.jpg

夕方着のJRで、札幌から帰ってきました・・・さすがにすごい人出でした。しっかり鶴居村のPRをし、鶴居チーズ、鶴居はちみつを販売して来ました すこぶる評判が良かったですね〜 。やはり早急に鶴居特産品(みやげ)の開発をしなければと思った次第です 。 UP画像は数日前に撮影したストックから。

青空に白い雲

青空に白い雲.jpg

青い空に白い雲・・・絵に描いた様な素晴らしい丘の風景でした。 ・・・・・ もちろん役者はお出ましにならないようでした・・・残念 ? 。  明日は観光協会の仕事で札幌出張です・・・「 オータムフェスティバル 」今年も鶴居チーズと諸々販売しますので札幌周辺の方は是非来て下さい。  ・・・明日のブログは休ませてもらいます。

秋の味覚・・・。

秋の味覚.jpg

秋の味覚と言えば まずはサンマ・・・ようやくここにきて大型の油の載った近海のサンマが捕れだしています、しかし高い。 後はキノコですね・・・ここにのせたキノコは残念ながら毒キノコです。シメジが少しづつ取れだしたようです。

霧流れる

霧流れる.jpg

放射霧が連日のように出て、幻想的な朝を演出しています。こんな風景を見ているだけでも癒されますね。  鶴居村最高 !!。

今日の放射霧

今日の放射霧.jpg

今日の「湿原体験ガイド」では4名のお客様を釧路湿原の秘境、キラコタン岬の聖地に案内した・・・。その過程でタンチョウと北の大地から涌き上る幻想的な放射霧をしっかり見てもらいガッツリ感動していただいた。私が一番魅せたかった放射霧とタンチョウのコラボレーションは残念ながら無かったのだが朝日に照らされた放射霧だけでも十分感動もんだったと思います。

タンチョウの丘

丹頂の丘.jpg

今年も『タンチョウの丘』に役者が戻って来ました・・・ ! これから晩秋にかけ雪が降るまで楽しませてくれるでしょう。

朝の牧場

朝の牧場.jpg

鶴居村の朝の牧場風景です・・・すがすがしい朝の空気を吸い無農薬で育った牧草を食べ大地から湧き出るミネラルたっぷりの湧水を飲んでこのホルスタイン達は美味しい健康的な『鶴居の牛乳』を出してくれます。この牛乳で造られた『鶴居チーズ』は今や全国で評価されています。10月〜JAL国際線ファーストクラスでこの『鶴居チーズ』の提供が決まりました !。最近製造が間に合わないところが悩みの種です・・・。

車窓

タンチョウのお通り.jpg

毎年のことながら鶴居村ではこのような光景は特に珍しいという訳ではない 。今日は番いのタンチョウ二羽であったが多い時には20羽近くになることも珍しくは無い。 鶴居村の幹線道から外れて田舎道を車で走行する場合は野生動物などに注意しながら走行して下さい。                                                       

秋のキラコタン岬

秋のキラコタン岬.jpg

此のところの冷え込みで湿原も色付きを濃くし徐々に晩秋に向っています。北からの使者、渡りの冬鳥達もチラホラ来ているようです。山からはエゾシカの雄が雌を誘う甲高い鳴き声が時折湿原までも響き渡り、この声を聞くと秋を実感します。

戻って来たタンチョウ

戻って来たタンチョウ.jpg

繁殖地(湿原)から戻って来たタンチョウの番です。 さて、今日の「湿原体験ガイド」での一こま・・・早朝ホテルを出発するときに確認した気温は3.5℃・・・、一時間後キラコタン岬の入り口では笹が真っ白になり気温がなんと氷点下3、5 ℃まで低下しました。明日も冷え込むようです。

霧のどさんこ牧場

道産子馬.jpg

湿原に秋特有の放射霧が漂い鶴居村の素晴らしい風景を魅せてくれました。 どさんこ牧場周辺では空全体を覆う濃霧が広がっていた。明日は一番の冷え込みのようです。

雨上がり

雨上がり.jpg

午後3時過ぎ頃から急に曇りだし強い風が吹きはじめたかと思うと雷とともに一気にバケツをひっくり返した様なすさましい雨が降り出しました・・・・・これが俗に言う「ゲリラ豪雨」ちゅうやつでしょうね。1時間もしないうちに雨も止み、久しぶりに西の空には綺麗な夕日が見られました。特に雌阿寒岳山麓周辺は靄が立込め素晴らしいランドスケープを魅せてくれました。

一人歩く・・・ 。

一人歩く......-。.jpg

片割れを亡くしたのか・・・?、 成鳥が一羽霧で煙る草原を寂しそうに歩いていました。 遠くでは十数羽のタンチョウのグループがなにやら楽しげに草原にいる昆虫などを探して採餌をしていました。 ちなみに今朝の釧路湿原の気温は 6℃と少し冷え込みました、もうじき紅葉の季節がやって来ますね。

特別保護区

特別保護区.jpg

釧路湿原国立公園「特別保護区」、このポイントは冷たい綺麗な伏流水がこんこんと湧き出ている釧路湿原でも特に重要な場所で、秋にはシャケが海から遡上し産卵する所でもあります。最近このポイントに多人数を連れて行き足場が悪いためか湿原内の北葦を踏み倒し、広範囲に踏み後が残ってしまっています。この踏み後が現状に戻るには数年〜数十年かかります・・・後の世代にこのすばらしい釧路湿原を引き継がなければならない責任が自分たちにはあるのです !。

