2014年1月アーカイブ

待っていました !

DPP07DE02010C1B11.jpg

今朝は曇り・・・しかし私の待っていた条件になりそうな気候具合です、あるポイントに行くとイメージしていた光景が目の前に広がっていました・・・それからというもの・・・・・その時のワンショットからのUPです。

夕日に集う

DPP07DE02010C1E36.jpg

鶴居村のタンチョウと夕日のポイントには日本人を含め海外から大勢の外国人が夕日に飛ぶタンチョウを今か今かと待っています。使用機材はC社とN社の日本製がほとんどです。

僕の行く道・・・

DPP07DE011D140E49.jpg

こにところ冷え込みがゆるみタンチョウのねぐらで有名な音羽橋の霧氷も少しおあずけといったところです。明日の予報も午前中はくもりで午後から少し良くなり太陽も顔を出してくれるようです。UP画像は田舎道を一人歩く一羽のタンチョウ。

細 雪

DPP07DE011D093131.jpg

日中雪が降りそうで降らない状況でしたが、夕方西の空に太陽が沈みかけた頃に降り出しそれに合わせたかの様に子供のタンチョウが遊びだしました・・・きっと嬉しかったのでしょうね。 今、鶴居村に来られているタンチョウ目当ての方々(カメラマン・バードウオッチャー)は外国から来られた方が多いです。タンチョウのポイントでは日本語より外国語が多く聞かれます。

ビックリこいた!

DPP07DE011B152B53.jpg

夕日にねぐらに帰るタンチョウ・・・・・? このシルエットを見ると優雅なタンチョウの姿とは思えない形です。きれいにV字編隊を組んで優雅にねぐらに向っていたところ工事現場の重機がいきなり動き出したものだからビックらこいてこんな形になった訳ですハイ。  これはこれでいいか・・・?。明日午前中雪の予報です。

S L 重連・・・・・。

DPP07DE011A120F04.jpg

 今日のUP画像は昨日撮影したSL重連運転です・・・・・!?。撮影ガイド(タンチョウ、風景)の中休みの意味を込めて息抜きにSLを撮ってみました・・・まず、撮影ポイント?線路沿いの至るポイントにはレンタカーやタクシー等の車車の路駐、私たちの撮影したポイントは釧路湿原で二番目に大きな湖シラルトロ湖の東の冷泉橋のたもとにある駐車場。驚いたのはSLに並走する様な形で国道をすざましい数の俗に言う「撮り鉄」たちの車、車、車 SLが通過すると彼等達も風のごとく・・・散って行く。 まるで台風が一気に通り過ぎたかのようでした いや〜ビックリこいたわ・・・。

今日の落陽

DPP07DE0119121834.jpg

冷え込みの少ない今朝の気温でした・・・おかげで遠景が春霞の様に ボワ〜としてヌケの悪いレンズでのぞいている様な感じでした。自分としたら、やわらか〜ぃ雰囲気の好きな条件ですけどもね・・・・・。UP画像は今日最後の太陽です真っ赤なまん丸い「日の丸」のような落日でそこに待っていたかの様にしんしんと雪が降り童話の世界を垣間見ているようでした。この雪が明日の朝まで降り続いてほしいです・・・30センチほどで良いですから、それ以上は入りません。除雪大変ですので・・・!。

光の川

DPP07DE0117132C27.jpg

海岸線を約390km撮影ガイド・・・いやいや疲れましたがそれ以上に発見も多かったです。鷲の数も前回来た時より少なくなっていました、流氷が南下して来ている様なので知床の羅臼方面に移動したのかも・・・?海岸線全般的に風景イマイチでした新しい雪が降ってくれないとだめですね・・・しかし、途中内陸を走行している時にものすごい猛吹雪に遭遇しましたがそのエリアだけだったようで後は素晴らしい天気で今日のガイドを締めくくりました。

青空飛翔

DPP07DE0116131F58.jpg

相変わらずの素晴らしい天気です・・・と、ここ最近同じことばかり言っていますがもういい加減に雪が欲しいです・・・と、写真家の弁 ー 今年は雪が少なく除雪もしなくて楽チンらくちん・・・と、地元住民の弁です。 さあ〜明日は海岸線まで往復300キロ事故の無いように気合いを入れて行って来ます。

写真撮影ガイド

DPP07DE0115123343.jpg

撮影ガイドで阿寒国立公園の屈斜路湖方面に行って来ました。屈斜路湖はまだ一部分凍っておますが全面凍結にはまだ数日かかるようです。この時期としてはとても珍しく霧に覆われ何とも言えない素晴らしい情景を見せてくれ盛んにシャッターを切っていました。きっと素晴らしい作品が撮れたと思います。

