2011年12月アーカイブ

シルエット

DPP07DB0C1F140026.jpg
昨夜未明からまた雪が降りだしましたが積雪量はそれほど多くはありませんでした、このところ毎日除雪作業です・・・ホテル周辺の雪を昨夜遅くなるで排雪作業をしまして、スリッパでも歩けるようにきれいにしたのに・・・く く く 。連日の除雪作業で体がガクガク、ボロボロです。最近体験旅行が流行っています・・どうですか皆さん『除雪体験旅行』ってのは・・・? !。さぁ〜残すところ今日が今年最後の日になっちまいました・・・ホテルTAITOをご利用いただいた方、しょ〜もないこのブログをご覧頂いていた皆様ありがとうございました、来年も相変わらずこの調子でがんばりますのでどうぞよろしくお願いいたします。皆様のご多幸をお祈りいたします、ありがとうございました。

ドサンコ牧場

DPP07DB0C1F131F12.jpg
思った以上に降りましたね・・・早朝4時からホテルの駐車場の除雪をし途中で息子にバトンタッチし6時頃には湿原の撮影ポイントへ急行・・・昨夜降った雪は湿気ったべた雪だったために樹木の細い枝にびっしり付着し見渡す限り一夜にしてすばらしい白銀の世界に変貌しました。タンチョウが居なくても風景だけで十分完成された作品ができました。

湿原の霧氷

DPP07DB0C1D121329.jpg
昨日発表の今日の天気予報は太陽マークはどこにも無く曇り一辺倒の天気図でした・・・。今朝は「どん曇り空」を予想していたものですから、朝起きてみてナンジャこれは ! ・・・素晴らしい星空です。天気予報はあくまでも予報であってそれを鵜呑みにしてはいけないということです・・・。何でも自分の目でしっかり確認し確かな情報得てそして判断しなければということですよね。明日は少しばかり変わった天候です午前3時で湿度が94%.気温が氷点下3℃.降水量1?/h.風速1m/s. 天気は「 乾雪のち曇りのち晴れ 」なんとなく面白い自然現象が見られる予感が・・・・・。 ? そんなの当てにならないって、・・ハイそのとおりです。

音羽橋

DPP07DB0C1C0F1D28.jpg
今朝の気温氷点下17℃まあ〜そこそこ冷えましたね〜・・・ 。まずこの時期としては霧氷も付き気嵐もいい感じで出てくれまして、今日音羽橋に来ていたカメラマン達は大満足とまでは行かないまでもまずまず満足したのではないでしょうか ?。明日から天候が崩れるようですが雪はそれほどでもないようですね、かえって明後日のほうが積雪があるみたいですね。今年も残すところもう数日です気合いで行きましょう!

三日月と金星

DPP07DB0C1B111E52.jpg
夕方は比較的風が強く結構寒かったですね。カメラマンもそこそこ来ていましたが肝心の役者達ときたら、タイミングが合わず“今”と言うときに来てくれませんでした・・・ほとんど色が抜けて薄暗くなった頃に「お帰りになりました(笑)」。太陽が沈んだ後の西の空の残光と三日月と金星はすばらしい色の芸術でした。

凍らない湿原の流れ

DPP07DB0C1A133342.jpg
釧路湿原のとある展望台からの眺め・・・・・ここは湧水の多い流れのために厳冬期でも凍ることのがなくタンチョウをはじめいろんな水鳥たちがここを利用しています。このタンチョウの番もこの流れを塒に春まで静かに過ごすのでしょう。さて、話は変わりますがJAL(日本航空主催)鶴丸就航を記念しタンチョウフォトコンテストを行います、詳しくは http://www.jal.com/ja/environment/happyeco/tancho.html まで。

音羽橋

DPP07DB0C190C2418.jpg
今朝の音羽橋からの画像です。撮影状況が日ごとに良くなっていってるような気がしますね・・・よく観察していると橋により近いところに子ずれ3羽の家族が縄張りを取っているようで他の個体が来ると、すぐ威嚇して追い出しにかかっていますので橋寄りにたくさんのタンチョウが塒として落ち着くのは、まだ少し先のようです。今は雪の状態がすこぶるいいですね。

DPP07DB0C190C0903.jpg
今日このブログに登場したタンチョウは秋頃から湿原のあるポイントに一人(羽)で暮らしています。きっと雪が積もったら仲間のところに行くだろうと思っていたのですが・・・・・一人が好きなのか ? また連れ(事故等で死んだかもしれない)を待っているのか・・・それにしても気になるところです。さぁ〜今夜はクリスマスイブ・・・米汁はやめときます、ぶどう汁にしておきます・・・・・ん ! ?。

雌阿寒岳を遠景に

DPP07DB0C18081415.jpg
春のような重たい雪が20?強積もり一面銀世界になりました、なんとかホワイトクリスマスになるようでまずそれなりにホッ‥‥!としているところです。何末年始にタンチョウの撮影を計画している方もたくさんいることことと思いますが、まずは撮影環境が整いましたので後は皆さんの日頃の行いですか ? (笑)・・・。天気もすっかり回復し夕日も役者もそれなりに・・・・・でした。

