2014年3月アーカイブ

ヒシクイ集結

DPP07DE0401130D56.jpg

鶴居村の某エリアには北帰行を目前にヒシクイ達が南からどんどん集結しております・・・ざ〜と数えて1,000羽までも行かない数百羽かな ?。昨日降った雪も今日一日でほとんど融けてしまった感じです。 明日からいよいよ4月 新年度、そして消費税8%・・・すべてに対して不安要素が・・・この先どうなるのか?。

冬へ逆戻り・・・

DPP07DE031E121228.jpg

今、この時間に帯広周辺では盛んに雪が降っているようです、鶴居村、釧路湿原も今夜から明日にかけてまとまった雪が降る予報です・・・まあ〜降ったところで数日で溶けてしまうんでしょうが、ただ心配なのはすでに湿原で抱卵に入ったタンチョウ達です・・・雪解けによる増水の影響が心配されますね・・・。

もうすぐ北帰行

DPP07DE031E0D3842.jpg

オオハクチョウが釧路湿原に集りだしました。 秋,シベリアから渡って来て釧路湿原を経由し新潟瓢湖辺りまで南下したオオハクチョウは、また釧路湿原を経由ししっかり体力を付けてシベリアまでの長旅に備えます。北帰行も間もなく始まるでしょう・・・。

釧路川

DPP07DE031C102F01.jpg

雪解けも進み釧路湿原を縫うように流れる「釧路川」では釣り師たちが思い思いのポイントで日の出前から釣りを楽しんでいます。今釣れている魚は「アメマス」(サケ科、70センチほどまで大きくなる)一年を通して釣っても良い魚でバター焼きムニエルで食べるとGOOD!塩焼きは今一つ ? 。以前は自分も釣りキチでしたが撮影の時間帯とかぶるのでしばらく竿は手にしてませんが・・・いつかのんびり釣り復活したいと思っていますが・・・。

早春ポエム

DPP07DE031C0C0D36.jpg

季節は確実に春に向い、朝夕の空気も暖かく感じられるようになって来ました。輪郭のはっきりした太陽が朝日夕日に顔を出すようになるといよいよ湿原の雪解けが本格的になってきたことを感じます。氷河期の生き残りのキタサンショウウオも春を感じ繁殖の準備をするころでしょう。

まどろむ

DPP07DE031A142915.jpg

暖かい早春(当然氷点下の気温ですが・・・)の風を受けてまどろむ夫婦鶴 。子別れをすませた番いは繁殖前(抱卵)の今が一番穏やかな一日を過ごせるのかもしれない。 某所では「氷...とタンチョウ」のコラボが・・・カメラマンの面々が詰めている模様・・・うっっっ.........ん 。

春霞

DPP07DE0319121449.jpg

今日は全国的に暖かい気温で釧路湿原もホワ〜ンとした暖かい春を感じさせる気候で雪解けも今日一日でずいぶん進んだようです。夕日のころは空全体が薄い霧に覆われ俗に言う「 春霞 」毎年この季節になるとUP画像の様な太陽が観られます。中国大陸から流れ込んだ物・・・・・が影響している訳ではありませんので安心下さい。

ねぐら

DPP07DE0318132328.jpg

湿原の片隅に人知れずひっそり暮らしている番いのタンチョウ・・・ヤチハンの木が生い茂り小さな流れが彼等の安住の場所 だ。時折こちらを見るがほとんど気にする様子は全く無く二羽そろって羽づくろいに夢中。給餌にほとんど頼らず自活している・・・これが本来の姿なのだ ガ ン バ レ !。

光と影

DPP07DE0317102E14.jpg

昨日遅くに降ったボタ雪・・・まだ東の空が明けやらぬ暗いうちからフイルドに出陣しましたが、期待を込め気合いを入れた割には役者の立ち位置が良くなく日の出も今ひとつ絵にならずに今日の撮影は役者抜きの風景撮影。昨日の降った雪がとても軟らかい質感を出してくれました。
DPP07DE0316153842.jpg

夕方になってまた大粒の雪が モソ,モソと降り出した・・・予報では明日は風は残るものの晴れマークになっている。これからが写欲が沸きガッツリ気合いの入る時期なの......ダ !。冬にしかタンチョウの撮影に来たことがない諸氏の皆様是非この季節に来てみては・・・とにかくカメラマンが少なくて最高 !。

爆弾低気圧・・・

DPP07DE0315113860.jpg

いや〜いや〜来ました来ました・・・道東の主要道路はほとんど通行止めになるほどの暴風雪です、この嵐が明日の朝までつづくようです。市街地から一歩離れると全く前が見えず道路の位置すら確認できないホワイトアウトです・・・ゆっくり走ると追突される危険もあるし・・・・・命の危険を感じましたね。 

もう春です !

