2010年6月アーカイブ

水辺を歩く

DPP07DA061E111712.jpg
どんよりと沈んだ雲に覆われ霧とも付かず雨とも付かないこの地方では「ジリ」と呼ばれる霧雨の大粒が降り注ぎジトジトして湿度がほぼ100%に近い天気です。長期予報ではここ一週間は今日と同じような天候が続くようですね。贅沢言えば一週間に三日はパアッーとした青空が見たいですね、しかしシト〜とした眠そうなこんな天気も嫌いではないです。

元気です !

DPP07DA061D142C50A.jpg
UP画像の某所エリアのタンチョウは一羽の雛を連れて姿を見せてくれました、昨年は生後間もなくカラスに襲われてしまい命を落としてしまいましたが今年はある程度大きくなってから連れて来たのでこの分だと無事に育ってくれるのではないかと思います。ここ数日天候のパッとしない日が続くようですね。

湿原を渡る風

DPP07DA061D133816.jpg
ここ最近の挨拶に決まって暑いだの蒸すだの・・・少しこたえますね〜。しかし夕方になるとガクッと気温が下がるので助かります。さあ〜て、これからいばらぎぃ〜‥‥のH氏と大変辛い辛い米汁ミーティングです・・・・・ ? !。明日は少し涼しくなるかな ?

ペルシュロンの親子

DPP07DA061B123813.jpg
今日は昨日ほどではなかったですが結構暑い一日でしたね。鶴居村周辺の牧草地では一番牧草の刈り取りが急ピッチで行なわれています、雨にでもあたればせっかくの一番牧草の栄養が半減してしまい牛乳の乳質や乳量に大きな影響が出ます。そのくらい酪農家は神経を使って品質の良い牛乳を一滴でも多く生産しょうと日々努力をしています。明日も良さそうな天気です。

ワタスゲ咲く

DPP07DA061A141B47A.jpg
ここ数日の暑い天気で釧路湿原のワタスゲが開花しました。まだ7分咲きですが結構広い面積に広がっていますので満開になると一面が「綿帽子の海」状態になりそれは圧巻でしょうね、頭が赤くて体が白く羽の一部が黒い「大物役者」がそこに登場してもらうだけで写欲が湧くってぃ〜もんでしょう‥‥‥‥大体は登場してくれませんけどね、しかしその確率が1%でもあれば気の長い話ですがそれにかけて来たわけです。長年それの繰り返しですね自分は‥‥‥たぶんこれからも・・・ハイ。

緑萌える

DPP07DA061A102852.jpg
今日はタンチョウコミニティーが中心になって行なわれていた『タンチョウによる鶴居村の経済効果』のまとめ的な会合が釧路市の公立大学の小磯学長をお呼びしてTAITOで行ないました。今後このことについて最終的な形として講演会及び報告会をする予定です。さて釧路湿原もすっかり緑に覆われましたよ、すがすがしい鶴居村に来ませんか。

DPP07DA0618161052A.jpg
日本古来からの典型的な狐・・・何となく『化け』を連想します。今は子育ての為に全身全霊をかけ(たぶん)身なりなどいっさい気にしないで懸命に餌運びをしています。さあ〜て、昨日の続きのミィーティング
『米汁について・・・』を明日に影響を残さない程度に開催致します。当然 O氏と‥‥。UP画像はストックからです。

湿原のハンノキ

DPP07DA0618151D40.jpg
うまい肴にうまい米汁‥‥‥‥ほんとたまらんすね・・・明日は雨の予報ですので今日は神奈川のO氏とじっくりとミィーティングです・・・たぶん明日も。

湿原幻想

DPP07DA0616150903.jpg
早朝は案の定霧でしたが日中青空が出て気温がぐんぐん上がりくそ暑いと思っていたらいつの間にかまた霧に包まれた鶴居村に戻ってしまいました。体感的には霧に包まれシト〜とした少し肌寒い方が自分個人としては合っているような気がします。しかし4日に一度くらいは太陽を拝みたいですね‥‥‥‥いいかげんで贅沢ていうもんですよね・・・(笑)。明日は雨の予想で明後日からは晴れマークですね。

花香る

DPP07DA0615151D08.jpg
某所のタンチョウカップルは二羽の雛を孵しましたが何かのアクシデントで今は一羽になってしまいました。しかし元気に親の後を付いて歩きミミズや昆虫を口移しで食べさせてもらっています、このまま子別れまで元気で暮らしてほしいです。

記録更新 !

