2012年4月アーカイブ

親子?の諍い

DPP07DC041E122921.jpg
やはりこの時期の早朝は霧がやんわり入っていたものの 日中は汗ばむくらい気温も上がり行楽にはうってつけな一日でした。UP画像の一羽のタンチョウは一昨年生まれの亜成長、もう一羽は完全な成鳥・・・見ていると完全に亜成長の方が威嚇行動には分があり成鳥は頭を低くすぼめ「ゴメンナサイ・・・」なんて感じでしたね。

DPP07DC041D0E2704.jpg
今日も霧の濃い朝でした・・・鶴居村の某所には三十数羽の亜成長や成長が集まって特に餌を一生懸命探して食べるわけでもなく「何となくみんなでここに集まりましたよ・・・」てな感じでしたね。話は変って関越自動車道で大型バスの悲惨な事故がありましたねこの連休中にくるまで出かける方はくれぐれも運転に気をつけて下さい。

湿原を歩く

DPP07DC041C131631.jpg
キタヨシのしっとり濡れた湿原のけもの道を移動する三頭のメス鹿・・・突如立ち止まり何かもの言いたげな表情でこちらを見ていました。?後ろから撃つような卑怯なまねするなよな・・・ !? ハ〜イ、・・・撃ってもカメラのシャッターでウツだけですからそんな目で見ないで下さい。

湖畔

DPP07DC041C0E0060.jpg
今日も霧がかかり夜半から結構勢いよく雨が降り出しましたが、明日からのゴールデンウィークはここ数年では天気も良く暖かくなるという予報ですですので是非期待したいところです。4月、5月は公共事業がとても多く体力的に物理的にとても大変ですが村の為、地域の為に気合いを入れていきます・・・ハイ !

トビとオジロワシ

DPP07DC041A130F28.jpg
ここ数日なかなか太陽が顔を出してくれません・・・。今日も湿原ではタンチョウがしっかり抱卵をしていいる姿を百数十メートル離れた車中からしっかり確認しました。あまりにも貧弱な巣なのでチョッした雨でも卵が冠水してしまうにではないかと少しばかり心配になりましたが・・・。

霧・霧・霧・・・。

DPP07DC0419151534.jpg
連日 霧、きり、キリ地元住民にすればもう〜いい加減にせんか !と、いったところでしょう。しかし自分的には雪が解けてほとんど冴えの無くなった北の大地、そこに幻想を漂わせる「霧」・・・自分の作品を創造するためにはとても大きな意味をなす存在なのです。話は変って今日は「鶴居村タンチョウ愛護会」の総会があり前年度事業、そして今年度の事業計画を承認していただき無事終了致しました。事業は理事、会員、村民他いろんな方々がボランティアで行っていますので今後の事業に参加協力いただける方がいましたら是非声をかけて下さい。

ふきのとう

DPP07DC0418111032.jpg
湿原ではオオハクチョウが徐々に北帰行しだし、湿原の代表格の夏鳥オオジシギが道路におりているのを見かけるようになった。しかしディスプレーの雷のような羽音はまだ今年は聞いていないのでいつ聞こえてくるかとても楽しみです。それを聞いて初めて鶴居村に春が来た・・・感じがする。

エゾシカの春

DPP07DC0416141C11.jpg
4月下旬になると雄のエゾシカの角は次の新しい角が成長しだすため冬を越した今までの固い骨質の角を頭骨の付け根から落とします。6月になると袋角と呼ばれる血液の循環する角が成長しだします。UP画像は二頭の雄鹿が湿原の中を移動しているところです、まだ地表が凍っているため縦横無尽に走り回っていました。

夕陽に染まる

DPP07DC0415140032.jpg
午後からはうす雲が張り出し日が落ちる西の空にもハレーションを押さえるにちょうどいいうす雲・・・まるでハーフNDフィルターをかけたかのような条件。 久しぶりの夕陽に感動・・!。

早春霧景

DPP07DC0414123617.jpg
早朝は毎日のように霧がかかりあれだけあった雪もほとんど解け、早春のほんわとした気持ちの安らぐ朝の風景です。ふきのとうもたくさん顔を出し川には鮭の稚魚が海を目指して下っています。そろそろ天然クレソンのおいしい季節ですね。

流飛

DPP07DC0413111224.jpg
毎年ですが4月、5月はいろんな団体の年度替わりになっているので連日会議等でほとんど出っぱなしです。しかし今月下旬からホテルTAITOのメイン事業でもある『湿原体験ガイド』が始まりますのでその準備やら手続き等でこれまた忙しい・・・またそれに合わせて新しいリアルな湿原情報等を皆さんにお伝えします。