カメラマンと音羽橋

DPP07DE0114131316.jpg

音羽橋の川沿いには連日霧氷の華が咲いています。タンチョウも幾分橋から遠いものの情景的には良い作品が撮れると思います。ご覧のようにカメラマンの数は例年よりも少ないようですがこれから2月にかけて世界中から大勢の写真家や患者さん?・・が リハビリにやって来ます・・・ん...?(笑)

尾白鷲

DPP07DE0113123124.jpg

朝から曇りだし雪もちらついたのだが結局路面すら白くならず、チョット期待した雪雲はすっ飛んでしまい雲一つ無い空になっちまいました。ここ数日雪の降る予報は無い・・・!一方ホテルの仕事として除雪をしなくていい、この時期としてこんなに雪が少ない年は記憶に無いです。

夕景に飛ぶ

DPP07DE0112131A49.jpg

ここ最近気温がマイナスの冬日が連日続いています・・・・・今朝の日の出直後の気温が氷点下22℃小さい川はほとんど凍り付いてしまいタンチョウ達もねぐらに使用できなくなり大きな凍らない川に移動したようです。音羽橋の雪裡川はもうすでに300羽〜400羽のタンチョウが越冬しているようです。明日もしなまらばれるぞ・・・・・。

青 空

DPP07DE0112130500.jpg

丘風景の某撮影ポイントです・・・ご覧のように地表は草が見えだし11月末の風景です。そろそろ雪が降ってくれなければ草の根が凍結によって弱ってしまうのでこの時期としては、しっかり降り積もってもらわないと(積雪は畑の凍結をある程度押さえるのに重要なのです。)農家の人たちにとって来春の農作業におおきな影響があるようです。

ツアー最終日

DPP07DE0110140050.jpg

早いもので撮影ツアー最終日です・・・朝の条件も午後からの某所(UP画像)の条件も中々良くて途中雪が降り出したりタンチョウも思った所を歩いてくれたり、決して派手ではないですが自分好みの「ほんわか」としたタッチの優しい雰囲気のとてもいい作品が撮れたと思います。今回参加された東京からの皆さん大変お疲れさまでした、またの参加お待ちしております。 今回に続き来月続けて参加される方が居るようですよ、今回同様また楽しくて収穫の多いツアーにします。

夕日に飛ぶタンチョウ

DPP07DE010F140307.jpg

今日の撮影ツアーガイドで鶴居伊藤タンチョウサンクチュアリからねぐらのある音羽橋下流に向かって飛ぶタンチョウのグループです。まずまず今日の『夕日に飛ぶタンチョウ』を狙うという意味では成功だった感がしました。あさ〜早いもので明日がツアー最終日です天気もいいですし条件揃いの今回のツアーですので気合いを入れて素晴らしい納得できるカットを撮って行きましょう。

撮影ツアー初日

DPP07DE010E121424.jpg

クラブツーリズム写真大好き撮影ツアー釧路空港9:40着から今年弟一発目のツアーがスタートしました。まずは爆撃機二機編隊の撮影・・・? 上空は風がけっこう強く吹いているようでご覧の様ななんとも不格好な「飛翔」などと言えない様な姿勢で上空から滑空で地上に滑り降りて来ました。真下から見ると何ともコメントしがたい格好です・・・。三日間楽しい撮影ツアーになるようそして素晴らしい作品が撮れるよう気合いを入れる意味で今夜は麦汁で・・・一献 !。

飛び立ち

DPP07DE010D123350.jpg

早朝ねぐらで目覚め、気温が上がると三々五々餌場の鶴居伊藤タンチョウサンクチュアリに直行で移動すると思っていたが・・・実は「寄り道」(小川や湧水の涌き出している所)をして、自然界の餌(小魚、越冬中のカエルやザリガニ、水生昆虫、水草)をある程度捕食してから給餌場へと飛んで行きました。やはりトウモロコシより自然の餌の方が好きなように見受けました。こんな自然状態の餌場を人工的にいろんなポイントに創ってやることも今後のタンチョウ保護、保全の一つではないだろうか・・・・・?!。

飛び立ち

DPP07DE010C151809.jpg

今日も一日TV取材です TVクルーに恵まれなんとか今日一日無事に乗り切る・・・。天気予報では「晴れのち曇りのち雪」・・・確かに夕方曇りだし一時雪が降りのちどん曇り・・・・・いやいやもののみごとに当りましたわ。明日もまだまだTV取材がんばるぞー。

タンチョウ幻影

DPP07DE010B173028.jpg

今朝の音羽橋(ねぐら)は気合いが入りました !!。早朝〜の撮影ガイドそしてTV取材・・・長〜い一日でしたとても疲れました。明日の朝も日の出前から取材の続きです、もちろん気合を入れていきますよ。