DPP07DA0614141842.jpg早朝湿原体験ガイド参加者の最高齢が更新されました昨日までは83歳でしたが今日87歳のおじいちゃんが全行程を元気に歩かれ記録を塗り替えました。写真を趣味としておられビューポイントでは盛んにシャッターを押していました、まったく年齢を感じさせないおじいちゃんでとても楽しい湿原体験ガイドでした。自分もその歳までカメラを抱えて歩き回れるでしょうか‥‥‥‥たぶんカメラどころかその歳まで生きないでしょうね。

特別保護区キラコタン岬

DPP07DA0614121E49.jpg
風景的に今が最高の釧路湿原最深部のキラコタン岬です。毎朝のようにほんわかとした霧が入り絵になる風景を見せてくれます、エゾシカも毎回のように蛇行した湿原の川を水しぶきを上げて渡って行くのが見られます。こんな雄大なワイルドな風景を見られるのは釧路湿原の中でもこのキラコタン岬だけでしょうね、是非今の現状で後世に残したい所です。

池塘の朝

DPP07DA0612150E44.jpg
今朝は湿原の池塘(高層湿原の中にある池)にかかる朝霧はモノトーンのシンプルでいて味わい深い風景を見せてくれました。その後何事も無く霧も晴れてしまい改めてネイチャー写真の楽しさ、厳しさを見せ付けられたた感じでした。『朝』、『夕』の勝負ですね。

祈り

DPP07DA0611153708.jpg
鶴居村の大変好意にしている取引先の方が亡くなりました進行した癌でした。『俺、がんばってこの癌に勝って必ず帰って来るからさ‥‥‥ ! その時はまたよろしくな。』なんてついこの間言っていたのに・・・。ショックで何をやる気力も無くなりました。・・・ 。

デントコーン畑

DPP07DA0610120508.jpg
北海道道東、特に釧路地方は連日霧のせいか気温が上がらない日が続いております。HOTElL TAITOもいまだにゲストルームの暖房を切れずにおります。さて、今日のUP画像はデントコーンの植え付けが終ったばかりの畑に入り込み堂々と苗を引っこ抜き根元に付いているコーンの粒をついばんでいます, 【タンチョウの独り言】「・・・しめしめだれも見ていないな、冬に食べる固く乾燥したコーンよりこの時期の旬のコーンが最高さ、これが本当の地産地消、産直だべさ ! ?。)‥‥農家の親父に見つからないようにしないとな・・・・。」明日も霧 霧 霧

薄暮の草原

DPP07DA060F152626.jpg
このところ霧の日が続きます、オホーツク方面はいい天気だったようですね。明日も霧のべったりかかった濃霧だと思います、明日はキラコタン岬まで早朝気合いで『湿原体験ガイド』行ってきます。ところで昨日から泊まっているお客さんが今日のカヌー下り中ヒグマと近距離で遭遇したそうです親子ずれだったとのこと、場所は厚岸のベカンベ牛川上流との事です。怪我などまったくなかったようです。よかった、よかった。

・ ・ ・ 。

DPP07DA060E143B31A.jpg
今まで眠っていたエゾフクロウが何かの物音で目を見開き樹の根元を凝視しています。きっとやちネズミがガサゴソしたのでしょうね、野生の世界は食うか食われるかの厳しい世界です寝ていてもはたして熟睡など出来るのでしかね‥‥‥‥?。地元の人がこのフクロウはもう年で繁殖は出来ないらしいと‥‥‥数日前は片割れのもう一羽が居たのだとか。

ヤナギ新緑

DPP07DA060E142613.jpg
ヤナギの生命力は強いですね、毎年タンチョウの塒で有名な音羽橋の中州に生えた柳をボランティアでタンチョウの塒整備のため刈り取るのですが一年に4〜50センチ伸びます、これが重労働なんです参加者はほとんど高齢者ですので‥‥‥タンチョウが塒として使う限りこの作業は続けて行かなければなりません10月に皆さんボランティア宜しくお願い致します。

ワタスゲの高層湿原

DPP07DA060C141F22.jpg
今朝も霧の掛かった幻想的な鶴居村でした、二週間前までよく見かけていた若いタンチョウ達の姿が最近まったく見かけなくなり、どこかへ移動したのでしょうか ?他の地域の畑などに行くと害鳥扱いされます実際多少なりともそうなのですが‥‥‥。畑の作業があるていど終るまで二〜三週間はおとなしくしていてほしいですね。

ガンバレ畜産農家

DPP07DA060B131046.jpg
『口蹄疫』・・・自分の中では対岸の火事のように思っていたこの病気ですが時間が経つにつれ知れば知るほど大変恐ろしい病気だと言うことが理解出来てきました。鶴居村も酪農が基幹産業ですので人ごとではありません、今のところまだ北海道には入って来てはいませんが何とか入らないようにくい止まってほしいです。ダメージは畜産農家だけではなく地域全体に及ぼします商工業ももちろん大きな痛手となります。今日役場から口蹄疫の大きなポスター(畜産農家にはむやみに立ち入らないで下さい。)五カ国語5枚届けられました‥‥‥何となく「火事」がそこまで来ているような・・・何とかくい止まってくれ。道外から来られる皆さんご協力お願い致します。 『撲滅 ! 口蹄疫』

北キツネの母さん

DPP07DA060A122544.jpg
北キツネは今子育ての為に懸命にえさ取りをしています。母さんキツネと父さんキツネの毛はバサバサのボロボロでとてもかわいそうです、その反面子ギツネ達はツヤツヤでフサフサのきれいな姿をしていてとてもかわいいです。これからいろいろな野生動物達の子供が産まれる時期ですね、いろんな意味で忙しくなってきます風邪など引いていられませんね。