霧中散歩

DPP07DC04120E2A03.jpg
昨日任期満了に伴い鶴居村長選が行われました。現職村長は事情により再選を断念し現職の推薦する『大石まさゆき』候補が無投票で新鶴居村長に当選しました。新大石村長は51歳の若さで今後基幹産業の酪農はもとより観光振興にもしっかりと先頭に立ってひっぱってくれるはずです。『笑顔と活気あふれる協働の美しい村を目指して!!』このキャッチフレーズのように微力ながら自分もしっかり官、民協働で素晴らしい鶴居村を目指してしっかりサポートしていきたいと思います。

抱卵中

DPP07DC0411110404.jpg
最近は単独一羽で居るタンチョウが目につきます・・・そうです、この時期はほとんどのタンチョウは次の世代を残す為に夫婦共同で放らん作業をしています。片割れが抱卵中は一羽で近くの場所で採餌をしている姿をたまたま見かけます。5月連休明けにはかわいい雛の姿が見られます。

若者軍団

DPP07DC0410160811.jpg
いましたいました・・・、農家の堆肥を積み上げた畑の一角に昨年生まれた幼鳥と一昨年生まれの亜成長の集団約30数羽がミミズや昆虫を探して盛んにつついていました。来月の畑の苗の植え付け頃になるとこの若い集団のタンチョウ達が畑に入り込み植えたばかりの苗を引っこ抜いたり踏み荒らしたりする食害が心配されます。なんせただでさえタンチョウは目立ちますからね〜。

夕陽

DPP07DC040F132D04.jpg
最近は午後4時以降になると釧路沖合の太平洋から冷たい霧が内陸に向かってなだれ込むようにして入って来て湿原全体を覆い尽くします。やはりこの霧が湿原を乾燥から守る為には重要な役目を果たしているのです。明日の天候は晴れの予報ですが朝のうちは霧が残っているでしょうね・・・たぶん。

かわいい目

DPP07DC040E142235.jpg
エゾシカの肉をおいしく有効に食べてあげましょう・・・消費拡大キャンペーンなるようなことを北海道あげてPRしています。勿論ホテルTAITOもステーキ、シチュー などなどいろいろメニュー開発しているところですがなかなか消費拡大まではいっていません。UP画像のようにこんなかわいい目で見られて『ぼくを食べるの・・・』なんて言っているかどうか分かりませんが個人的にはチョット抵抗を感じますね。

散歩

DPP07DC040E133833.jpg
外国からのカメラマン(アマチュア)夫婦を早朝の湿原に案内してきました。「午前4:00に出発しますのでそれまでフロントに来て下さい。」そう伝えるとビックリして目を白黒・・・(目はブルーでしたが)、今までそんなに早く起きたことが無い・・・とのこと。と、言いながらも予定どうり出発・・・撮影を終えて「早起きするということはこう言う事だったのか」と、妙に納得したようだった。帰り際にまた絶対来ますとのこと鶴居村とTAITOを気に入っていただけて良かった、よかった。

ミンク

DPP07DC040C152851.jpg
最近釧路湿原でよく見かける『ミンク』は戦後毛皮をとる為にアメリカから輸入された動物です。釧路湿原周辺には昭和30年〜50年頃にかけミンク飼育場があちらこちらに結構ありましたが毛皮の需要が無くなり今はほとんど閉鎖され一件も無いと思います。しかし当時逃げ出したミンクが野生化し釧路湿原で繁殖しだしています、これは「特定外来生物」に指定されタンチョウの卵や時には雛を襲うこともあります。こうなったのもすべて人間が要因なのです。

佇むタンチョウ

DPP07DC040B141459.jpg
今日は霧雨の降る肌寒い一日でした、午後には濃い霧がかかりやわらか〜い雰囲気に包まれとても気持ちの落ち着く感じがします。しかし昨日知り合いの息子さんが20歳で亡くなりまして最近鶴居村で不幸が続いていますので今の気持ちは今日の天気と同じブルーです。

