2011年1月アーカイブ

大入り満員

DPP07DB011F160727.jpg
朝から抜けのいいスカッとした青空‥‥‥こんなすばらしい条件の日はカメラマン達はのんびりなどしていられるはずはない。朝食もそこそこに鶴居伊藤タンチョウサンクチュアリに直行です。北海道の広大な雪原に舞い降りてくる湿原の神のベスとショットを決めようと皆さん気合いを入れ、寒さなど関係ない・・・だけど今朝の日の出頃の寒さは皆こたえただろうね、特に南から来ている方々は・・・・・。

神秘の摩周湖

DPP07DB011E150025A.jpg
過去にこんなにきれいな摩周湖を見た記憶がありません。また、真剣に気合いを入れてこの湖を撮ったのも今日が初めてです、ほとんど撮影ツアーのポイントとしてお客さんを連れて撮るくらいで自分の作品として撮るなんていうことなど無かったです。過去に見た絵はがきや映像のイメージが強く撮らされている感じがしないでもないです。たまにはこのような純然たる風景もいいものですね。さて、撮影ツアー明日が最終日です北海道鶴居村での撮影行はいいイメージでを持って帰ってもらいたいです。次回のお越しをお待ちしております。

タンチョウとSL

DPP07DB011E143019.jpg
あまり得手ではないSLの撮影に行ってきました、もちろん自分の作品撮りではなく撮影ツアーのガイドとしてです。タンチョウがすぐ側にいたので少しやる気が出ましたが‥‥‥‥やはりタンチョウは自然の中に入るのが一番似合いますね。明日は阿寒国立公園の『神秘の摩周湖』までいく予定です。

エゾリスの杜

DPP07DB011C130425.jpg
朝一からエゾリスの撮影に行ってきました。今朝は朝一番の冷え込みのようでマイナス22℃と結構冷え込みも良く霧氷の華もとてもきれいでした。夕景の撮影も思ってた以上の数が飛んでくれてとても楽しく撮影出来ました・・・。明日の朝もいい天気ですので期待出来ます。

DPP07DB011C123529.jpg
今日からまた撮影ツアーのガイドです、天気条件は週間予報を見る限りなかなか良い状態です。明日はエゾリスの撮影に某所へ‥‥‥‥、きっと納得いく作品が撮れることでしょう結果は明日のブログにてお知らせします。

雪原の落葉松林

DPP07DB011B080B21.jpg
撮影ツアー最終日は阿寒国立公園屈斜路湖のオオハクチョウの撮影に足を伸ばしました。屈斜路湖の湖水は風が強かったこともありザブンザブンと音を立て岸に打ち寄せていました、今年は冷え込みが今ひとつ弱いせいもあり湖面の全面結氷はまだまだ先でしょうね。ツアーの皆さんには北海道の雪原風景を撮っていただきしっかり冬の北海道を脳裏に焼き付けたかと思います。『来年の冬もまた来ます !』と言っていただき機中の人となりました。いろんなハプニングがありましたがすべて事無きをえホッと胸を撫で下ろしているところです。皆様たいへんおつかれさまでした、ありがとうございましたまた来年お会いしましょう。

DPP07DB0119151012A.jpg
今、世間を騒がせている『鳥インフルエンザー』ですが浜中町の沼でオオハクチョウが確認されタンチョウにも感染してはいけないと保護関係者や研究者、環境省や地元の方々がなんとかくい止めようと必至になって消毒などを行なっております。今日行った阿寒タンチョウ観察センターでも関係者が監視活動をしていました。それにしてもタンチョウセンターなのかハクチョウセンターなのかよくわかりません・・・・・。さて、明日は撮影ガイド最終日です気合いですばらしい作品を撮ってもらいましょう。

オオワシ

DPP07DB0119131D51.jpg
別海町野付半島まで撮影ツアーのお客さんをお連れしオオワシ、オジロワシ、を撮影してきました。オジロワシは十数羽の確認でしたがオオワシの数の多さにビックリしました、たぶん百羽以上の数が半島に集まっているようです。しかし電柱や遥か遠くなどにしか止まっていなくなかなか絵になるいい写真を撮らせてもらえませんね。冬の野付半島も夏とちがって華やかさの無い殺風景さもなかなかいいものですね。

