2009年11月アーカイブ

釧路湿原北葦光る

DPP07D90B1E150A24.jpg
北の大地を白一色に覆ってしまう根雪は今のところまだ降りそうにありません。例年だとクリスマス近くの12月下中には北の大地を白く覆うはずです。さて、あすの天気予報は晴れの予報です。

初冬?のサンクチュアリ

DPP07D90B1E130807.jpg
一度降った雪もすっかり解けてしまい今は晩秋の佇まいです。サンクチュアリも多いときで150羽ちかく集まって来ています、それに伴いタンチョウに見せられたカメラマン達も沢山来ています。

DPP07D90B1C111354.jpg
天気予報がうまいぐあいに外れ、未明から快晴となり日の出にはすばらしい太陽が昇りました。さすがに11月末の土曜日ですねカメラマン達が暗いうちから集まって来ました。明日はきっと大勢のカメラマン達でサンクチュアリはごったがえすでしょう。みんな楽しくトラブル無くいい写真を撮って下さい。

雪の湿原

DPP07D90B1B161105.jpg
今朝はそこそこの積雪を期待していたのですが2〜3センチほどしか積もらなく中途半端な状態だったので湿原に様子を見に行って来ました。やはり湿原も例外ではなく今ひとつピ〜ンと来るものも無く早々に引き上げPCに向かいセミナーに使う画像確認等をしておりました。話はがらりと変わりますが昨日村理事者との懇話会があり、気がついた時にはすでに曜日が変わっておりました‥‥‥‥‥‥UPできず誠に申し訳ありません。今後なるべくこのようなスッポカシが無いようにする気持ちではおりますので今後ともなが〜い目で見てやって下さい。

CO2

DPP07D90B19110140A.jpg
最近鶴居村でもよく目にするのが『CO2』です、ついにこんな看板が現れました。タンチョウの知名度なんて言うのはもう世界的なものでしょうし、タンチョウに対するイメージも悪いイメージなどはありませんよね。最近企業イメージなんちゅうのも重要な要素になって来ていますね。

朝の余韻

DPP07D90B190E1416A.jpg
今朝の鶴居伊藤タンチョウサンクチュアリにも大勢のカメラマンが来ていましたが肝心の役者達は(二羽をのぞいて)ねぼうをこきまして‥‥‥‥‥遠く本州からも大勢来ているのに‥‥また札幌から車で6時間もかけ夜中をかけて来た方々には誠に気の毒な話でして、タンチョウ達に言って聞かせられるのであれば『まじめにやらないと冬の給餌を半分にするぞ』なんてね。こういう事があるからこそいい写真が撮れたときの感動が大きいんですよね。

鮭の終焉

DPP07D90B190D3809.jpg
今鶴居村を流れる『鶴居芦別川』では秋味(白鮭)が最後の力を振り絞ってよれよれぼろぼろになりながら四年の歳月をかけて子孫を残す為だけに遡上し産卵します。まだまだ元気なもの、すでに産卵を終え命をまっとうしたもの産卵する前に他の動物に食べられてしまったもの‥‥‥‥このような光景を見ていると人間はいかに楽をしているか‥‥特に自分 ! 。

求愛ダンス

DPP07D90B16111A45.jpg
今朝の鶴居伊藤タンチョウサンクチュアリには暗いうちからカメラマンがぞくぞくとつめかけ日の出頃にはすでにフェンス沿い(三脚をセットする場所)は埋まり道路沿いまであふれておりました。私は遅く行きましたので道路沿いの歩道からの撮影でした。ギャラリーが多いせいか役者達はサービス精神旺盛でダンスは長い時間するは鳴き合いはそこそこするはでカメラマン達はそこそこ満足出来たのではないでしょうか。明日もきっと大勢の方々が来られると思います皆さんいい思い出を持ち帰ってほしいです。

DPP07D90B15143619.jpg
鶴居伊藤タンチョウサンクチュアリでは40数羽のタンチョウが採餌に来ていますが積雪がほとんどないので近くの畑にも分散している状況です。日が沈む15時30分頃になると畑に散っていたタンチョウ達が集まり優雅にトウモロコシをついばみ三々五々ねぐらに帰って行きます。up画像は西の空に日が傾く頃つがいのタンチョウが仲良く採餌しまもなくねぐらに飛び立った。

釧路川遡上

DPP07D90B15111815.jpg
釧路湿原国立公園の東側を流れる釧路川をこの時期になると海から一斉に堰を切ったようにウグイが遡上して来ます。毎年この光景を見るともうそろそろ本格的な冬が来るななんて思ったりします。天気予報どうりで日中、4〜5センチほどの雪が降りましたが数時間でほとんど解けてしまいました。きょうから三連休カメラマンや観光客が大勢来ますね。

