2014年6月アーカイブ

お詫び

いつもブログを見ていただいて誠にありがとうございます。 私事ですが療養中だった母が今朝死去しました、誠に申し訳ありませんが本日よりブログの更新をしばらくの間休ませていただきます。

素晴らしい季節

DPP07DE0611132C37.jpg

森に若葉が生え揃い、湿原にも緑が広がり素晴らしい季節になりました。早朝の気温は13℃日中の最高気温でも22℃自分にとってはこのくらいが一番です。UP画像の釧路湿原国立公園の秘境「キラコタン岬」今が最高です! 湿原体験してみませんか?

トウモロコシ畑を歩く

DPP07DE0611132803.jpg

某農家の芽吹いたばかりトウモロコシ(デントコーン)畑を二羽の雛を連れ回りを警戒しながら歩く親子です。この様な開けたところを歩く時はカラスや猛禽類、キツネなどが一番の天敵なのです・・・親の警戒する姿を見ると野生の厳しさを感じます。

湿原に暮らす一羽

DPP07DE0611132238.jpg

高層湿原で一生懸命採餌する一羽のタンチョウ(成鳥)、連れ添いは遠くで雛の面倒を見ています。ワタスゲが風になびき新緑のいい季節です。

バンビ

DPP07DE0611131F14.jpg

撮影ガイドで某所でエゾシカの子供を見つけました、生後一週間もたっていないでしょう・・・親に促され何があってもひたすらジィ〜ッとしています。可愛いのですがそのひた向きさがかわいそうで、この場所を数分で後にしました。


僕だれの子・・・?

DPP07DE060D141416.jpg

湿原のとある河川を上流に向って流れに押し戻されないようにしっかりとした足取りで歩いています。親2羽は雛を見失いように河川沿いを必死に付いて歩きます。このくらの雛の時期が外敵にいちばん狙われやすいです。無事に育ってくれ。

湿原集会所・・・?

DPP07DE060C122242.jpg

釧路湿原の某地区に若者(亜成鳥)たちが集る場所が・・・今日も7羽がこの場所に集まり湿原談義 (井戸端談義・・・? ) 交わしていました。『 ちがごろ霧の日が多いんでないかい......?。明日は大雨らしいぞ!』 てなこと言っているかどうか。それにしても悪い天気が続きます。

森林ウオーク・・・?

DPP07DE060C120106.jpg

雨のしょぼ降る中、成鳥一羽で新緑の澄んだ空気を腹一杯吸いながら「 森林セラピー ・・・ 」を決め込んでいました 。ここのタンチョウの番いは毎年しっかり雛を孵化させしっかり育てる上げる優秀な夫婦鶴です。

お花畑

DPP07DE060A0D3129.jpg

連日連夜よく霧がかかりますねぇ〜・・・。新緑のこの時期の霧は前景に何を置いても絵になるメルヘン的な雰囲気が漂って来ます。 明日の朝も期待です!

湿原新緑

DPP07DE0609133B14.jpg

先シーズンの降雪量がそれほど多くなかった為か昨年の立ち枯れしたキタヨシはあまり倒れることもなく乱立しています。枯れヨシを背景に白樺の新緑が目にまぶしいです。

必死なんです !

DPP07DE0608121140.jpg

獲物のカモの子を口にくわえ・・・『 呪ってやる ......! 」と、言いたげな目つきで ジ・・・っと見つめている先にはカラスの集団が。 捕まえた獲物を巣で待っている子ギツネの為に必死に守り抜いた母キツネの必要な執念がその体からみなぎっています。 『・・・てやんでぃ・・ざまみろ・・・ !。』
DPP07DE0607141523.jpg

新緑の森の中、父さん鹿と去年生まれの若い鹿がグルーミング・・・? 何見てんだよ ......と言いたげな表情に 思わず「これまた失礼いたしました。」 背景の新緑に映える夏毛の鹿の子模様になるのももう少しです。

さわやかな朝

DPP07DE0606172159.jpg

いい具合の朝の霧風景でした、気温も11℃と少し肌寒い朝の気候でした・・・明日からも来週にかけ太陽は顔をださないぐずついた天候になるようです。UP画像のエゾシカですが少しずつ綺麗な夏毛に変わって来ました。

朝霧深く

DPP07DE0606170D12.jpg

水に牛乳を流し込んだかの様な乳白色の霧が一面を覆い尽くしました。普段なんの変哲ない一本の小さな樹木や草花などもこの様なシチュエーション見ると違った作品として見返すことがままあります。

シンボルツリー

DPP07DE06040F3848.jpg

鶴居村のタンチョウ給磁場で有名な「 鶴見台 」近くの某酪農家の畑に存在感を放ってどっしり根を張っているミズナラの大樹。地主は開拓の時からここに根を張り家族や地域の歴史をつぶさに見て来たうちの大事な『 盆栽 』だと。

白樺樹林

DPP07DE0603131830.jpg

撮影のテンションが上がる条件の一つ「 朝霧 」・・・、今朝もなんとも良い具合に霧が架かり意気揚々とポイントに行くがほとんど役者不在、居たと思えば大根役者 !。今朝は風景撮影に専念し普段カメラを向けないところまでしっかり小まめにシャッターを切りました・・・。昔のエージェントカメラマン時代を思い出します。
DPP07DE06030E3923.jpg

端を渡らず『 橋を渡っています』堂々とど真ん中を・・・を。この鳥にちなんだ素晴らしい名前のこの橋 「    ・    ・    橋    」 タンチョウカメラマンの間では最近徐々に知られて来ました。

釧路湿原の聖地

DPP07DE0602171318.jpg

釧路湿原でいちばん伏流水が豊富に涌き出しているところです。私がまだ幼少の頃(昭和30年代後半)農家の親父さんとこの沼に遡上して来たシャケを捕まえてここで火を熾し焼いて食べた思い出があります・・・いや〜うまかったなぁ〜・・・もう時効ですが・・・(笑)

ウェブページ

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2014年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年5月です。

次のアーカイブは2014年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。