雪解け

DPP07DC04090D1555.jpg
鶴居村周辺の雪はどんどん解け春の様相になってきましたが早朝はまだまだ寒く、春を実感できるのはもう少し先のようです。念のため解説しておきますと今日UPしました画像は流氷ではありません、割れた氷が風に押されたためにこのような情景になりそこに役者登場となったわけです。

bell ma-kun写真展開催

DPP07DC0409143522.jpg
たのしく、ホッとするような写真展の紹介をします。『bell ma-kun』post card book 出版写真展 鶴岡さんという女性が写されたテディ−ベアーの写真です。素晴らしい背景にご自分で制作されたテディ−ベアーを配置しかわいくほのぼのとさせるような作品展です。東京近郊にお住まいの方、是非ご覧になって下さい。期間は今日4/8〜4/14(土)am11:00〜pm19:00最終日はpm16時まで 場所は「STAGE銀座」中央区銀座8-5銀座ナイン1号館1F tel 03-3572-6495 心があったかくなるような作品ですので是非。

冷え込んた朝

DPP07DC0408131E38.jpg
この時期としてはけっこう冷え込みました、日の出ころは氷点下10℃・・・車のフロントガラスの氷を落とすのにけっこう難儀しました、道路はもちろんブラックアイスバーンでした。今日は日曜日とあって釣り人やカメラマンけっこう出ていましたね〜。

雪より白いタンチョウ

DPP07DC0407130D08.jpg
今日も一日猫の目のような天気がコロコロめまぐるしい日でした。朝は素晴らしい日の出が見られたと思ったら正午過ぎから真冬並みの暴雪・・・その後天気が回復したかと思えばまたまた暴雪この季節は全く天気が読めません・・・。

またしても雪です。

DPP07DC0406133810.jpg
午後から水分を含んだ大粒の春の雪が降りだしましたが19時ころには降り止み一面雪化粧となりました。樹木にはべったり雪が張り付き明日の撮影がチョット楽しみなところです。明日の朝の路面は当然圧雪アイスバーンになってるでしょうから気をつけなければ。

晴れの一日

DPP07DC0405140550.jpg
鶴居村の日の出 4時57分・日の入り 17時53分いや〜日が長くなってきました・・・日の出に合わせて撮影するとなると3時代には起きなければ・・・いやいやチョット辛くなりつつありますが・・そんなこと行っていられません。今日という日は今日しかありませんから明日撮るわけにはいきません・・・そんなことは言わずと知れたことでしてハイ。今日からようやく天候が安定したので一丁気合いを入れていきますわ。

カ~ッ・・・!

DPP07DC0404151651.jpg
今日、鶴居村長の奥さんの葬儀がとどこうりなく終了しました。和尚のお経の終盤近くに亡くなられた方に印籠を渡し、大きな声で突如『カ〜ツ』!!  禅宗の葬儀に出る時いつもそろそろ くるぞ くるぞと思っているのだが・・・いつもびっくらこいてしまいますね〜 修行が足りない・・・?。それにしても昨日の雨はすごかったですネ、情報だと某所のタンチョウの巣が水没したとか・・・。

春の大荒れ

DPP07DC0403101C15.jpg
日本列島大荒れです、ここ鶴居村も風はさほど強くはないのですが、今朝までまったく雪の無かった路面でしたが今は一面何処もかしこも真っ白になっています。UP画像は今日午後のタンチョウサンクチュアリです子別れで親に置いていかれた子供達です・・・厳しいですね。さて、話は変って一昨日話しました「訃報」の件ですが実は鶴居村長の奥さんが病気療養中でしたが残念なことに逝かれてしまいました。今日お通夜があるので早めのUPでした。 ご冥福をお祈りしてきます・・・。

冷え込んだ朝

DPP07DC0402142B43.jpg
この時期としてはけっこう冷え込み日の出前後では氷点下12℃ありました。霧氷も場所によってはけっこう絵になる所もありそれなりに楽しめました。まあ〜このくらいの気温の冬への逆戻りでしたらタンチョウ初め野生動物には全く関係のない「屁のカッパ」てゆうとこでしょうか ?。明日は曇りであまり天候がパッとしませんね。

狐、雪原に生きる

DPP07DC0401122724.jpg
こいつが「渡くん」を殺したキツネ、ではないと思うのだが・・・見ているだけで腹が立ってクッソ!コノヤローと思ってしまう。しかしキツネにも当然生きる権利はあるのだが・・・どうしても納得できんクッソ!。話はガラッと変りますが先ほど大きな訃報の一報が入って来ました、「大きな」と言ったのは鶴居村に大きな影響力を持った関係者筋の方ですので・・・いずれお話し出来るタイミングが来ましたらこのブログの中でUPしたいと思います。

ウェブページ

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2012年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年3月です。

次のアーカイブは2012年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。