しばれる日

DPP07D90B14073A24.jpg
今朝はしばれたね〜地元ではまず第一声の挨拶です。撮影していても手がひゃっこい(冷たい)なんちゅうこんでないべさ‥‥‥。本当にもう冬装備でなければ撮影に集中できないくらいに朝の冷え込みが強くなりました、この連休にタンチョウの撮影を計画している方は是非冬装備でお越し下さい。

水滴

DPP07D90B12140751.jpg
朝、曇り空から始まりその後晴れそして午後になり曇り出したかと思いきや雪が降り出し最後に夕日になりとても忙しい天気でした。これから札幌と津別から来た友人と‥‥‥‥。一献

DPP07D90B10122E31.jpg
このところ鶴居村を含め周辺では道路工事や大規模な草地改良事業が急ピッチで進められております。なにもこんな雪が降る季節にやらないでもっと暖かいときの方が費用も抑えられるし、その方が当然いい仕事ができるでしょうにねぇ〜。繁殖地から戻って来たタンチョウ達もダンプカーが何十台もねぐら周辺を走り回っているのを見てビックらこいているでしょうね。今日のUP画像は12月5日に行なわれます『第2回 デジタル・フォトセミナー』のパンフレットです札幌周辺の方時間がありましたらいらして下さい。申し込みは E-Mail : info@northfinde.jp まで。ここ最近撮影した作品をお見せする予定でおります。

晩秋に飛ぶ

DPP07D90B10112A08.jpg
今年も残すところ一月半になりましたあっというまに一年が過ぎてしまう感じがします。この時期になると喪中はがきが来ます‥‥‥へぇ〜あの方が亡くなった・・・、若い頃からお付き合いしている写真家の方やホテルTAITOの常連さんなど‥‥‥本当に寂しくなりますね、気にした事もありませんが自分もそのような年代になって来たと言うことでしょうね。気合いだけでは追いつかなくなって来ますね、かけ声もそのうち必要に‥‥どっこいしょ・・どっこいしょなんてね。ジジィ〜になってもババァ〜になってもみんな楽しい関係でいたいですね。これからもじじばばが全国から集まって来れるホテルTAITOでありますように。 喪中はがきを見ていたらついシミっぽくなりました申し訳ありません。さぁ〜気合いだ どっこいしょ。

冬支度

DPP07D90B0F151C53.jpg
昨日は来年度のカレンダーの校正をデザイナーとやっていて米汁も手伝ってすっかり今日になってしまいました。ブログUPできずに申し訳ありませんでした。今日は早朝撮影したもののあまりピーンと来るものが無くそそくさと退散して来ました‥‥‥‥天気も今日の私と同じではっきりしない‥‥‥‥‥‥く く く。さあ〜明日は‥‥最近・・・が入らなくて。

大好きな丘

DPP07D90B0D141931.jpg
雨がしとしと降る寒い一日でしたここ二三日の風でカラマツの紅葉はもうほとんど落ちてしまいミズナラの赤茶色に枯れた葉だけがしぶとくまだ枝にぶら下がっています。今の季節になると毎年思うのですが気持ち的にも風景的にもなんとなく寂しいと言うか落ち着き払ったというかそんな感情になります。明日も雨の降る寒い一日です。

霧幻

DPP07D90B0D130147.jpg
どんよりとして朝から気合いの入らない天気とそれに比例して自分の写欲‥‥‥‥。こうゆう日はPCの前にどっかり腰をすえてデーター整理などをやればいいのだが‥‥‥‥それもしないで只、ダラ〜ダラ〜こんな日ってすぐ一日が終わってしまう。‥‥‥‥こんな日があっても まぁ〜 いっか。

新雪

DPP07D90B0B111558.jpg
昨夜からの雨が今朝方になって雪に変わり牧草地などでは一面雪化粧しました。気温が高かったため道路に降り積もる事も無く次から次解けて消えてビシャビシャ状態です。明日の朝はたぶんブラックアイスバーンになっている事でしょう。毎年この時期が一番スリップ事故が多く発生するんですよね皆さん車の運転には十分気おつけましょうね。

北キツネ

DPP07D90B0A111849.jpg
あったかそうな冬毛のロングコートに身を包んだ鶴居村在住の北キツネです。とても精悍な顔つきをして一瞬立ち止まりこちらを見るなり足早に森の中に消えて行きました。納得するような作品は撮らせてくれませんでしたがこれが厳しい北国に暮らしている本当の野生なんだと妙に納得しました。明日は雪の予報です‥‥‥‥‥さみぃ〜なぁ・・・。

止まれ

DPP07D90B09123A14.jpg
最近のタンチョウは道路標識が解るのか道路をヒタヒタ歩いて来て『止まれ』の標識の停止線でいったん立ち止まり交差点を渡って行った‥‥‥‥ちゃんと左右確認したかどうかははっきり解らなかったが首をツッパリいかにも回りを警戒しているようだった。かたわれの相棒は何食わぬ顔で立ち止まりもせず渡って行っいっちまった。どちらが♀で、どちらが♂かは解らなかった。いやいや今日はいいもの見ちまったていう感じ‥‥‥‥? ! 。明日も天気が良くないです風が少し強いようです。

