2009年8月アーカイブ

北の涼しい風

DPP07D909010C3736.jpg
今日はストック画像から今年4月撮影の涼しい風を送ります。そもそも4月の繁殖期にこの雪がタンチョウを始め色々な生物に少なからず大きなな影響をもたらしました、雪のお陰で包卵をあきらめてしまった番、ひと月も産卵が遅れてしまい子育てに影響が出てしまった番などなど。台風も通り過ぎたようです致命的な被害は無かったようで まずは良かった良かった。

マイケル・ケンナ展覧会

DPP07D9081E0E1926.jpg
私が待ちに待ったイギリス出身アメリカ在住の風景写真家『MICHAEL KENNA』の展覧会が釧路道立芸術館で昨日オープニングのテープカットが行われ私も臨席させていただいた。ケンナの作品はこれまで日本の風景写真家が表現して来た作風とはかけ離れたケンナ独自の世界を創造させたまったく新しく新鮮なすばらしい作品に感銘しました。日本人が昔持ち合わせていた『心』を思い起こさせる『心像的』な作品群です。ケンナの作家性や人間性そしてとてもやさしいくナイーブな人柄が作品を通して見て取れます。この展覧会は11月11日まで行われますので是非会場に足をお運び下さい。(一般大人?600円)1,200円でも安いと思います‥‥‥。たぶん私は会期中に3回は行く事になると思います。

DPP07D9081D121F14.jpg
5月27日のブログ画像に出ている雛がこんなに大きくなりました、自分があのとき通りかからなかったら‥‥たぶんこの雛はこの世にはいなかったかもしれません。そんなアクシデントがあった雛がこんなに成長した姿を見るととても良い事をしたななんて自分一人 悦に入りますね。一つだけ気になる事が‥‥‥君たち ! 『つるのおんがえし』忘れていないだろうな‥‥‥? ! こんな事を考えているようだと恩返しなどある訳が無いだろうがバカタレが・・・・・。明日の早朝の気温は一桁の予報ですヨそろそろダウンの用意をしなくては。

タンチョウロード

DPP07D9081C122A4A.jpg
タンチョウの世界ではもうすでに秋が始まっているようです、春から平穏に暮らしていた番のテリトリーに他のタンチョウが入って来て毎日のようにいがみ合いが行われています。写真的にはとても面白いですが当人(タンチョウ)は絶対に獲られまいぞと必至の思いでテリトリーを守っているのでしょうけれどもね。

クモの巣

DPP07D9081C121C00.jpg
霧のかかる日はクモの巣がとても興味をそそられます、一晩にして芸術的なと言うかアート的なと言うかこんなクモのどこにこのような才能が‥‥‥‥弟子入りしたいほどです(笑)。

朝の霧

DPP07D9081A153705.jpg
今朝も素晴らしい霧がかり気温は6℃まで冷え込みました。確実に秋に向かって一歩一歩近づいていますね。今日はち〜と疲れたのでもう寝ます。

初秋の霧

DPP07D90819120940.jpg
今朝の気温は今シーズン最低の12℃まで下がり湿原全体に放射霧が出て幻想的な素晴らしい風景を見る事が出来ました。低層湿原ではサワギキョウの花が咲きだし徐々に秋の花に衣替えしてくるのでしょうね。明日は今朝以上に冷え込む予報です‥‥‥楽しみです。

羽づくろい

DPP07D90818142428.jpg
一時行方不明になっていた(本人「鳥」は別に行方不明とは思っていないだろうが)『渡る君』の姿を数ヶ月ぶりに確認出来たとの朗報が今日入りました。早速近いうちに確認して皆さんにお伝え致します飛べるようになっただろうか、他のタンチョウからいじめられていないだろうか?。心配や悩みは必ず付いて回りますね。

秋の気配

DPP07D90817151D05.jpg
鶴居村にも秋の気配がしだし気の早いタンチョウはもう里に来だしています。秋になると鶴居村タンチョウ愛護会や観光協会等の環境整備が有ります。明日さっそくタンチョウサンクチュアリの草刈りに出動です、なんせ皆さん高齢で老人クラブと掛け持ちの方が多いくらいですので私なんかは皆さんから見るとまだまだ若手の鼻ったれ小僧です。鶴居村にタンチョウの撮影などに来られる方々の為に一つ気合いを入れて来ます。

霧のとうもろこし畑

DPP07D90816120728.jpg
今日の画像はようやく穂が出た牛の飼料となるデントコーンというとうもろこしです、今年の天候不順で発育が例年より一週間〜十日遅れているようです毎年10月の一周目に刈り取るのですが今年はどうなる事やら‥‥‥‥。秋の紅葉も今年ほど天候の悪い年はあまり記憶に無いのでどんな紅葉を見せてくれるのか気になるところです。