濃霧の朝

濃霧の朝.jpg

湿原体験ガイドで出逢うタンチョウの数が日増しに多くなって来たように思われます。明日も湿原体験ガイドです多分早朝出発時の気温は一桁と、けっこう寒くなる予報です。そろそろフリースので番でしょうね。


越冬に来ました

越冬に来ました.jpg

今年生まれた子供もようやく飛べるようになり親に連れられて繁殖地(湿原)から早々とやって来た家族連れ。鳴き声と体の色以外はもう親といっしょです。

タンチョウ双鳴

タンチョウ双鳴.jpg

丘に降り立った夫婦鶴は甲高い声で夫婦交互に「鳴き交わし」を・・・。雄が一声「 コー 」、雌が二声「 カッカ 」(鶴の一声とは雄なんです......【実は雌の方がひと言多いんです・・・!。】)この鳴き交わしの声は2キロ先まで届きます、気管が管楽器のトランペットと同じ構造を持っているからです。

初秋の丘

初秋の丘 1.jpg

ここ二三日天候が今ひとつ良くありません・・・こんな風に思うのは人間であってタンチョウや野生動物にとってはこのぐらいの天候不順は全く関係ないようです。十勝から根室半島の湿原で繁殖のために行っていたタンチョウは早いものはそろそろ鶴居村に移動して来る頃でまたにぎやかになります。

放牧地に移動

放牧地に移動.jpg

早朝5:00出発のHOTEL TAITOオリジナルネイチャーツアーガイド『湿原体験ガイド』での一コマです。鶴居村にはこの様な昔ながらの放牧型酪農を行っている農家がまだまだあります、この様な風景を子供の頃から当たり前に見て育った自分にはなんとなく  ホッ・・・ とします。 昔、放牧地を歩いていていつの間にか牛に囲まれ身動きが取れなくなったことを懐かしく思い出されます。

雌阿寒とタンチョウ

雌阿寒岳とタンチョウ.jpg

今年繁殖に失敗したカップルのタンチョウはもう、早々と鶴居村に越冬のために集りかけています。鶴居村全体で今現在100羽以上が見られます。これから紅葉を背景に素晴らしい作品が見られるようになって来ます。楽しみですね〜。

つぶらな瞳

つぶらな瞳.jpg

昨日UPした続編・・・・・きっと六月頃生まれたまだ若いあどけないつぶらな瞳のエゾシカの子供です。TAITOの芝生を食べながら北側の「鶴居神社」まで道路を渡り移動して行き、その後は一丁隣の「鶴居小学校」の校庭脇の草原での〜んびり.........カメラとの距離2メートル・・・ん、ここは知床?

エゾシカ表敬訪問

エゾシカ表敬訪問.jpg

HOTEL TAITOの前庭に親子のエゾシカが表敬訪問に来てくれました・・・? 一昨年はタンチョウの夫婦がいきなり駐車場に舞い降りたこともありました。何かを訴えに来たのでしょうか・・・? それとも エゾシカの恩返し・・そんなことある訳がない・・・いや、あるかも !

テリトリー

テリトリー.jpg

某湿原のとあるポイントのタンチョウの番いが久しぶりに姿を見せてくれました。5月中旬頃には一羽の雛を連れて一生懸命世話をしていたが、今日確認したところではご覧のとうり親二羽のみでした・・・きっとキツネや猛禽類に襲われたのでしょう。

エゾ鹿 草原に暮らす

エゾ鹿.jpg

牧草地に出て来ては大きな顔をして我が物顔で牧草を食べている蝦夷鹿。ここ鶴居村を含めて釧路、根室地方は酪農が盛んな地域なのです、エゾシカにとっても「牧草」は栄養価の高い草なのです。もうじき冬毛の暗い色合いに生え変わります。

湿原秋色

湿原秋色.jpg


グリーン一色だった湿原も日一日と秋色に変わって来てます、気の早い渡り鳥達がそろそろ北から到着する頃でしょうか? 。朝の冷え込みがもう少し強まると秋特有の「放射霧」が出て、素晴らしい光景を魅せてくれるでしょう。
私を呼んだのはだれ......?.jpg

見返り美人ならぬ「見返りタンチョウ」タンチョウの色々なポーズの中でも好きなポーズです。周辺の牧草地では二番牧草の刈り取りも終盤に近づき、そろそろトウモロコシ(デントコーン)の刈り取りが始まります。タンチョウの動きも活発になりますよ〜。

霧の中で・・・

霧の中で・・・.jpg

今朝は30メートル先が見えないほど濃い霧に包まれたとても静かな朝でした。タンチョウ達はもう秋を感じているのか、某エリアには70羽を越える数のタンチョウが牧草の刈り取った畑に集って来ていって越冬の準備でしょうか ? 少し早すぎるでないだろうか。ゴールデンウイークに孵った雛は親に付いて危なげながら飛んでいます。それにしても今日は暑かったでした。

ウェブページ

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2014年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年8月です。

次のアーカイブは2014年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。