霧のロール牧草

DPP07D90B08102206.jpg
昨夜からかかり出した霧は濃くなったり薄くなったりしながらたぶん一日中釧路根室地方は覆われていました。この霧は夏の霧と同じで空全体を覆い尽くす霧というより濃霧です、当然湿度が高く気温もこの時期にしては暖かいほうでした。写真的にはとても面白いのですがメリハリが付きずらく単調な作品になりかねません‥‥‥タンチョウを撮っているのだから単調になるのはあたりまえ‥‥‥‥‥てか。明日も今日と同じくらいの濃霧が発生すると思いますよ。

霧氷

DPP07D90B07101450.jpg
今シーズン初の霧氷が付き所々霧もたなびき風景としてはまずまずの朝の状況でした。頭の赤い(
赤くないのもいますが)役者達の行動パターンが少しづつ変わって来ました、いつも来ていた所にまったく来なくなったり‥‥‥徐々に越冬パターンに変わっていってるのかもしれませんね。

霧に包まれる秋の草原

DPP07D90B06121719.jpg
今朝も昨日ほどでもないが一部霧に覆われた風景が広がるさほど寒くない朝でした。太陽が昇り始めるとかかっていた霧が消え始め幻想的な風景から一変して現実味を帯びたあまり色の無い北の大地が現れます、そうなるといっぺんに写欲が失われてしまいもう帰ってコーヒーでも‥‥‥なんて思ったりしてしまいます。これから北の大地が白く覆われるまで色の無い日々が何日続くのでしょうか?、早く白くなってもらいたい反面、除雪の重労働のことを考えると早すぎてもな‥‥‥‥‥‥なんて考えてしまいます。どちらにしてもそこそこでお願いしたいものです。なんてお願いしてそうなるのであればだれも苦労はしないですよね。

霧日

DPP07D90B05111414.jpg
昨日の予報では今朝は曇りでしたので朝6時に家を出ておもだった撮影ポイントを回りました、行く所行く所これがすばらしい霧が入っていて自然の演出に感謝感謝です。今朝の撮影は時間も忘れ気がついたら9時を回っていました久しぶりに撮影に集中しました。

朝焼の空

DPP07D90B04130825.jpg
今日のようなすばらしい朝焼けを見たのは何日ぶり、いや何ヶ月ぶりだろうか記憶に無いくらい前の事だ、私の記憶ほどあてにならないものは無いだろうが‥‥‥‥。ここに役者が居たら何も言う事はなかったのにこればかりはどうする事もできない。また朝日の素晴らしさに対して夕日はというとまったく地味ないつ夕日だったの‥‥‥なんて思うくらいのみすぼらしさでした。明日の朝日に期待して‥‥‥‥ !

白樺彩終章

DPP07D90B03131613A.jpg
今朝は氷点下10℃まで下がり車のフロントガラスはガリガリ溶かすのにけっこう難儀しました。撮影もいい加減な簡易的な防寒着で中途半端なスタイルで出かけましたところ‥‥‥堪えたなんちゅうもんでなかったでした。気持ち的なもんもあるのでしょうが‥‥これで雪が積もってしまえばこうは思わないのですが。サンクチュアリにもタンチョウが徐々に集まり出しカメラマンも今朝5〜6人来ていました。

サビタ

DPP07D90B03083041.jpg
今日はこれと言って脳裏に残るような作品がほとんど撮れずに一日が終わってしまった。今年夏頃からデジタルカメラで撮影した作品の出力を少しづつしているがこれがなかなか前に進まず足踏み状態だった。ここにきて季節が『秋の夜長』となりそれなりに時間が取れるようになり(ヨッシャいっちょうやるベか)なんて気合いを入れてみるも‥‥‥ほとんどカラ気合いで終わってしまうのがオチ。いつの間にか夜のミーティングになっちまい脇にはいつも米汁が鎮座‥‥‥‥ ? ! 本当に気合いを入れねば。

カラマツ朝日に燃える

DPP07D90B01112551.jpg
昨夜からしとしと降り出した雨は今日一日中しとしとグズグズ今現在も降り続いています。11月初の日曜日だというのに出ばなをくじかれた感じです日中の気温も上がらず5℃前後で結構寒いですね。ホテルの暖房は先月末よりしっかり入っていますので館内は寒さ知らずでとても快適です。また寒い季節の温泉がなんとも言われずいいですね。特に露天風呂が‥‥‥‥‥ ! 。今日のUP画像はストックからです。今夜もたぶんミーティング‥‥‥‥札幌のK氏、神奈川のO氏‥‥‥‥‥‥と。

ウェブページ

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2009年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年10月です。

次のアーカイブは2009年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。