2010年4月アーカイブ

雄のエゾシカ

DPP07DA041E122F29.jpg
昨日は一日中雨降りでゴールデンウィークの出鼻をくじかれてしまった感じです。当然予測はしていたのですがこうもガッツリ当たるとね〜ぇ‥‥‥‥おかげでPCに張り付いてデーター処理していました。今日のUP画像でエゾシカの背景にある白樺の枝が折れて無惨な姿を見せております。実は人為的に折ったのではなく4月のドカ雪の重みに耐えられなくボッキリいってしまったんですね、自然の庭師は実に『いい仕事していますね〜』このぐらいの折れ方だと今後幹に養分が運ばれしっかりした樹木に育つはずです。やっぱり自然のやることに無駄は無いですね・・・。

雄阿寒岳を背景に

DPP07DA041D0B0D03.jpg
明日からいよいよゴールデンウィークが始まります、しかし出ばなをくじかれるような天気予報です。明日は終日雨降りで当然気温も低く寒い一日になるようです。神奈川から来られるO氏が今夜到着予定ですので今回すばらしい作品が取れるように気合いを込めて米汁でエールを送りたいと思います。ハイ

丘の道

DPP07DA041B123939.jpg
道ばたではふきのとうが沢山顔を出し、水辺ではクレソンとセリが青々と茂っています。エゾシカにとってふきのとうはあまり好物ではないらしい‥‥‥‥この時期道ばたには掃いて捨てるほどふきのとうが出ていますがエゾシカはあまりふきのとうが好きではないらしくほとんど食べられた後はありません、灰汁が強いことは強いのですが味覚的に苦みを感じるのでしょうね。冬の間雪の下になって枯れたフキを食べているのはよく見ますがね。6月になるとエゾシカも夏毛に生え変わりきれいな鹿の子模様になります。

夕焼け映す

DPP07DA041A151E02A.jpg
増水していた湿原の流れもようやくいつもの流れに戻り水鳥達もゆったりしたいつもの静けさを取り戻しました。これからゴールデンウィークに入るとドドッと人間が増え、また違った慌ただしさになります。自分の本格的な撮影はゴールデンウィーク明けまで小休止です‥‥‥‥。

縄張り争い

DPP07DA041A150351.jpg
湿原ではタンチョウ達が縄張りを主張して長時間いがみ合いをしていました、このタンチョウ達実は道路と河川を隔てて三家族6羽が入り乱れてのけっこう激しいバトルでお互いかなりしつこくやり合っていました。そうですよね自分たちの生活する重要な湿原が他のタンチョウに取られるかどうかていう瀬戸際ですからねそれは気合いはいりますよ。

ひとりぼっち

DPP07DA0418120020.jpg
4月後半ともなると総会が近いため毎年役員会や理事会が連日のようにありいつもと違った忙しさです。今朝も主なポイントを一回りしてきましたがこれと言ってブログに登場させるようなニュースも無く早々に戻りCoffeeタイム‥‥‥‥。今日の特記すべきことは午前9時から鶴居村の清掃の日で毎年行なっていますが、私は日頃の感謝を込めて鶴見台周辺と音羽橋周辺を清掃してきました。昨年と比べるとゴミの量が少ないように感じましたがまだまだゴミゼロにはほど遠いですね、またタバコの吸い殻も相変わらず多いですね。午後からは鶴居村タンチョウ愛護会の役員会もありまして5月一杯まではボランティア精神で鶴居村の為に気合いを入れます‥‥‥‥‥。UP画像は今月撮影のストックからです。

もうすぐ北帰行

DPP07DA0417120460.jpg
湿原で羽を休めていたオオハクチョウ達は徐々にシベリア方面に北帰行していっています。背景に広がるのは高層湿原によく生えているエゾイソツツジです6月に入ったら白い可憐な花が咲くでしょうね。釧路湿原を流れる釧路川では釣り人がやたらと目に付きますね雪解けも進み水も温んで温んできっと成果があるのでしょうね。明日の天気は午前中晴れのち曇り。さてさて・・・。