湿原の湧水に佇む

DPP07DB0117152E46.jpg
昨日と打って変わってほとんど霧氷は付かず気嵐もほとんど上がっていませんでした。天気はまったく申し分無かったのですがね〜・・・どうしたことか。今日午後九州からの方々がタンチョウを目的とした撮影ツアーに十数名参加され午後の飛行機で無事到着しました。さ〜ぁ〜すばらしい作品を撮ってもらうために明日からしっかりガイドをしたいと思います。きっと天気も見方してくれるでしょう。

冬のシラルトロ湖

DPP07DB0116121903A.jpg
今朝も霧氷に覆われたすばらしい釧路湿原国立公園の朝を堪能出来ました。ここ最近コッタロ湿原の状況が少し変わって来ています、何かと言うとあれだけたくさん出ていたエゾシカたちがほとんど姿を見せなくなりました。しかし、お昼頃になるとぞろぞろとコッタロ湿原道路に出て来て枯れ草を食べています。また湿原の湖沼は完全に結氷し野生動物たちは縦横無尽に歩けるまさしく『野生の楽園』となっています。

戻って来たオオワシ

DPP07DB01160A2E37.jpg
昨日は公用のためブログをUP出来ず申し訳ありませんでした。けして米汁を飲んでいたわけではありません少しばかり「麦の水」なんぞを・・・、最近になって毎年定位置に来る北からの使者(オオワシ)が湿原の一角に立っているミズナラの古木に戻ってきました。今朝は一羽しか見ませんでしたが数日のうちには数が増えてくるでしょうね。今朝も釧路川の氷が音を立てて流れていました。

サンピラー

DPP07DB0113152A42.jpg
鶴居村ではこの時季あまりめずらしい現象ではないのですが今日の日没の時にサンピラーが長い時間見えていました。残念ですがその前を役者達は通過しませんでした。ブログのために風景を1カットシャッターを押し「消費期限」が切れぬうちに新鮮なうちにUP致しました(笑)。明日も一日いい天気です。

冬の丘風景

DPP07DB0112123813.jpg
早朝の薄暗い時間帯から走り回り、結果あまり「これぞ」と思ったものが無ければ結局この丘風景の場所に足が自然と向いてしまう・・・この丘は釧路湿原の一角にありそれほど有名な丘でもない、タンチョウが居るわけでもなくエゾシカがよく出て来るわけでもないがなぜか気になる存在の『丘』だ。ここに居るだけで気持ちがなぜか落ち着く。明日も終日晴れ・・・。贅沢だが快晴だとあまり気持ちがのらない。

無音

DPP07DB0111101B52.jpg
今朝の釧路湿原はマイナス2℃、この時季としてはとても考えられない温かい朝でした。水辺の樹々には薄らと霧氷の華が付いていて日が昇る前はじつにしっとりしたすばらしい風景が見られました。そろそろ『月』回りが良くなって来たので月光がらみのポイントではきっとたくさんのカメラマンが来ることでしょうね。トラブル等が無い事を祈りたいです、自分はあまり人の中での撮影は好まないので一人で湿原風景を‥‥‥。

湿原朝日に燃える

DPP07DB0110123431.jpg
今朝の気温はマイナス17℃それほどきびしい冷え込みと、いうほどの事は無かったのですが湿原はとてもきれいな霧氷に覆われ朝日に照らされてすばらしい色彩を魅せてくれました。釧路川も一昨日は蓮の葉氷が川面いちめんにザラザラ音を立てて流れていたのですが、今日は温かかったせいかあまりたくさんは流れていませんでしたね。話は変わりまして今晩は三重県のK氏とお忍びでいらしている・・・・氏とで今年の豊作(もちろんタンチョウ作品 !)を祈願して三重の活性酒(噴き出し危険米汁‥‥昨夜天井近くまで噴出しまして一升の約三分の一「床」に飲んでいただきました・・・。)で酒宴・・ ? ? ?。

赤は注意 ! !

