2013年12月アーカイブ

霧氷双翔

DPP07DD0C1F122F38.jpg

今年もあと5時間ほどで終わります・・・早いものですね。来年も本年同様HOTEL TAITOのお引き立てをよろしくお願い致します。

霧氷

DPP07DD0C1F000147.jpg

朝からスカッとしたいい天気でした。気温もそれほど下がらず日中はまずまずの暖かい過ごしやすい一日となりました。 いよいよ2013年も残すところ明日一日となってしまいました。 最後に気合いを入れて行きたいと思います。

湿原の映り込み

DPP07DD0C1D131336.jpg

いよいよ年末ムードになってきました、本州からの年越し組カメラマンの方々が続々鶴居村TAITOに集結中です半数以上が常連リピーターです!。本当に有り難いですね・・・ただいま〜帰ってきたよ・・ !、毎年恒例で今年も来てしまったぞ・・・うれしいです。  TAITOは本当にお客さんに恵まれています、この気持ちを裏切らないように来年もしっかり写真を撮ります・・・・・いやいやホテル経営に気合いだ !。

湿原の映り込み

雪晴れの朝

DPP07DD0C1D131E34.jpg

きれいな雪が降りました・・・少しだけ 。 雄阿寒岳を背景に昔の農耕馬(ペルシュロン)が朝の日差しを受けて静かにたたずんでいました・・・別に何することも無く。取りあえず降ってくれた雪に感謝です、出来ればもう少し多く降ってほしかった・・・関東から来ているカメラマンのO氏の弁です。

求愛

DPP07DD0C1C102755.jpg

求愛ダンス・・・べつに二月でなくても求愛ダンスはします、もっと極端に言うと真夏の子育て中だって・・・秋の紅葉の季節でも普通にします。ほとんどの方は1月〜2月の冬のシーズンでないと見れないし撮れないと思っているようです。北の大地が緑になる6〜7月に是非グリーンを背景にダンスをするタンチョウに逢いにきて下さい。

湿原の朝焼け

DPP07DD0C1A103104.jpg

静かで穏やかな釧路湿原の朝でした・・・。クリスマスも終わって今年も残すところ5日です。明日から明後日にかけて低気圧が通過するので釧路地方も大荒れに注意との情報がでています。少し降雪に期待が持てそうですが気温が今ひとつ下がらないようです。

いつもいっしょ・・・。

DPP07DD0C19121726.jpg


  どこに行くのも君といっしょ、ねむるときもご飯を食べる時も。

Crane in a Swamp

DPP07DD0C19113654.jpg



  『 水の大地 = 釧路湿原 』 今日は湿原の神に逢えた・・・。

雄阿寒岳

DPP07DD0C17170C31.jpg

見て下さい・・・・・遠く阿寒国立公園阿寒湖畔の麓にそびえる雄阿寒岳には昨日から今朝にかけて真っ白く雪が積もりすばらしい景観を見せています。それに引き換え手前の枯れ葦は晩秋なのか、初冬なのか全く分けの解らない湿原風景です。このギャップ今後どうなることやら・・・?。

戻った晴れ間

DPP07DD0C16121C59.jpg

ようやく晴れ間が戻って来ました、時折小雪がちらついていましたが今日から数日は晴れの予報です。釧路湿原周辺はほとんど雪の白色が目につかないくらい融けてしまい一見「晩秋」の色合いです。

開拓馬

DPP07DD0C15112808.jpg

北海道の開拓馬、戦時中の軍馬としてとても活躍した馬がこのUP画像の「ペルシュロン(フランス原産)」です。自分が小学校生のころ牧場と林業も経営していて二十数頭い飼っていてとても人なつこくおとなしい性格で何より馬の中では一番の力持ちです。話は変ってようやく明日から天気が回復するようなので素晴らしい出逢いに期待したいです。

湿原氷

DPP07DD0C15101347.jpg

湿原のキタヨシが生えている低層湿原の小さな小沼は浅いところから少しづつ凍りはじめきれいな氷の造形を見せてくれています。この氷の芸術を見られるのは雪が降り積もるまでですよ。撮るなら ? 今でしょ!