温情

DPP07DA0609152A57.jpg
一日中うっすらと霧模様のほんわりとした少し肌寒い一日でした。このような天気の時は森の中をトレッキングなんかするとすごく気持ちがいいです。最近は森林セラピーなどというように心が落ち着きとても心地いい疲労感が産まれます、特に湿原に接している森などは効果が大きいようですね。明日もキラコタン岬にレッツゴーです‥‥‥‥。

妖景

DPP07DA0608150315.jpg
日中の気温が20℃を超えるとても温かな・・・というよりひさしぶりに暑く感じた日でした。今日はホテル業務がとても忙しい一日で撮影は休み‥‥‥‥、よって今日UPした画像はストックからのカットです悪しからず。話は変わって宮崎の『口蹄疫』早く全域終息してほしいですね。

みどり萌える湿原

DPP07DA0607131F25.jpg
天気のいい日が続きますね、日中の気温もだいぶ上がって低層湿原のグリーンも一気に成長しすばらしい新緑の風景を見せています。高層湿原のあのかわいいふあふあのワタスゲもさわやかな湿原を渡る風に揺られて、それを見ていると何となくほんわかしたゆったるした気持ちになります。明日の予報は曇り。

今朝の釧路湿原

DPP07DA0606141D32.jpg
湿原の「やちぼうず」もしっかり芽吹き、ネコヤナギの綿毛も風に乗りあちらこちら飛んでいます。山菜の王様たらの芽はぞろぞろ終わり、コゴミは今が最盛期、ワラビは出始め、そしてそれに合わせたのか笹やぶに行けば「ダニ」がそれから一番恐ろしい『ヒグマ』この存在を忘れてもらっては困ります。昨日帯広市郊外の住宅近くの薮の中で山菜採りに来ていた64歳の女性がヒグマに襲われて亡くなりました。山菜採りや撮影で山に入る時は十分気をつけて下さい。(初めての方は是非プロのガイドを頼んで下さい。)事故れば自分だけの問題ではなくなりますので。当然ヒグマにも迷惑が掛かりますので。

気合いの入った一日

DPP07DA0605161331.jpg
早朝からとても濃い濃霧でしたが昼頃から晴れ間も広がり、朝から日没まで気合いの入った気の抜けないすばらしい撮影日和でした。神経ぴりぴりでとても疲れました、ここのPC打つのもようやっと‥‥‥‥。

緑のじゅうたん

DPP07DA0604131152.jpg
早朝から気合いを入れ潮の匂いのする某所を1/2回ってきました、残る半分は明日回ってきます。気合いを入れて行ったのですが思いのほか早朝は寒かったですね、しかし思いも寄らない収穫が‥‥‥大変おいしゅう頂きました・・・ごちそうさまでした。山(湿原)にばかりいると、た〜まに嗅ぐ潮の匂いがたまらなく写欲をかきたて気合いが入ります。特に今日のグリーンはやわらかくてやさしい色でどことなく、ホッ・・とします(腹が減って草を食ったわけではありませんので・・あしからず。)さあ〜明日も気合い入れて がんばんぞぅ・・・。

ようやく・・春

DPP07DA0603120555.jpg
少し遠出をして某所を一回り‥‥‥‥一昨年産まれた亜成鳥、昨年産まれた幼鳥などずいぶん目に付きました。今、至る所で畑の作業が急ピッチで行なわれておりますタンチョウ達はその度あっちの畑、こっちの畑と移動しているようです。いわゆる厄介者「野良鶴」状態ですね、あまり目立って畑を荒らすようだと「害鳥」のレッテルを貼られてしまいます実際一部ではそのような所も出ています。内心的にタンチョウには悪者にはなってほしくないですね。明日、明後日遠征してきます、しかし明日は雨模様・・・自分的には嫌いではないです。

想い

DPP07DA0602150B07.jpg
今日は午前に会議があり午後からまた一つ会議があり撮影行無しの一日でした。今日のUP画像は季節外れの作品です。なんか予報によれば明後日雨が降るようですね・・・少し期待してるのですが、はたして‥‥‥‥。それにしても今の政治どうなっちゃてるのでしょうか ? ふれないでおこうと思ったのですがついつい‥‥‥‥? ? ? 。

6月の霧

DPP07DA0601150153.jpg
今朝も霧が鶴居村全体を覆い幻想的な情景を演出してくれました。今、酪農家ではデントコーンの種まきが盛んに行なわれていてタンチョウ達は一時どこかへ避難?したようであまり見かけなくなりました。作業が終ればまた戻って来て植え付けた種をほじくるのでこの時ばかりは私もタンチョウを畑から追い払います。冬場にタンチョウを追い払うようなことをすると大変なことになりますがこの時期は食害対策の名目で公にOKなのです当然ボランティア作業です。

ウェブページ

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2010年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年5月です。

次のアーカイブは2010年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。