バイケイソウ

DPP07DA0416163759.jpg
昨日積もった雪もほとんど融けて山陰に残雪が所々のこっている程度です。根室方面のとある繁殖地ではこの雪解けを待っていたかのようにタンチョウが包卵に入ったようです順調にいくと5月下旬にかわいい雛誕生になります、無事育つといいのですが。

エゾユキウサギ

DPP07DA0415161318.jpg
いったいいつになったらこの北の大地に春が来るのでしょうか。昨夜からの積雪12〜3センチまあ〜この時期の雪としては特に珍しいわけではないんですけどね、気持ち的にせっかく根雪が融けて春の芽吹きが出てきたところにこの雪・・・当然気持ちがネガティブになってしまいます、しかし自然界で厳しく生きている野生動植物にとっては『こんなの普通、当たり前どってことない。』なんて思っているはずです。こんなことを考えるのは人間だけでしょうね。

冬に逆戻り

DPP07DA0414152402.jpg
釧路湿原も根雪が融けてゴールデンウイークを待つのみとなっていたところに今日の雪です、気温こそ1℃ですのでさほど積もらないと思いますが今現在もモソモソと音を立てるように降り続いています。UP画像はタンチョウの塒で有名な音羽橋をご存知の方はたぶん解るでしょうね、音羽橋近くの牧場にある私の大好きな『樹』です、このブログで何度も登場しています明日は雨の予報です。さて、さて‥‥‥‥、

春霞

DPP07DA0413140723.jpg
冬の間タンチョウの保護区として立ち入ることの出来なかった雪裡川沿いを歩いてみました。この地区は昭和40年代までは釧路湿原の一部分でしたが草地改良によって今は牧草地になっています、しかし至る所から湧き水が流れ出し越冬期のタンチョウの重要な自然の餌場となっています。その小さな流れに今年孵化したばかりのシャケの稚魚がたくさん泳いでいます、それを狙ってカワセミがダイブしていました。UP画像はストックからです。

Kushiro Marshland

DPP07DA0412121A34.jpg
春の花、福寿草がそろそろ終わりネコヤナギも花粉を飛ばし始め今年初のエゾリュウキンカが一輪だけ黄色い花を咲かせていました。枯れ色の湿原にグリーンの葉と鮮やかな黄色い花がひと際目立って咲いていました。雪も消えもうそろそろ氷河期の生き残りと言われる釧路市の天然記念物に指定されている『キタサンショウウオ』の産卵が始まる頃です。宝石のサファイヤのように光る卵は未知の世界を思い起こさせます。

春待つ

DPP07DA0411112927A.jpg
今日も湿原で交尾行動の時に鳴くタンチョウの声を聞きました。湿原の全体はまだ茶褐色ですがよく見ると湧き水がこんこんと湧き出ているところはうまそうなクレソンやわさびがが青々と芽吹いています。しかし今年は日中でも気温が上がらずとても寒い日々を過ごしております。今朝は車のフロントガラスが真っ白く霜で覆われすぐ発信することが出来ずいらいらでした。明日も終日気温一桁の寒い一日になりそうですね。

北帰行

DPP07DA04110E0E04.jpg
越冬で来ていた冬鳥達もそろそろ北へ帰って行く季節になりました。釧路湿原ではエゾアカガエルがとてもうるさく鳴いています、もうそろそろ産卵時期でしょうねこのカエル達はタンチョウ達のフルコースディナーのメインディッシュです。しかし画像のオオハクチョウ達はカエルは食べません。

野良鶴・・・

DPP07DA040F131232A.jpg
鶴居村を一回りしてみると結構な数の『野良鶴』(番い形成出来ない若い鶴)が目に付きます。これから畑の耕作時期になってきますが毎年こいつら『野良鶴』たちが畑に入り込んで植え付けたばかりのトウモロコシをほじくったりして悪さをします。今日は風が強く寒い一日でした。

キンクロハジロ

DPP07DA040F121C33.jpg
今日の画像『ネグセ鳥』言われてみれば本当にネグセですね‥‥‥当人にはかわいそうですがね。さて、明日からHOTEL TAITOも心機一転‥‥‥なんて 特に大きくリニュアルした訳ではなく全客室のウオッシュレットを新しくしたことと、ボイラー設備を一部新しく入れ替えしたくらいですが‥‥‥ゴールデンウィークから夏観光にむけ徐々に気合いを入れて行かねば‥‥‥‥。

鶴のタマゴ・・・?