DPP07DB010F0A1531.jpg
『タンチョウ横断注意 !、恩返しは出来ませんが御注意願います。』『赤に注意 ! !。』鶴居村のある酪農家をテリトリーとしているタンチョウファミリーの保護の為に鶴居村観光協会が立てた看板です。ここ最近車が来ていてもまったく平気で道の真ん中を堂々と歩いているタンチョウが居ますので是非運転手の皆さんに注意し協力してもらう為に立てられた看板です。どうか皆様の御協力をお願い致します。

蓮の葉氷流れる

DPP07DB010E160229.jpg
今朝の釧路川は連日の寒さで蓮の葉氷がザラザラと音を立てて流れています、ちなみにコッタロ湿原の今朝の日の出頃の気温は氷点下22℃まで下がりました。あと数日この寒さが続けば釧路川は間違いなく全面結氷するでしょう‥‥‥‥そうすると氷を獣道代わりにエゾシカ達の移動が活発になります。明日もいい天気・・・・・ ? ! 。

冬枯れの落葉松林

DPP07DB010D151C51.jpg
昨夜から非常に期待をしていた雪でしたが2〜3センチ程度しか積もらず取りあえず撮影に出かけるも昨日同様ほとんどシャッターを押せずに出戻り・・・。ここ数日時間の経つのを忘れさせてくれるほど感動する撮影がまったくありません 。天気予報の暴風雪もいったいいつの間にかいなくなってしまったのか、明日の朝は一発『晴れ』です。

雪原のエゾシカ

DPP07DB010C122E10.jpg
毎日同じことを言っていますが‥‥‥音羽橋でマイナス20℃・・今朝もしばれたなぁ〜・・・ですが撮影条件としては自分的には写欲を削がれるような状況でシャッターを一コマも押さず早々に引き上げてきました。今現在いい感じで雪が降り続いています、明日の朝はきっとすばらしい雪景色がカメラマンの皆さんをむかえてくれることでしょう。今日のUP画像は一昨日撮影分からのものです。

蒼空

DPP07DB010B123641.jpg
今日も朝から抜けるような青空‥‥‥少しくらい雲があるといいのになぁ〜なんて贅沢なことを言ったりして、曇ってくると青空でないかな〜・・・人間という動物はなんと勝手なんでしょうね。話は変わってタンチョウが塒にしている水深の浅い河川はここ4〜5日の寒さですっかり凍ってしまい音羽橋の雪裡川に塒を移動して来ています。13日に暴風雪の予報ですが‥‥‥はたしてどうなることか・・・・・。

湿原ガス氷

DPP07DB010A160105.jpg
千昌夫の「北国の春」ではないですが『今朝もなまらしばれたべさ』。湿原部で氷点下22℃今シーズンの寒さにまだ体が対応していないせいか冷たいというより痛い感覚でした‥‥‥歳で脂分が年々少しづつ抜けて来ているのですかね・・・?(笑)今朝の撮影は数日後の撮影ツアーのロケハンをかねて湿原周辺の氷を撮影してきました、北海道道東らしいピリッとシャープな造形豊かな氷が至る所にあり、また透明な氷の中に閉じ込められた『ガス氷』がすばらしい創造美を感じさせられました。明日もなまらしばれるっしょ。

しばれた朝

DPP07DB0109103456.jpg
連日の冷え込みで今朝もマイナス20℃を下回りました。タンチョウが塒にしている河川もシャーベット氷がザラザラと音を立てて流れ、日の出頃は特に冷え込むのでタンチョウの足に氷がぶつかり安心して寝てられないようです。連休になるとやはりたくさんのカメラマンやバードウォッチャーそれに混じって観光客らが大勢タンチョウの塒で有名な『音羽橋』に暗いうちから集まり出します。皆さんくれぐれも場所取りなどのトラブルに会わないように、そして起こさないようにどうぞ宜しくお願い致します。明日も今日ほどではないですが冷え込むようですね。

雄阿寒岳を背景に歩く

DPP07DB0108123303A.jpg
朝から抜けるような蒼空、北海道東部特有の西高東低の冬の安定した天気です。放射冷却により今朝は湿原部で氷点下20℃になり久しぶりに寒かったです、しかし気温が下がった割には霧氷の華はほとんど付きませんでした。きっと夜中に風が吹いていたのかもしれませんね。この冷え込みが数日続くとタンチョウの行動も安定して来るのですが・・・とにかくひと雪欲しいところですね。

北の白い大地

DPP07DB0107120932.jpg
天気が良すぎてあまり作品的に面白みの無い朝でした‥‥‥‥が、取りあえず湿原周辺100?ほど要所を回ってみました。夏は一面グリーンだった牧場もこの季節は白い大地とどこまでも広がる青い空のツートン実に北海道らしくてホッとします。今日は役者の撮影は無しでした。明日の朝の気温は今シーズン最低を記録するかも・・・? 。

