2012年12月アーカイブ

北国の青い空・・・

DPP07DC0C1F140F52.jpg

いよいよ今年も秒読みとなりました・・・いろんな意味で公私ともに駆け回った年でした。いろんな方々にお世話になり、また沢山の協力を頂き2012年をなんとか乗り切ることが出来そうです・・ありがとうございました、すべての方々に深くお礼申し上げます。 2013年も今年以上に意義深い年になりそうです このブログをご覧頂いている皆さん2013年ご協力とご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

昼寝・・・・・。

DPP07DC0C1F140205.jpg

一羽のタンチョウがひと目のつかない湿原の片隅で昼寝と言うのか朝寝とでも言うのか静かに眠りについています。年の瀬が迫ってるのに・・・何となく物悲しさを感じます。

輝く雪原

DPP07DC0C1D113625.jpg

今日も雲一つない北国の大地らしい抜けの良い青空です雪の白と空の青そしてどこまでも続く広大な大地・・・・・北海道ですね。 今年も残す所、あと二日です・・・近頃一年が「アッ」と言う間です。

朝焼けに染まる

DPP07DC0C1C141658.jpg

連日同じ様な事を書いています・・・しばれるね〜・・・とにかく一体全体どうなっちまったのかと思うくらい寒いんです。しかし明日午後から少し天候が崩れるて冷え込みも緩むようなのですが・・・また明後日から晴れマークで寒さも戻るのでしょうね。最近役者の居ない画像ばかりですが・・・そのうちに登場していただきましょう。 

連続の寒波

DPP07DC0C1B122A56.jpg

いや〜一体全体どうなっちまってるのか・・・?  冷凍庫の中で暮らしている様なものですね。今朝も氷点下25℃......... ? とにかく寒いの一言です・・ハイ。毎年タンチョウ達がねぐらにしている河川はバリバリに結氷してしまいそこでは寝れない状態になっちまいました。しかし安心して下さいタンチョウ達はちゃんと湧水のある凍らない所に移動していますから。タンチョウは繊細で人間が思っている以上に強靭ですから。

厳冬の朝

DPP07DC0C1B111554.jpg

先週末からどんどん気温が下がり毎朝氷点下20℃を下回っています。いくら羽毛をまとったタンチョウといえども辛いでしょうね・・・温泉入って温まるってな訳には行かないですからね。

今日も超寒いです

DPP07DC0C19152536.jpg

今朝も氷点下20度越え・・・・・しかし毎日毎日こうも寒いと体の機能が落ちてきますよ、・・・で、なくてもすでにジジイの部類に入ってきているのだから。何かに付け溜が徐々に奪われていくようですから。UP画像は今朝の日の出。

今朝も冷えましたょ〜

DPP07DC0C180C1E31.jpg

例年にない冷え込みです・・・積雪量もこの時期としてはとんでもなく多いですね〜。もう既に雪の搬出は3回目です、春までこの先どうなることやら・・・頭が痛いです。

湿原の朝

DPP07DC0C180C2447.jpg

昨日から見ると少し冷え込みの弛んだ朝でした。しかしヤチハンの木にはうっすら霧氷が付き、綺麗な風景を見せてくれました。タンチョウの声が・・・と、思いきやカラスがいろんな鳥や物の声や音を真似しながら飛んで行きました。それにしましてもタンチョウそっくりな鳴きまねでした。

朝焼けの丘

DPP07DC0C16131248.jpg

今朝も定番「 朝のゴールデンコース 」を回ってみたものの此れといってピーンとこなかったので対象を風景に切り替え私の好きな「 丘 」で数カットシャッターを切りました・・・思っていた以上に品良く焼けてくれてまずまず面白かったですね。今日は土曜ですので当然役者は休みです。(笑)

素晴らしい出逢い

DPP07DC0C150C1D44.jpg

日の出前のコッタロ湿原展望台・・・青くしっとり輝く大地そこには確かに『 神 』の存在が・・・!