DPP07DE0314131534.jpg

早朝、湿原のあちらこちらから コ〜 コッコッコ・・・コ〜 コッコッコ・・・と、タンチョウの交尾行動の時の声がこの時期になると必ず聞こえて来ます、ゆっくりですが確実に春が来ています。しかし今夜からまた台風並みに発達した低気圧が釧路沖を明日にかけて通過するようです、降雪も多い所で40センチを越えるようです・・・また除雪ですか、勘弁してほしいです! UP画像は交尾直前の  ♀  です。

嵐の去った湿原

DPP07DE0313113609.jpg

昨夜からの暴風雪が去り強風だけが午前中まで残りましたが、昨日まで残雪でまだら模様だった湿原はご覧のとおり綺麗な真冬の情景に変り、気温は春を思わせる比較的暖かいプラスでした。越冬しているエゾアカガエルもそろそろ起きだす時期ももうすぐそこまで来ています。今日はこれから村内で通夜があるので早めのUPです。

サルルンカムイ

DPP07DE03110D1020.jpg

「湿原の神」と言うにふさわしい姿です、アップで撮っても遠く点景で表現しても鳥とは思われない圧倒的な存在感です。  『 神よ よくぞ創られた ・・・!』  それに尽きる 。   

天敵だけど・・・

DPP07DE0311132859.jpg

タンチョウの最大の天敵は ?と、問われると・・・う〜ん ...... たぶん北キツネと答えるだろうな、しかし抱卵期から孵化後2ヶ月までは必ずしも北キツネと断言するには疑問が残る。卵を狙うのは圧倒的にカラスだ、オジロワシやトビも狙う、外来種のミンクも例外ではない。卵がふ化し雛になって湿原から離れるとはじめて北キツネが天敵として登場する・・・しかし、最近湿原ではなく牧草地などの乾いた草原で営巣する輩も出て来た・・・ 彼等の本来の生態系っていったいどうなっちまったのか最近なんだか訳が分からない ??? 。

オオハクチョウ

DPP07DE03110E1321.jpg

先日の猛吹雪が去ったころから釧路湿原の湖沼にはオオハクチョウが集って来ました。もうそろそろ北に向けて北帰行が始まるのでしょう・・・しっかり餌を食べて体力を付けて無事目的地まで渡ってほしいです。明日はきっとすばらしい朝の情景に出逢える様な予感が・・・。

今日の日の出

DPP07DE030F121823.jpg

湿原の一角にいつも居るはずのタンチョウ夫婦が居ない昨日の大荒れで移動てしまったのか ? 。今日の朝の撮影はほとんど収穫は無し・・取りあえず今日のブログ用に日の出を一発 UP 。話は変って今日昼過ぎ釧路市内の道立芸術館での出来事・・・私の5m先で作品を観ていた70歳代の男性 さわやかなBGMが流れる会場で いきなり『 ブ ブ ブ 〜ッ ! わぁ〜うぉ... 』男性は辺りを見回し・・私は聞こえなかったふり・・・ 作品よりも今日の『あの音』がしっかり印象に残った............ ? ? ? 。


吹雪

DPP07DE030F0E3619.jpg

昨日からの雪・・・いや〜よく降りましたわ !。まあ〜降ったというより吹き荒れたと言った方が正しいでないかい・・・。今朝の撮影後 HOTEL TAITO の除雪作業でぐったり・・・?。

大荒れ予報

DPP07DE030D0E3350.jpg

朝からパラパラ降っているかる〜い雪・・・未だにず〜っと降り続いています。予報では今夜未明から明日午後まで30メートルの暴風と20〜30センチの大雪だそうです、今年最後の除雪となってほしいですが果たして・・・。よっしゃ気合いで呑むぞ いやいや・・・撮るぞ !!。

安全地帯

DPP07DE030C111619.jpg

駆除対象になっている「エゾシカ」・・・・・雪解けに会わせているのか湿原を群れで移動しているのが最近よく目にします。湿原内は保護区で狩猟が出来ない所だということを知っているのでしょうか・・・?しかし日の出前にライフルの銃声がたまたま聞こえます・・・完全に違法発砲です !これだけ増えたエゾシカです農業被害、山林被害等々を考えると絶対に駆除してはダメとは言いませんが最低限のルールを守ってほしいです。この様な事態になったのもすべて人間だということを忘れないでほしい。