コッタロ湿原

DPP07DB0C16150E15.jpg
釧路湿原国立公園の北側に位置する標茶町にある「コッタロ湿原」、日が昇ると連日の寒さで付着した霧氷のすばらしい風景を演出し取る意欲をかき立てられます。今現在細かい雪がしんしんと降り続いています。それほど降り積もらない様ですが・・・朝起きてこりゃまたビックリだったりして・・・・。

寒い朝

DPP07DB0C16143459.jpg
連日続く寒い朝です・・・・・今朝の霧氷はしっかりがっちり幹の方まで付いていました。釧路川には蓮の葉氷がさらさら流れて厳冬期の装いになりました。

青い空と霧氷

DPP07DB0C14120835.jpg
釧路湿原はここ数日強い冷え込みが続いております今朝も氷点下17℃を下回っていて川沿いは霧氷で真っ白になっていました。冷え込むと空の「青」が特に抜けるような深い青になりタンチョウや霧氷の「白」がなおいっそう映えます。日厳しい冷え込みも明日までで明後日から天候が崩れて暴雪の予報になっています。正月休みを利用してこられる方々なんとか雪のある正月になるようですのでまずは安心して下さい。

DPP07DB0C13113406.jpg
昨日ブログで話していました畑に集まったたくさんのタンチョウたちです。この畑が黒いのは昨日書いたように堆肥を散布したため白い雪が染まってこのような色になってしまい、よけいに白いタンチョウが目立ってしまうため観光客やカメラマンの路上駐停車が後を絶たないです。追突などの報告も受けておりますので少し離れていても取り付け道路などに止めて安全に観て頂きたいと思います、特に年末年始は人も多くなるので注意です。

しばれた朝

DPP07DB0C12112545.jpg
今朝も昨日とほとんど同じような冷え込んだ寒い朝で、氷点下17℃を指していました。今年はまだ地表を申し訳ないようにサラッと白くなる程度の雪しか積もっていないので、よけいに寒く感じるのかもしれません。そんな訳で酪農家は今のうちに畑作業をしてしまえということで畑に堆肥(有機肥料)の散布を盛んにしていてそこには300羽を超えるタンチョウが集結しています・・・・・数十年タンチョウを観て来ていますがこの時期にこんな行動をするタンチョウを観たのは初めてですね。何かを感じ取っての予知行動なのか、ただ単に餌がそこにあるからなのか・・・後者だといいのですがね。

今日一日の終わり

DPP07DB0C11112850.jpg
今朝は今シーズン最低気温を記録しました、HOTEL TAITOの玄関前にある寒暖計では氷点下18℃を指していたようです。どうりで撮影していて指先とつま先がビリビリ「いた冷たかった」はずですね。今日は週末ということもありカメラマンや釣り人がけっこう出ていました。日曜の明日も一日天気がいいようですので人も多くなるでしょうね。

釧路川遡上中

DPP07DB0C10133357.jpg
マイナス15℃と今朝も結構冷え込みましたが風があったのでしょうか霧氷は河川沿いにはそこそこ着いたのですが湿原全体にまでは及びませんでした。今日のupした画像は釧路川でを遡上するウグイ(ハヤ)なのですが・・・この地域では「犬もまたいで通る」というくらいほとんど食さない魚です。それにしてもこの時期になると毎年海から産卵のために遡上して来ます、その数・・・川の両岸にそって数万匹・・数百万匹・・・全く想像もできないくらいとにかくすごい数です。ちなみにこの魚はタンチョウの貴重なタンパク源になっています。

季節はづれの霧

DPP07DB0C0F142D43.jpg
今朝は季節はづれの濃い霧の朝でどこを見ても絵になる風景でした。こんな日はタンチョウサンクチュアリ行き「日の出とタンチョウ」を狙うのですが・・・しかし毎年同じような繰り返しの絵作りですので、少し切り口を変え別のポイントで狙ってみました。鶴居村は『日本で最も美しい村』に登録されているようにほんとうにきれいな美しい村ということを実感しますね。村も美しいけれどもそこに住む村人の心も美しいです・・・私を含めて……なんちゃって。

湿原の朝焼け

DPP07DB0C0E131A48.jpg
今朝はほとんど期待もせず散歩がてら湿原に向かいました・・・・・、どうしたことでしょう・・・突然東の空が焼けはじめ久しぶりの最近では特にすばらしい朝焼けになりましたが、写真的には自分の居た場所がばしょだったためにほとんど絵作りができず取りあえず撮った写真になりました。早く予測がつけばとと後悔しきり・・・でした。 修行が足りない・・・か。