湿原を歩く

DPP07D90815153442.jpg
今朝は南からのなま暖かい風と雨が早朝から吹き荒れましたが夕方にはすっかり雨と風もおさまり今は強い濃霧に覆われています。この分だと明日の朝まで濃霧が残りそうですのできっとすばらしい風景に出逢えるでしょうね、明日は一日晴れとのこと。

母さん鹿と子鹿

DPP07D90814131B45.jpg
今日はビックニュースをお伝えします、HOTEL TAITOら歩いて十分の所に冬場カメラマン達がお世話になっている『鶴居伊藤タンチョウサンクチュアリ(給餌場)』がありますが、そこを今日の午後1時30分頃一頭のヒグマが移動して行ったとの事です。やはり今年は冷害で餌の確保が出来ないのかいつもの年寄りも移動が早いのかもしれませんね。明日は天候が荒れるようです。

DPP07D90813130D30.jpg
今日はストック画像から『残暑お見舞い申し上げます』。本州ではまだ30℃越えの暑さでしょうねこちら鶴居村は日中の最高気温が17℃で、とてもとても過ごしやすい毎日ですよ避暑に是非来てください。お盆が過ぎてしまったら気の早い北の自然は秋色に早々と衣替えですョ。

夏のエゾシカ

DPP07D9081211192A.jpg
以前にも書きましたがエゾシカが異常に目に付きますそれも今までない数が‥‥‥。今後の農業被害、森林被害がとても心配ですね‥‥ちなみに私も親父の後を引き継いだ林業家でもありますのでとても気になるところです。狩猟による間引きで適正な頭数に調整しようとしていますが‥‥‥狩猟者も高齢になり狩猟自体をやめてしまう人もけっこう出て来ているらしいです、もっと根本的な解決策は無いでしょうかね‥‥‥ ?。ちなみに私は鹿を撮っても獲ることは今後もありませんので ! 。

キラコタン岬の今日

DPP07D90811153320.jpg
早朝、霧の中を胸一杯マイナスイオンを吸いながらのトレッキングは何となく寿命がのびたかななんて思ったりなんかもします‥‥‥。そんな健康的な『釧路湿原体験ガイド』とても楽しいですよ。明日の最低気温は13℃, 最高気温は17℃お盆が過ぎたとたんに寒くなりましたね

クサレダマ(草連玉)

DPP07D908110A3801.jpg
お盆最終日の今日『ふるさと盆踊り花火大会』が村内外からの沢山の方々に来て頂き盛大の内に無事終了しまた。時折霧が架かる肌寒い日でしたが色々な方々の協力により各家々のご先祖様もたぶん満足して『あの世』とやらに花火の打ち上げに合わせて帰って行かれたでしょう。平成21年の夏もいつの間にか過ぎ去ろうとしています皆さん気合いを入れて行きましょう ! !。

君の行く道

DPP07D9080F152303.jpg
今年のお盆も残すところ明日一日となりました昨年8月に亡くなった親父もたぶん近くに来て見てくれているのでしょうね、忙しさにまぎれてまだ墓参りに行けていませんが‥‥‥この罰当たりが・・・!必ず明日にはハイ。明日は鶴居村の『仮想盆踊と大花火大会』です午後6時30分スタートで毎年盛大に楽しく行われます。私も運営で会場に行っておりますがたぶん暑いでしょうから『麦のホップをきかせた水』なんぞを飲みながら‥‥‥ハイハイそこそこにしときます。

採餌

DPP07D9080E160012.jpg
ようやく夏らしい天気になって来ました、牧草地では遅めの一番草の刈り取りが終わった所では仲むつましく番でミミズや昆虫などを探している姿を最近よく目にします。もうすぐお盆も終わってしまいますそしたら一気に秋にの気配になっていきますね、そうなると方々からタンチョウたちがこの鶴居村に集まって来ますよ‥‥字のごとく『鶴居村』です。

湿原に想う

DPP07D9080D163112.jpg
またまた欲しくはない雨がいい勢いで降って来ています、ですが明日午前中には雨も上がり午後に太陽も顔を出すようですね。あまりガツーンと太陽の暑い日差しはいりませんがね〜‥‥‥。

クサグモ

DPP07D9080C0F2E04.jpg
先ほどから雨がぽつぽつ落ちて来ています。急に蒸し暑くなりました湿度もけっこうあるようですね。
明日の天気予報は微妙で曇りのち雨のち曇り気温は15℃。雨さえ降らなければいいのですが。

DPP07D9080B152401.jpg
ここ最近、湿原の繁殖地から早々越冬にやって来たタンチョウの番の姿を目にするようになりました、雛の付いていない夫婦だけのタンチョウです。雛がいないのなら繁殖地(湿原)にいても仕方が無い‥‥‥と思ったのかもしれませんね。