春の嵐

DPP07DE030A132749.jpg

昨夜未明から降った雪は今朝明け方まで約10?ほど積もり除雪車が出動していました・・・。昼過ぎには視界が利かないほどの降雪で待ちに待っていた嵐の中のタンチョウ・・・ん ? やはり名古屋の晴れ男O氏が根室に遠征したお陰・・・。鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリも冬に逆戻りしました、また少し楽しめますね。

子別れ

DPP07DE03090B1113.jpg

父ちゃん、母ちゃんがけたたましい声を張り上げ我が子に向って「出て行け! お前はもう勘当だ!」たぶんこんなことを言っているのでしょう。 当の子供はあっけにとられて「いったいおいら何をしたというんだ・・・何も悪いことしてないのに」 野生動物の子別れはいきなりやって来ます・・・厳しい試練の季節です ガンバレ!。

雪解け進む

DPP07DE0308113523.jpg

釧路湿原では低気圧(春の嵐)が来るたびに雪解けが進み、それに合わすようにタンチョウの番たちは湿原に戻り早々と縄張(繁殖のための巣作りや子育ての場所)りを確保します。すでに子別れをすませた番いもあり、今月末までにはほとんどのタンチョウは子別れをすますでしょう。しかし人間界と同じく親離れで出来ない子供もいて難儀している場面を見ることもあります。

何となく・・・?

DPP07DE0307113132.jpg

何をどう撮るという目的も無くただブラブラと撮影に出かけました・・・・・結果は・・・撮っただけの写真、作品と言うにはほど遠い。 撮った写真と撮らされた写真そこが作品になりうるかの分かれ道なのでしょう。 気合いを入れ「作品」を撮らねば !。

春です・・・!

DPP07DE0307090B59.jpg

網走、別海、根室方面は結構な暴風雪だったようです。鶴居村の隣町の標茶町ではホワイトアウトによる車同士の衝突事故が発生しけが人も出たようです。さてさて、すっかり更新が遅れてしまいました決して名古屋のO氏と米汁ミーティングをしていた訳ではありません(笑)実は観光協会の会合があり会議しておりましたあしからず。

霧氷朝日に染まる

DPP07DE0305120124.jpg

今日から明日にかけてそこそこの暴風雪になるとの予報でしたが、少しづつ予報が変って来ているようで思ったほどの暴風雪にならないようです。チョット期待していたのですがね〜ぇぇぇ ・ ・ ・まぁ〜除雪しなくてすむけどね。 UP画像は数日前のストックから・・・ 。

羽づくろい

DPP07DE0304132F01.jpg

明日から天候が荒れ特に明後日の6日は吹雪のようです・・・この時期よく言う「春の嵐」でしょうか?。この時期の雪はドカ雪のことが多いのですがはたしてどうなることか。UP画像は繁殖地に戻った番いのタンチョウ・・・二羽で仲良く寄り添って羽づくろいをする姿を見ている、とこちらも気持ちが落ち着き何となく穏やかな気持ちにさせられます。

樹影

DPP07DE03030D1609.jpg

雪解けが進み降雪に覆われていた小川のせせらぎが姿を現し一気に春めいて来ました・・・。しかし明後日から低気圧がやってくるようで「春のドカ雪」になるのではないかと心配半分、期待半分・・・、 たぶん期待大 !。

氷の華

DPP07DE0302120636.jpg

氷点下12℃と今朝はさほど冷え込まなかったのですが湿原のエリアの一部分だけはしっかりと霧氷がついていました。天候もこのところ少し安定していたのですが 2, 3日後にはまた大きな低気圧がやって来て荒れるようですね。 今日も羽田からのJAL最終便で外国人の撮影ツアーの皆さんがいらっしゃいま〜す、是非素晴らしい写真を撮って帰って下さい。

北葦夕日に映える

DPP07DE03020B1503.jpg

早いもので今日から3月ですタンチョウ越冬シーズンも残すところ二週間てところでしょうか・・・? これから交尾やら湿原の縄張り争いが面白くなりますよ〜、雪解けが進むと湿原の水辺があちらこちらに出来て一年で一番タンチョウにとって忙しい季節になります。写真も冬場と違った作品が撮れますよ 〜 。

ウェブページ

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2014年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年2月です。

次のアーカイブは2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。