ヤチハンノキ

DPP07DD0C15100A29.jpg

この時期の早朝は必ずと言っていいほど湿原の樹々は氷の華(霧氷)が咲きとてもきれいな情景を見せてくれるが、いったい今年はどうなっちまったのか全く冷え込まず暖かい日が続いています。今後に期待したいです。

北狐

DPP07DD0C130C3944.jpg

厳しい大自然の北海道にたくましくもしたたかに生きる「キタキツネ」、人間に依存して少しでも楽に効率よく餌にありつける術を学習している俗に言う「観光キツネ」。はたまたまったく人間界と一線を置き厳しい自然の中、厳冬期の餌の無い季節でも雪の中の野ネズミを必死に探し続ける本当の意味での「野生のキタキツネ」自分は後者に憧れます。UP画像はストック作品から。

白い朝

DPP07DD0C11120542.jpg

風が強く早朝の気温が+5℃12月中も過ぎたのにこの暖かさはどういうことなのだろうか?。台湾からの旅行者4人組がレンタカーで道東を回り昨日鶴居村入りした。今朝早朝 鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリまでの往復約25分、散歩がてら徒歩でタンチョウの見学に行ってきたのだが・・・この時期台湾から来た旅行者は皆寒い、寒いを連発するのだが今年に限ってそのような声を全く聞かない。せっかく積もった昨日の雪も今日の雨でだいぶん消えかけてしまった・・・昨日の雪(UP画像)はいったい何だったのだろうか・・・? 。

根雪

DPP07DD0C100F2209.jpg

昨日から今朝にかけて降り積もった雪が根雪ということになるのでしょうね・・・。 朝の撮影もそこそこに切り上げてホテルに戻り今シーズン初の機械での除雪をしました、積もったのは10センチほどでしたが駐車場の雪を一カ所に集めると結構な山・山・山、それを別の場所に移動です......ふぅぅ 。 移動はほとんど部長がしましたが・・・最近特に体力の限界を感じるようになりました・・? 。UP画像は今朝のタンチョウサンクチュアリです雪が積もると光の廻りがすこぶる良くなります。

幻想の鶴居村

DPP07DD0C0F102431.jpg

今朝の釧路湿原周辺の撮影条件は良いとは言えず・・・そのまま寝ていたいところでしたが、明日からの撮影の為に周辺情報を把握するため、燃料を消費し鶴居村の経済が良くなるため・・・(笑)とにかく出かけました。結果は当然のごとくほとんどシャッターを切ることはありませんでした。明日は雪がちらつくようです。チョット期待できますかね ? UP画像は数日前のストックからです。

今日も懲りずに・・・

DPP07DD0C0E113823.jpg

昨日はこんなの撮っていて落ちました アハハハ・・・。今日も役者を撮る気になれず結局は昨日の続きです、しかし今日は落ちずに無事生還しました ハイ 。

なまら寒い日・・・!

DPP07DD0C0D0B3108.jpg

サァーっと雪が積もりとても綺麗な朝でした・・・、当然撮影に出かけるべさ・・・UP画像の湿原にだべさ。とっても『 氷紋 』がきれいで夢中で撮ったべさ・・・したっけ氷が割れて水没 ? ・・・・・自分がさ、胸まで深かった・・足が着いてよかったさぁ〜 釧路川だったら今頃捜索中だ(笑)。 手に持っていた5DMark?とっさに守るもんなんだな〜これが 。 気合いの入れ方が中途半端だったかもネ。

素晴らしい朝もや

DPP07DD0C0C111B32.jpg

夜半から降っていた雪も未明には降り止み日の出時刻にはちゃんとオレンジ色の太陽が顔をのぞかせました。今日は思いが通じたのか役者達もその頃にはスタンバイ完了と相成りました・・・(笑)。久々に「スイッチ」がONになった今朝でした。明日も頼みますよ〜!。

霞む湿原

DPP07DD0C0B151417.jpg

昨夜は結構な暴風雨で降水量も多かったです・・・増水した川も後少しで定位置に落ち着くと思っていたのがこの雨です・・・・・。50センチはまた増水してしまい落ち着くまで一二週間はかかるでしょうね、一番困っているのは「ねぐら」として使えなくなっているタンチョウです。 今日のUP画像は数日前のストック画像から。

雨降りです・・・

DPP07DD0C0A173108.jpg

朝から雨降りです・・・一時止んだりしましたがまた降り出したりけっこう風が強く吹いたり今日一日まったく太陽の見えない一日でした。明け方だけうっすら霧が一部出ていたりしたのですが、まったく何事も無かったかのように淡々と一日が過ぎた・・・・ってな感じですかな?

