2012年8月アーカイブ

暑い一日

DPP07DC081E152347.jpg

早朝朝霧がかかり比較的涼しい朝でしたが正午前から晴れだし日中はギラギラの暑い一日でした。予報では明日も暑い一日になるようですが、来週からは涼しさが戻ってくるようです。

飛び立ち

DPP07DC081D150601.jpg

霧雨の降る草原に佇んでいた夫婦鶴のカップルは二羽だけで広い縄張りから飛び立ちました・・・きっと今年の子育ては失敗してしまったのでしょうね。 薄暗い草原を何とも寂しげに飛んで行きました。

湿原秋色

DPP07DC081C153A43.jpg

釧路湿原国立公園の特別保護区のキラコタン岬から見る湿原はもう既に紅葉になりだしています。この湿原全体を全体を覆っているキタヨシはもう既に2?を越えエゾシカもタンチョウも水辺に出て来てくれなければなかなか確認がむずかしいですね

タンチョウ集団

DPP07DC081C0F3232.jpg

鶴居村の釧路湿原に近い某所では三十羽近いタンチョウの集団・・・?が集まっています。よく観察すると昆虫やカエルやミミズなどを一生懸命探しては採餌しています、このまま秋を迎え雪の降る越冬期までこの状態で行くのでしょうかね・・・・・?。本来の野生のタンチョウの行動から考えると・・・?。

キラコタン岬の番人

DPP07DC081B0C0B45.jpg

キラコタン岬の番人(キタキツネの親分さん・・・笑)にようやく逢えました。いつも林道に足跡を見ますがこうやって岬で実際に逢えたのは初めてです、普通の狐よりも毛並みもよく何となく凛々しく見えたのは気のせいでしょうか。

エゾシカ

DPP07DC0818123041.jpg

なにやらじ〜っとこちらを伺うお母さんエゾシカ・・・。前ぼけの黄色い花は外来種の代表格「セイタカアワダチソウ」です、いま釧路湿原では当たり前に至る所で我が物顔で咲いています。この花を見ると腹立たしく、憎たらしく思ってしまいます・・きっとそんな思いをするのは私だけではないでしょうね。

霧景の流れ

DPP07DC0816150331.jpg

今日も暑い一日でした、阿寒ではなんと35℃もあったとか・・・。ここ最近公私ともに忙しく昨日のブログの更新すらできずでした誠に申訳ありません。この週末にかけても湿原ガイド、ホテルも満員御礼状態です・・・本当に嬉しい悲鳴です。

湿原の流れに佇む

DPP07DC0815160430.jpg

湿原の流れの岸に佇む一羽のタンチョウ・・・湿原の流れをじ〜と見つめています、きっと小魚でもいるのでしょう。今週はいい天気が続く予報ですので撮影にはもってこいの条件でしょうね。

霧の中の二人・・・

DPP07DC0814123132.jpg

今日は早朝から久しぶりに自分の作品撮りに集中することが出来ました。朝の冷たい空気を吸って、鳥の声を聞きながら、時折流れる風の音・・・ゆっくりゆっくり流れる時間がなんとも贅沢なひと時、こういう所で飲む缶コーヒーが高級ホテルのブルーマウンテンよりも美味しく感じるのは・・納得。

『 涼 』

DPP07DC0813132645.jpg

日中の気温30℃を超えないまでも結構暑かったです、しかし夕方に霧が入りだすと一気に気温が下がり肌寒い感じもしないでもなかったですね。さて、今日は早いもので妹が亡くなってから四十九日の法要でした、未だに亡くなった実感すら無くただただ日にちが過ぎて行くばかり・・・・・。暑さの厳しい所の方々に涼しさを送ります。

特別保護区キラコタン岬

DPP07DC0812143B56.jpg

霧に煙る釧路湿原国立公園その中でも特に美しく数千年人の手がいっさい入っていなく、とても厳しく管理されている所がここキラコタン岬です。この風景を見ていると今の形で絶対に後世に残さなければ・・・と、強く思った次第です。

避暑地鶴居村

DPP07DC0811153750.jpg

涼しく快適な北の大地『日本で最も美しい村・鶴居村』、明日の朝の気温は13℃・・・本州の暑いところの方達には大変恐縮ですが・・・。お盆も終わり快適な鶴居村で過ごされたお客さん達はぼちぼち現実へ戻って行かれました。次回のお帰りを待ってますョ。