牧草刈り取り始まる

DPP07D9080A153256.jpg
このところ天候不順だったので酪農家も一番牧草の刈り取りが出来ずやきもきしていましたが、ようやくと言おうかもう仕方なくと言おうか一斉に刈り始めました。花が咲いてしまっていますので牧草の栄養価は相当落ちてしまいます、当然乳価にも大きな影響が出ます。いろいろな所で色々な業種が少なからず影響を受けてますね。まずは衆議院選挙が終わらなければ‥‥‥‥いったいどうなる事やら。

野生の仲間たち

DPP07D90809133109.jpg
今朝出演願った役者達(笑)‥‥‥‥、特にタンチョウやエゾシカ達にはすばらしい役者ぶりを披露してもらい『湿原体験ガイド』に参加された皆さんはとても満足されたことでしょう。自然写真家でもなかなか出合えない野生達のいききとした行動を目の当たりに観察出来て、きっと忘れられないとても貴重な体験になったはずです。

霧の中で

DPP07D90808151939.jpg
今朝も朝霧が立ち込め幻想的な風景が見られキラコタン岬でも川の蛇行から先が霧に煙って何とも言われぬ心像と言うか神々しいと言うか時間を忘れて一人で ボ〜 としていたかったのですが湿原体験ガイド中でしたのでいたしかたありませんでした‥‥‥‥。明日も素晴らしい出逢いがありますように。

順調に雛育つ

DPP07D90807131952.jpg
HOTEL TAITOから車で10分程度の所で営巣したタンチョウの番は今年の天候とは裏腹に順調に子育てまっ最中です。親の子供に対する愛情や子供が親に甘える仕草を見ていると今の人間社会が情けなくなってしまいます。とかく人間が自然界の頂点に立っているような錯覚をしているようなところもありますがまだまだ自然や野生動物達から学ぶ事がたくさんあります。私もそのような目線で今後も接して行きたいと思います。

キラコタン岬からの眺望

DPP07D90806130217.jpg
今朝起きて一言‥‥‥ん ん、一面霧に覆われていて回りの景色が乳白色の中に見え隠れし素晴らしい幻想的な風景を演出してくれていた。やっぱり自然の素晴らしさを体験するには絶対に早朝がいいに決まっている。今日とても暑かったので明日もきっと素晴らしい『霧景』が見られるでしょう。

逆さタンチョウ・・・ ?

DPP07D90805142744.jpg
午前より雲間から太陽が顔を出し日中は青空も広がり暑かったですが久しぶりにすがすがしい気分になりました。畑の野菜類は成長が良くないと言う事ですが周辺の雑草の成長は相変わらず日に日に伸びてそろそろ草刈りをしなければならないです‥‥‥。

散歩日和

DPP07D90804133156.jpg
さあ〜HOTEL TAITOもいよいよ夏のかきいれ時になって来ました。いっちょう気合いを入れ業務にかかりたいと思います、湿原体験ガイドではタンチョウや野生動物見せて、湿原を案内してこの夏一番の思い出に残るようなすばらしくたのしいガイドに徹したいと思っております。ガイドは安全にお客様を楽しませてなんぼのものですので‥‥‥明日は曇り予報です最低気温15℃ 最高気温24℃。

湿原秋色・・・ ?

DPP07D90803113423.jpg
8月に入ったばかりだと言うのに一部の湿原ではもう秋の色に変わりはじめていますたぶん天候不順のせいなのでしょうね。今年の秋は『天高く馬肥ゆる秋』となるのでしょうか? 心配です‥‥‥。

家族

DPP07D90802131018.jpg
今年はもう完全に冷夏決定のようですね畑作農家は大雨と天候不順とても大変なようです。しかしどの中小企業にとってもこれだけ経済が落ち込んでしまっては‥‥‥今が踏ん張りどころでしょうかね。選挙が終われば日本経済にも光が差し込むなんて言っている向きもあるようですが‥‥‥‥期待したいところですが、さてどうなることやら・・・・今年の天気が示しているとおりなのかも‥‥ ?。毎日湿原やタンチョウに接していれる自分が一番しあわせ者なのかもね・・・ ? ! 。

遅い孵化

DPP07D90801132925.jpg
早めに孵化したタンチョウの雛はそろそろ飛ぶ練習をする時期です、しかし今日UPした画像のタンチョウは一回目の包卵(卵のときダメになったのか雛になってからだダメなったのかわかりません。)を失敗して二回目の雛なので今の時期としてはとても小さいです。しかし順調に育てば10月中旬には飛べるようになるので季節的にはまったく問題ありません。しかし足が少し悪いようです歩く時に片方の足を引きずっているようなのでとても心配です。今日の日中は青空も出てとても暑い日でしたが明日はくもりの予報です。

ウェブページ

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2009年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年7月です。

次のアーカイブは2009年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。