DPP07DA040D0F1C03.jpg
冷たい雨がしとしと降る寒い一日です。今日の昼過ぎあのうわさの『太陽のタマゴ』が航空便の超速でこの鶴居村にやって来ました。(たぶん鶴居村に太陽のタマゴがやって来るのはお初かと‥‥)丹頂鶴の卵(長谷製菓)、ねこのたまご(松竹屋)は見たことも食べたこともありますが、太陽のタマゴを食えるとは‥‥一口の値段はいったい・・・胃袋がびっくらこいて腸捻転起こすかもね‥‥‥。まずご先祖にお供えして、ブログ用の写真を撮って、TAITOのスタッフにお披露目してから(14日までTAITO休館)ちゃんと食わせますョ‥‥今週末頃か・・・・。今日は暗い天気の鶴居村でしたが、ぱぁ〜っと明るい話題のTAITO周辺でした『太陽のタマゴ』。今日の撮影はTAITOの厨房にてUP画像。

湿原増水中

DPP07DA040C130144.jpg
数日前に降った雪が上流域の融雪を誘ったのか二三日前から湿原の水位が上がり、タンチョウの巣が数カ所流され悲しいことに放棄してしまったようです。しかし、まだ4月ですのでこれからもっと安全な場所でまた包卵するでしょう。私の知っている一番遅い包卵時期は7月でしたのでまだまだ余裕ですねまったく問題ないと思います。明日から天気が崩れる予報です‥‥ちょっと心配です。

霧のカラマツ林

DPP07DA040B113829.jpg
今朝は霧に覆われた幻想的な朝で残雪の森がいい表情を見せてくれました。天気のいい日曜日ともなると近郊から大勢のお客さんがTAITOの美人の湯に入りにきています。明日からHOTEL TAITOは設備点検のため三日間臨時休館となります大変ご迷惑をおかけ致します。尚、4月15日(木)から平常営業致しますので皆様お越しをお待ちいたしております。

青空

DPP07DA040A131F50.jpg
ほんとうに静かな鶴居村です‥‥、1月、2月の厳冬期の賑わいが嘘のようです。これからO氏と"久保田"でミィーティング・・・?明日のすばらしい出逢いを祈って‥‥。UP画像はストックからです。

湿原夜の帳

DPP07DA0409141232.jpg
夕方、湿原に撮影にというより散歩に出かけてみました。いいですね〜この静けさ。あまり収穫は無かったのですが確実に春が近づいて来ているのがわかります。数日前にタンチョウが二羽で行動していたのが今日一羽しか確認出来ませんでした、きっと包卵を始めたのでしょう。さてさてHOTEL TAITOから業務連絡です今月、4月12日(月)、13日(火)、14日(水)の三日間は設備点検のため臨時休館致しますのでどうぞ宜しくお願い致します15日(木)からは平常営業致します。ちなみに私はホテルで画像データー整理しておりますので三日間は出かける予定はありませんので立ち寄られる方はどうぞお越し下さい。

ヤチハンノキ

DPP07DA0408141C04.jpg
昨日午前8時頃のコッタロ湿原の画像です。昨日の雪はすっかり融けてしまい今朝の撮影に今ひとつ気合いが入らない状況で朝の撮影に走り回ったのですがほとんど収穫はなくそうそうに切り上げコーヒーを飲みながら新聞を‥‥‥‥‥やはり撮れる時に撮る!。 また今度撮る・・・・写真に今度は無い。『今を撮る』これが写真です。

春の雪化粧

DPP07DA0407132C39.jpg
昨日夜半から降り出した雪は今朝の6時頃まで降り続き15センチほども降り積もったでしょうか。水分の含んだとても重たい雪で車の運転も下りの山道では止まらなく数回ヒヤッとしました。めっきり姿が見えなくなってしまったエゾシカ達はこの雪でまた山から逆戻り‥‥‥どっぷり雪を冠った湿原のあちらこちらに何となく面を食らったエゾシカ達がキョトン・・・『なんか文句あるか・・・バカヤロー』と言いたげにこちらを見ていました。これだけ降り積もった雪も午後3時頃にはほとんど融けてしまい山陰に少し残こる程度です。明日の湿原や河川は結構な増水ですねきっと‥‥、タンチョウの包卵に影響が出なければいいのですが。

滑走路・・・?