キタヨシ朝日に映える

DPP07DE010A102A08.jpg

寒波が来ているせいで湿原も結構消え込みましたが期待していたほどの霧氷は付かなかったです・・・残念 ? 。明日は今日以上冷え込む予報なので期待したいところです。

飛 翔

DPP07DE010A0B3A43.jpg

さあ〜 これから自分の作品撮りが出来る・・・と、思っていたが明日からTV取材が立て続けに入っているので中々自分の時間がつくれない・・・ううっっっ辛いところです? 。とにかく気合い入れていきますわ !。

オオワシ集結

DPP07DE0108123613.jpg

アメリカからのお客様、撮影ガイド2日目・・・早朝は絶対かかせないタンチョウのねぐら(音羽橋等)を撮影した後、四角い太陽で有名な海岸線まで足を伸ばしカムチャッカから渡って来ているオオワシ、オジロワシの集団の撮影をば致しました・・・いやいや居るなんちゅうもんではなく数百羽いや、千羽単位では無かろうかと思うほど居ますネ。ところで今年の流氷はちゃんとやってきてくれるのでしょうね・・・気になりますね〜。

撮影ツアーガイド

DPP07DE0108120951.jpg

アメリカ人をお連れしてタンチョウをメインに北海道らしい、釧路らしい、鶴居村らしいポイントへ早朝日の出前から日没まで休憩無しでびっしりガイドしました。まず一発目に朝の寒さに一人悲鳴を上げ車に避難・・・?(気温は氷点下21℃ )。 その後定番の「白と青の世界」広大な北の大地を撮影し最後に夕日を背景にねぐらに帰るタンチョウの飛翔で締めくくりました・・・とても満足したようでした。 さて明日は・・・・・?!。

星降る湿原

DPP07DE0106121033.jpg

ここ最近の星空はなんと素晴らしいことか・・・スカッ・・とクリアーで人工衛星も肉眼でいくつも確認できるほどです。もちろん流れ星も沢山見られます・・・ひょっとしたらタンチョウに続きこれからの鶴居村観光の売りは  星 空  ・・・・・! HOTEL TAITOの露天岩風呂からの星空もGoodですよ。

音羽橋

DPP07DE01050C2202.jpg

日本国内タンチョウの最大のねぐらが鶴居村下雪裡の雪裡川下流です、その川に架かる「音羽橋」がバードウオッチャーや特にカメラマンの重要な撮影ポイントであります。2月に入ると海外から大勢のカメラマンたちがツアーを組んで幻想的なタンチョウ風景を狙いにやってきます。UP画像は今朝の音羽橋から撮ったものです、ちなみに今朝の気温は氷点下21℃でした。

湖畔の日の出

DPP07DE01040A2250.jpg

年末から撮影に来られている本州組の皆さん方の正月休みも終わり、今日と明日の飛行機で帰って行かれます・・・・・そして来週から現実に戻ります、おら帰りたくね〜・・・ず〜と鶴居村さ居たいょ・・って言いながら後ろ髪を引かれながら帰って行かれました(引かれる髪の無い人もいましたが、' 笑 ' )。取りあえず行ってらっしゃい〜、鶴居村もTAITOも皆さんのお帰りになるのをいつ迄もお待ちしておりますよ !。

霧氷の朝

DPP07DE0103110827.jpg

氷点下19℃と冷え込んだ朝でした。湖や川周辺の水辺の樹々にはきれいな霧氷の華が咲いて風景だけでも十分に納得できる朝の情景でした。

自然林

DPP07DE01030C3038.jpg

今年初の「撮影ガイド」の仕事で某ポイントまで足を伸ばしました・・・今シーズンの釧路湿原周辺の雪の少なさには(これからドッサリ......)驚いていますが、このポイント周辺は少ないなんて言うものではなく全く雪の "ゆ" の字すらありません・・まるで晩秋の装いです。水辺には北の使者オオハクチョウがゆったり浮かんで長旅の疲れを癒しているようでした。 大地が白い雪で覆われないと『新年』という新たな気持ちになかなかならないです。
DPP07DE0101121F55.jpg

皆様、新年あけましておめでとうございます本年もどうぞよろしくお願い致します。昨年中はいろんな方々にお世話になり本当にありがとうございました。 新年早々まだ薄暗い早朝窓の外に目を凝らせば20センチほどの雪が積もっているではあるませんか・・・アチャ〜新年早々除雪かい ? 。正月休みを利用して撮影に来られている方々にとっては恵みの雪になった訳です。UP画像は数日前に撮影したストックからです。

ウェブページ

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2014年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年12月です。

次のアーカイブは2014年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。