しばれる湿原

DPP07DC0C140A1416.jpg

今朝の気温・・・氷点下24.5℃ しばれた朝です! 久しぶりに指先の感触が無くなり鼻水が止まらずズルズル状態・・・。湿原を望む丘陵に立ち朝日を待つ・・・やがて東の空が朱色に染まり真っ赤なご来光が湿原全体を染める。このような光景を目の当たりにした時『神々しい』と表現する気持ちがよくわかる。明日ももちろん『神』に逢いに行きます。

朝の光に佇む

DPP07DC0C14102216.jpg

朝の厳しい寒さに耐え一人寂しそうに佇む一羽の成鳥(タンチョウ)・・・。連れはどうしたのか? 事故にでも合ったのか天敵の北キツネに襲われでもしたのか・・・野生の世界は人間が想像する以上に厳しい ! 今、厳しく辛い冬が始まったばかり・・・暖かい春はまだまだ先。

今日も雪降り

DPP07DC0C12132E60.jpg

連日の雪降りです・・・雨のガッツリ含んだ重たい雪、雪、雪タイヤショベルとフォークリフトで除雪するのだけど背中から後頭部にかけてギシギシ痛い。まるで錆び付いて回らなくなったタイヤのリヤカーに荷物を満載して坂道を引っ張っているような状況・・・(←わかるかな〜)5年前は案外楽しかったのだけど・・・年取ったってことか ?。 UP画像は役者の居ない時期外れの霧にかすむ音羽橋を望む!

一夜明けて雪景色

DPP07DC0C11121A59.jpg

今朝は目の覚めるような雪景色、眠気もいっぺんにすっ飛び車のエンジンも温まる間もなく早々の出発。思い描く「繪」を想定しいくつかのポイントをまずは一回り、今日は役者が居なくても十分絵になる情景なので『風景』に切り替え釧路湿原とその周辺を撮影・・・・・その後霧が出てくる演出まであり今日は充実した『撮影日和』でした。

12月の大雪

DPP07DC0C10122706.jpg

クリスマス前にこれほどの雪が降り積もった記憶は・・・ここ数年あまり無いですね、道央では連日雪かきで大変なようです。このところの雪でタンチョウ達も越冬準は備万全でしょう・・・、海岸線に残っていた番や家族はもう鶴居村などの給餌場に移動してきたことでしょう。今シーズンもカメラマン達に素晴らしい感動を是非お願いします・・・てか !。

ぽっかり太陽

DPP07DC0C10121552.jpg

今朝の日の出の太陽は俗に言う「ぽっかり太陽」東の空にうす雲がかかったために太陽と地表との露出がピッタリ合う状況でした。肝心の地表に居るべき役者ですが、この時・・・居たのか、居なかったのか・・・・・想像にお任せ致します。それにしても久しぶりにこれぞ太陽・・・なんか文句あるか !てな感じでした。   

低層湿原

DPP07DC0C0E113710.jpg

釧路湿原国立公園の北側の湖「シラルトロ湖」その周辺に広がる低層湿原、この辺りも昔からよく通っているポイントで釧路湿原の好きな景観の5本の指に入る場所です。四季折々に渡り鳥などの鳥類、湿原の花を始めその周辺でひっそり咲く野花、沢山の昆虫、エゾシカなどの野生動物・・・そして忘れたころに出てくるヒグマ。一言で表すと人と自然が共生する『野生の楽園 !!』  ・・・(人も自然の一部なのです)。

霧氷

DPP07DC0C0D132D18.jpg

今朝の冷え込みは氷点下16℃今シーズン最低です。水の無い草原の木々にも素晴らしい霧氷の華が咲きました。これから益々冷え込んで来ます風邪などひかぬよう気をつけないといかんですね〜。

気合いだ・・・!

DPP07DC0C0D131C26.jpg

鶴居伊藤タンチョウサンクチュアリの朝の風景です。知り合いのタンチョウカメラマンです。左から二人目カメラを構える姿形から「気合いが入ってますね〜」北見在住のY氏です。雪のコンディションは申し分内です後は役者次第です。

朝のサンクチュアリ

DPP07DC0C0B141039.jpg

今朝は明けの明星がきらめきその上には三日月が輝いていました。ちょうど日の出頃、鶴居伊藤タンチョウサンクチュアリでは雪が振り出し素晴らしい光景に出逢うことが出来ました。UP画像は一時的に降った雪が止み朝の強い光に照らされて着地する瞬間です。明日も天気はいいようです。

夕焼け雲

DPP07DC0C0A120B31.jpg

久しぶりの夕焼けです・・・しかし役者が出演せず結局本日の撮影終了と相成りました。 今このブログを打っている間も外では結構な雪が音も無くもそもそと降り出しています・・。一昨日の除雪で体がボロボロ状態です体調が整うまで除雪は勘弁願いたいです。