冬の朝霧

DPP07DB0106160803.jpg
今朝はマイナス11℃とそこそこの冷え込みでしたがこの時季としては珍しく湿原全体が朝霧に覆われとてもすばらしい日の出が見られました。肝心の頭の赤い役者たちは‥‥‥‥‥‥ ? 。数日前の強風で積もっていた雪が飛ばされ所々地面の土が顔を出し始めていますのでそろそろ新しい雪がほどほどに降ってくれるといいのですがね〜。タンチョウサンクチュアリはもともと牧草地ですのでまったく問題なく真っ白な雪に覆われていますよ。明日はマイナス14℃と冷え込むようです‥‥‥湿原だとマイナス16℃かな?。

残光の丘

DPP07DB0105151245.jpg
九州の出水に飛来して来た鶴から『鳥インフルエンザー』陽性反応が出たことで、北海道のタンチョウに対してどのような対処やら警戒態勢をとったらいいのか環境省とタンチョウの有識者などで検討会なるものを立ち上げ一生懸命に検討をしているようです。タンチョウ給餌場の鶴居タンチョウサンクチュアリでは入り口に石灰の箱を置いてこられた方の靴底を殺菌してもらっていますが・・・タンチョウに感染しなければいいのですがね。一度出たら大変なことになりますのでね‥‥‥今後とのような形になるかわかりませんが皆さん協力お願い致します。

鶴の巣ごもり・・・?

DPP07DB0104122338.jpg
久しぶりに冷え込んだ朝でした湿原部では氷点下13℃と、そこそこ霧氷も付き日の出にはサンピラーも見られました。UP画像は農家のコーンサイレージ(デントコーンのコーンの部分も茎も粉砕して醗酵させた家畜の餌。)のコーンのみを選んで一生懸命にほじくり出して食べる成鳥♂。一見、巣のように見えるがこの時季に卵を包卵するはずは無いですよね、まして雪原に・・・。明日天気は曇りで終日氷点下の冬日です。

タンチョウ連だこ・・?

DPP07DB0103130241.jpg
タンチョウの塒で最も有名な鶴居村の雪裡川に架かる『音羽橋』には約三十名ほどのタンチョウカメラマンが早朝暗いうちから三脚を立て日の出頃に繰り広げられる幻想的な場面をねらって寒い中じっと待機しています。気温が少し上がった八時過ぎ夫婦で、家族で、また数家族のグループで給餌場に飛んでいきます。その飛行ルート上で北国の抜けるような青空を背景に飛翔する姿を撮影しょうと数人のカメラマンが今か、今かと飛んで来るのを待ち受けています・・・。皆さん満足される作品が撮れるといいですね。明日は晴れの予報で少し冷え込むようです。

愛の詩

DPP07DB01030A1B37.jpg
2011年の穏やかな新春を迎えた『鶴居村』です、今年も出来る限り釧路湿原の最新情報を毎日UPしていこうと思っておりますのでお付き合い宜しくお願い致します。年末からお泊まりいただいていたHOTEL TAITOの年越し組のお客様は明日お帰りになり、年末年始仕事に出られていた方々が替わって来村され鶴居村のゆったりのんびりとした『田舎』で日頃のストレスを解消していただきます。タンチョウや釧路湿原を含め鶴居村全体が癒しの空間です、皆さんストレスをためないで頭の血管がプッツンする前に『癒しの鶴居村』『癒しの温泉美人の湯』に来てリフレッシュして下さい。鶴居村は「日本で最も美しい村」連合に加盟登録しています。

DPP07DB0101131733.jpg
みなさま新年あけましておめでとうございます。本年も昨年同様宜しくお願い致します。今年はいろんな意味で結果を出さなければならない年だと思っております・・・。今年も鶴居神社に『こだわり甘酒』(密造酒ではありません。)を奉納させていただき身を切るような寒い中、初詣にいらした皆様に熱い熱い甘酒を飲んで体を温めてもらいました。その中には本州からのタンチョウ撮影の方もいらしていて神前に向い手を合わせお参りをして・・・・・この方々はきっとすばらしい写真が撮れることでしょうね、すばらしいタンチョウの写真を撮りたい方は是非鶴居神社にお参りを・・(笑)。明日1月2日は一日曇りの予報です。

ウェブページ

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2011年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年12月です。

次のアーカイブは2011年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。