北の星空

DPP07DD0C0A093929.jpg

町の夜景を北の夜空に映しだし真っ暗だった空が少しづつ白みはじめる・・・この時間が、この風景が、この空気感が何とも言われない神々しささえ感じます。 さて、少しばかりPRをさせていただきます・・今日12月10日発売の『サライ』新年1月号 (株)小学館に 写真と名画で巡る【日本の色がたり】見開き2ページに私の作品?金色の湿原・タンチョウ?が掲載されていますのでご覧下さい。買っていただければなお嬉しです・・・ハイ。(笑)

湿原の夜明け

DPP07DD0C08110822.jpg

この時期としては比較的暖かい今朝の気温氷点下5℃・・・冷え込みは大したことは無かったが朝焼けがまずまずだったので良しとする ? 。なんて偉そうなことを言っているが今朝は「風景撮影」・・・・・。タンチョウと全く無縁のポイントに足を運んだ為、作品となる写真の撮影は出来なかったが次の構想を練る上ではまずまずの収穫だった・・・乞うご期待と言いたいところだが結果はいかに・・・ ? 。

夕焼けに染まる

DPP07DD0C07122607.jpg

昨夜未明から今朝にかけて3〜4センチの雪が積もり一面白銀の世界となりました、しかし9時を過ぎた頃から融けだし舗装道路は夕方まで乾燥路面になりましたが日陰の道路は雪が残っている状況です。明日の朝はブラックアイスバーンでしょうね午前中の運転は気をつけ無ければ!。気がつけば今年も残すところ三週間です・・・。

独り寂しく

DPP07DD0C070D3505.jpg

夜半からいよいよ雪が降るようだがそれほどの多い積雪量ではないようです。ついに今年も本格的な冬バージョンに突入ってな感じですな〜・・・除雪のことを考えるとウンザリ・・? 。

野生が息衝く大地

DPP07DD0C05120F03.jpg

釧路湿原国立公園の北に位置するコッタロ湿原は野生動物達が生きて行く上ではとても重要なところです、もちろん人間にとってもです。このコッタロ湿原を貫いている道路(鶴居ー塘路)が台風18号の影響で通行止めでしたが昼間だけ普通車、二輪車の通行が可能になりました(夜間全面通行止め、大型車終日通行止め)。冬の時期はタンチョウとSLを撮影するカメラマン達の重要な道路ですので・・・、通行可にはなりましたがまだまだ工事中ですのでこの道路を利用する方は十分に注意して走行して下さい。UP画像は今朝のコッタロ湿原。

タンチョウ暮らす水辺

DPP07DD0C04133530.jpg

湿原にはシベリアからオオハクチョウが渡ってきて長旅の疲れを癒し、冬鳥のカモ類も湿原の葦原の水面によく見かけるようになりました。湿原もすっかり冬の装いになってきたように思います。早朝、渡りガラスの群れが北の方向に群れをなして飛んで行きました。

湿原展望

DPP07DD0C040A2C10.jpg

湿原を見下ろす北側の丘陵地、特別保護区のキラコタン岬に次いで私の大好きな場所です。この丘陵地に立つと心が落ち着き『無我の境地』のなれる私的な『パワースポット』でもあります。

尾岱沼の蝦夷鹿

DPP07DD0C02120B13.jpg

勇敢な雄の蝦夷鹿です4〜5才くらいでしょうか・・・この時期のシカは一年通して肉付きがいいですね、肉質も勿論いいです。気持ちとしては野山を駆け回る野生の生きているシカの方が魅力的です・・・しかし、  蝦夷鹿肉も好きです(笑)。

オレンジ色の光

DPP07DD0C01160D03.jpg

日の出直後の今朝の鶴居伊藤タンチョウサンクチュアリ・・・。役者はそこそこのタイミングで来てくれたのですが、ギャラリーらが期待しているSLのごとく息を高く吐き上げて鳴くのを待つのだが、そううまくいく思いどうりには行かず・・・。 また明日の朝ギャラリーの皆さん待ってますよ〜って ・・(タンチョウより)。

ウェブページ

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2013年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年11月です。

次のアーカイブは2014年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。