嵐が去って

DPP07DC0C09103B36.jpg

昨日の暴風雪は凄かったですね〜 何が凄かったかと言うと雪がどこから降ってくるのか・・・地面から左右からもちろん空から、それほど荒れ狂ったものだから一夜明けた今朝は木々に雪が張り付き面白い冬の景色を「演出・・・?」してくれました。それよりも今日のメインイベントは夜の明けやらぬ4時から行った除雪でした ? ・ ・ ・ 、その作業を手伝ってくれた十勝のW氏には感謝感謝です。 

降雪に飛ぶ

DPP07DC0C08123743.jpg

鶴居村でタンチョウが最も多く集まっている某ポイントで暗くなるまで観察していました・・・車のライトを点けなければ運転出来ないほど暗くなってもまだ盛んに餌を食べているタンチョウが数十羽・・・おいら達(タンチョウ)は『鳥目じゃないぞ』・・・と言ったかどうか? それにしても感心してしまう自分もそんな目が欲しい。  話は変るが今日、某給餌場で三脚が盗まれたそうだ・・・前日に撮影場所の確保の為に置いたのだとか・・・盗むやつが一番悪いのは言うまでもないが・・・・・とにかく皆さんは高価な撮影機材を持ってきていますので十分、盗難や車上荒らしに注意して下さい。

オジロワシ

DPP07DC0C08113445.jpg

アメリカ人の撮影ロケガイドで阿寒タンチョウ観察センター(阿寒国際鶴センター)に行ってきました(本撮影は来年1月)。今シーズン初めてですタンチョウ60〜70羽、オジロワシ成長の2羽、オオワシ0羽昨年同様午後二時に「ウグイ(活魚)」を給餌人が撒くと一目散に集まって来たのがトビとカラスそしてオジロワシ・・・見た目の主役は相変わらずカラス、タンチョウは一番大きな体をしていながら「控えめ」・・・・・やまとなでしこ...か?

荒れ模様

DPP07DC0C060D3656.jpg

昨夜は満天の星空で今日の天気をタンチョウカメラマンのみんなは期待していました・・・が、ごらんのように午前9:00頃から荒れ模様・・・横殴りの暴風雪で積雪はそれほどでもなかったです。明日は天候も回復しますが風は比較的強いようです。

帰る日・・・

DPP07DC0C05133017.jpg

撮影ツアー最終日の早朝は「鶴居伊藤タンチョウサンクチュアリ」日の出は無かったものの役者は定刻に来てくれそこそこいい動きをしてくれたのでまずまず良かったでした。ツアーなか日に雨に降られたけれど逆にあるポイントで皆納得いくカットが撮れたのが今回のツアー最大の収穫、次回のツアー企画も今回のような楽しい設定をしますので是非参加下さい。 すでに申し込みしているリピーターの方が数名います・・・!。


雨の屈斜路湖

DPP07DC0C04101B47.jpg

雨の中、阿寒国立公園の屈斜路湖でのオオハクチョウの撮影・・・けっこう大粒の雨がザーっと音を立てて降り風も横なぐり・・オオハクチョウは普段と何ら変わらない行動で撮影ツアーの参加者を楽しませてくれました。ラッキーだったのは背景が霧にかすみ幻想的な演出をしてくれたことです。さぁ〜明日が最終日気合いでいい作品を撮らすぞ・・!。

素晴らしい夕陽

DPP07DC0C03152E39.jpg

今日からクラブツーリズム写真大好き「タンチョウ撮影ツアー」を朝一の飛行機到着からお客さんを受け、釧路湿原国立公園、を通って鶴居村のポイントで『夕陽を背景に飛ぶタンチョウ』を狙いました。200羽ほどのタンチョウが通過してくれそこそこの満足だったのではないでしょうか? 明日も気合いを入れて是非素晴らしい作品を撮ってもらいたいです。

夫婦鶴

DPP07DC0C02120945.jpg

メスの後を文句も言わず低姿勢ですごすごついて歩くオスの鶴・・・・・?!? 。 ん・・・(笑)。

癒し

癒しの時

DPP07DC0C020E0948.jpg

早朝の撮影(ほとんどシャッターを切らずに出戻りだった・・・)から戻りその後、観光協会の仕事で夕方まで監禁・・?いや缶詰め状態でした。すっかり雪も消えてしまい『絵的』には冬というより晩秋状態に逆戻りですね。それがまた良かったりして・・・・・。

ウェブページ

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2012年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2013年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。