DPP07DA04070A1F27.jpg
雪解けが進み草が顔を出した道ばたでは秋に落ちこぼれた種や越冬から目覚めた昆虫などを探して居るのでしょうか?。めったに車の通らない田舎道は歩きやすい為なのか簡単に採餌出来るからなのか、道路上で観察する回数がやたらと多くなりましたね事故に遭わなければいいのですが‥‥‥。いま外ではボソボソと(音は聞こえませんが…)大粒の雪が降っています、明日はきっとすばらしい風景になるでしょうね。

若いエゾシカ

DPP07DA0405143901.jpg
鹿牧場かと思うほどあんなに沢山いたエゾシカ達は湿原の雪解けとともに森に移動したのでしょうね、今はめっきり数が減ってしまい少し本来の静けさを取り戻した釧路湿原です。観光客やカメラマンにもほとんど会いません、しかし今月下旬になると山菜採りの人達がギョウジャニンニクやクレソンなどを取りに出て来ます、それまでほんのわずかの静寂です毎年この静寂がたまらなく好きですね‥‥‥色も無く殺風景な「普段着」の釧路湿原いいですね〜。

威嚇

DPP07DA0404122260.jpg
今日の画像はタンチョウの番ではなく雄どうしの結構激しい威嚇です。隣同士の縄張りを巡っての『仁義無き戦い』てなとこでしょうか、しかし血は見ても人間みたく殺し合いまでエスカレートすることはありません。時間にして40分ほどの抗争劇でした。手前の柳の木が牢獄の鉄格子を連想し高校時代はやっていた菅原文太、高倉健、鶴田浩二のやくざ映画を思い出しました。友達と映画館から出て来てすっかり主人公になったつもりで肩をいからせて道の真ん中を首を前に突き出し猫背になって歩いたもんです(笑)。網走番外地もその時代でしたね。あれからもう40年・・・・・。

雪解けの湿原

DPP07DA0403131308.jpg
湿原の雪解けはだいぶん進み至る所で水が溢れ出しております。今月下旬近くになるとエゾアカガエルの産卵で湿原がにぎやかになるでしょうね、それまでは北帰行の中継地として集まって来たオオハクチョウやヒシクイ、カモ達の楽園て〜とこですかね。タンチョウ達もそろそろ包卵の季節です(すでに包卵に入った番もあります。)不用意に湿原に近づけないですね、放棄してしまったら大変ですから。

牧草ロール

DPP07DA0402132731.jpg
今朝の鶴居村周辺は霧がかかり幻想的な風景が広がっておりました。気温も徐々上がって行き日の出2時間もすると音も無くすーっと何事も無かったように引いて行来ました。あすも晴れ、さてどこに行こうかな。

落ち着く風景

DPP07DA0401122460.jpg
さぁ〜今日から新年度4月ですね。しかし今年は雪が多いせいか何となく4月な〜んて気がしませんね、話は変わりますが今日のUP画像私、個人的にはとても好きな風景と言うか大好きな撮影ポイントでこの方面に行った時は必ず立ち寄るところです。人それぞれ感じ方が違います例えば味にしてもこれはおいしい蕎麦だねという日もいれば、こんなまずい蕎麦始めて食べたと言う人もいる。味に関しては食べた人の口に合っているか、合っていないかだと思いますね。写真に関しても自分は癒される落ち着ける風景だと思っているが別の人は何とも思わない風景かもしれない。人それぞれ色々な感じ方表現の仕方があっていいと思います。人は皆それぞれ個性という『オンリーワン』ですから。

ウェブページ

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2010年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年3月です。

次のアーカイブは2010年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。