鶴居村の夏

DPP07DC080F162942.jpg

今朝の湿原体験ガイドでも某エリアではちゃんとタンチョウ達約30羽が採餌したりダンスを披露してくれました。明日は鶴居村の大きなイベント「ふるさと仮装盆踊り花火大会」が午後6:00から行いますので鶴居球技場に集まれ・・・!。

朝の高層湿原

DPP07DC080E163355.jpg

この時期は村のイベントや夏休みやお盆に合わせて鶴居村に来るお客さんがとても多くなるときです。TAITOもおかげさんで連日満室続きでとても嬉しい悲鳴を上げているところです、しばらくはこの状態が続きそうですのでなかなか自分の作品撮りはねぇ〜・・・・・。頭は元々壊れていますが体を壊さないように気合いを入れて行かねば・・・。明日もキラコタン岬・・いくぞ〜!

夫婦鶴

DPP07DC080D170C27.jpg

緑豊かな鶴居村の自然を背景に佇む番のタンチョウ・・・連日霧のかかったさわやかな夏を謳歌しているようです。HOTEL TAITOも連日忙しい日々を送っております。

高層湿原を歩く

DPP07DC080B142130.jpg

高層湿原を縄張りとして暮らしている夫婦のタンチョウです、たぶんこの番は半径4〜5?の大きなテリトリーを持ち他のタンチョウ達は一切このエリアには入ってこられません。しっかり子育て出来ます・・・しかし、このタンチョウ達はことしの子育てを止めてしまい、今は夫婦水入らずで残り少ない釧路湿原国立公園をのん。

帰路

DPP07DC080A152006.jpg

今日も暑い暑いと言っておられる方々に鶴居村から2月の風をお送り致します、涼しさを少しでも感じ取っていただければと思います。さて、今日は朝から天気の悪いこと・・・それほど強くはないのですが朝から雨模様です。湿度もかなりあり体がしっとりべったりてな感じです。
DPP07DC0809170E17.jpg

猛暑お見舞い申し上げます・・・。今朝の気温13℃少々寒い感じもしないでもない今朝の湿原体験ガイドでした。ここのところ公私共にとても忙しく・・・な〜んて言い訳など致しません決して手を抜いている訳でもありません、ただただ忙しくて・・・(言い訳しているじゃん。)とにかくゴメンナサイ・・今後もなが〜い目で見てやって下さい。どうぞよろしくお願い致します。

草原の採餌

DPP07DC0807151D24.jpg

湿原周辺の草地では二十数羽のタンチョウ達が毎日のようにミミズや昆虫を食べるために集まって来ています。数日のうちにこの草も刈り取られ今以上に効率よく採餌ができるでしょう。

キラコタン岬からの遠景

DPP07DC0806170037.jpg

今日は風景的にはまずまずの日でした。エゾシカが川を渡りタンチョウが遠くで採餌する風景路見ているとどこかのどかで癒しを感じるのは私だけでしょうか。

オオウバユリ

DPP07DC0803130401.jpg

釧路湿原国立公園の秘境 特別保護区「キラコタン岬」の先端部にほど近い林道沿いにひっそり・・そして大胆に咲き誇っている『オオウバユリ』、今朝のTAITOネィチャー倶楽部で行く『湿原体験ガイド』で、花はグシャグシャに折られ、葉っぱはズタズタにちぎられ悲惨な姿になっていました・・・。そこには「私がやりました・・!」と言わんばかりに犯人の強いメッセージが残されていました。それはあのかわいいクリクリの目をしたエゾシカでした、ただ噛み散らかしたような食べ方でどうせ食べるならちゃんときれいに食べればいいのに・・・なんて思ったりした次第です。

牧場

DPP07DC0802123224.jpg
今日はとても過ごしやすい気温でした、本州では考えられないような猛暑のようで・・・お見舞い申し上げます。今、本州から来られている数組の家族は帰りたくな〜い・・・の連発です。さて、このところある場所に単独(若者)のタンチョウ達が目につくようになって来ました、以前は若者どうしグループを組みそこそこの範囲で採餌しながら移動していたような気がしますが・・・最近はある地域に「定住・・?」しているような・・・。この地域に厄介な問題が起こらなければ良いのですがね・・・今後も注視していきたいと思います。

霧に煙るキラコタン岬

DPP07DC0801170249.jpg・・

湿原体験ガイド今朝も飽きる事無くお客様をご案内して来ました。霧が空全体を覆い隠し幻想的な風景を見せてくれていました。さぁ〜明日もキラコタン岬・・・・・。

ウェブページ

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年7月です。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。