C社円魚眼

DPP07DB0C0D161914.jpg
一昨日C社の「円魚眼レンズ(5DMark?)」をH氏から借りまして試写してみました、以前4×5で円魚眼を使っていましたがそれと比較するとずいぶん技術の進歩が伺えますね。当然フィルムとデジタルの違いはありますがね。とても面白いレンズですがあまりにも特殊なレンズですので・・・・・さてどうしたらいいものか・・?。

野付半島の夕日

DPP07DB0C0C140D59.jpg
三日間ブログを更新できず誠に申し訳ありませんでした、昨日JAL最終便にて無事帰ってきました。わざわざ講演会に来て頂いた皆さんありがとうございました。学生相手の講演は何度もやらせて頂いていますが、今回は都会で一般の方対象の講演でしたがいい緊張のうちに終了し自分もいい刺激を頂きました。そして今回初めて鶴居村の空気のおいしさ、きれいさを身を以て知りました・・・・・。今日さっそく撮影ガイドで別海町野付半島へ行ってきました。オオハクチョウもけっこう集まっていました、しかしタンチョウは一羽残らず越冬に鶴居方面に行ったようで全く居ませんでした。今日のUP画像は夕日をバックにトドマツに止まるオオワシ・・・たぶんね。

夕暮

DPP07DB0C08122957.jpg
今朝もサンクチュアリでのタンチョウの鳴き合いを期待しながら三脚を立てましたがほとんど期待どうりにならず今朝も・・・退散してきました(笑)。明日から上京しますので11日までブログの更新を休ませて頂きますので宜しくお願いいたします。

たにま・・・?

DPP07DB0C08120453.jpg
『 たにま 』このタイトル分かるでしょうか ? 分かる方はけっこう日本画通の方ではないでしょうか、これは日本画の巨匠「東山魁夷画伯」の昭和28年制作の作品名です。撮影でフイルドに出るとどこかで見た風景だな・・・と思う事がけっこうあります。もし東山魁夷画伯の作品を鑑賞するチャンスがあれば是非ご覧ください。明日は冷え込みます。

DPP07DB0C06163355.jpg
12月初旬のタンチョウ撮影ポイントとなるとこの時期は圧倒的に今日のタイトルの『鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ』です!。今朝のサンクチュアリは絶妙のタイミングで役者が登場いただいたのですが・・・これが全くだめで・・役者のくせに踊らない、歌わない 下を向いて餌をつついているだけ・・・・・「金も払わないで撮ってるくせにそんな勝手なことを言うな! 」・・・と タンチョウの弁(笑)。

湿原に降る雪

DPP07DB0C05153132.jpg
昼前から降り出した雪はふわふわとゆっくり落ちてくる「わた雪」でした・・・撮りたい、撮らなければと思いながらタンチョウを横目に所用のため泣く泣く釧路市の印刷所に車を走らせたわけですが・・・釧路市からの帰りがけは当然湿原に降り積もったすばらしい風景を・・・しかし、頭の赤い役者が居ないのが悔やまれます、今の時期こんな所には居るはずが無いのですが・・。

夕焼け雲

DPP07DB0C04153647.jpg
昨夜から降り出した雪はけさまで約7〜8センチ積もり、一夜にして真冬になりました。今シーズン初の除雪作業をしました・・・体がなれていないせいか結構体力的にきついものがありました・・・来春までの半年間考えるだけで辛いですハイ・・。今日一日雪と曇りのつもりでいましたところ夕方なって雲が明けすばらしい夕焼けを見せてもらいました。

初冬のオンネトー

DPP07DB0C03100E28.jpg
阿寒国立公園の雌阿寒岳の麓にあるオンネトーまで撮影ガイドで行ってきました。夏は大勢の観光客で賑わっていたコバルトブルーに輝く神秘的な湖ですが今は訪れる人もまばらなひっそり静まり返った湖でした。自分的には派手さの無い地味なこの季節も落ち着きがあってとても好きです。夕方から降り出した雪も雨にかわり明日はどんな風景を見せてくれるか楽しみです。

夫婦鶴

DPP07DB0C02142734.jpg
平日だというのにタンチョウサンクチュアリには今朝もカメラマンが結構来ていました・・・が、肝心の役者登場は朝のオレンジの光が無くなり、ほぼ白くなってしまった頃のお出ましでした・・・。明日は土曜日
今日以上にカメラマンが多くなるでしょうね。

冷え込みました

DPP07DB0C01111C03.jpg
今朝の日の出の気温は氷点下11℃湿原周辺ではもっと冷え込んだのではないでしょうか?。しかしまぁ〜今日は平日だというのにサンクチュアリには30〜40名ものカメラマンがわんさかと集まりました(撮影ツアーではなく個人です)。いよいよシーズン到来といったとこでしょうか?。明日も皆さんがいい作品が撮れますように私が代表して米汁で厄払いをしておきます・・・・ってか。

ウェブページ

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2011年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年11月です。

次のアーカイブは2012年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。