2009年7月アーカイブ

ねぇ〜ねぇ〜・・・

DPP07D908010A1204.jpg
昨日の訃報に少しショックを受けています・・・。今日のふるさと納涼まつり(ビアフェスティバル)の準備などで少し疲れましたので明日の湿原体験ガイドに備えて今日のブログは手抜きにてご勘弁を。

キガラシ咲く

DPP07D9071E160D33.jpg
今日訃報の連絡をもらいました。二十歳代からの付き合いでかれこれ三十年近くはなるでしょうか、元カメラ会社のM社につとめていてフリーになりアマチュアの方々の指導に力を注いでいましたYさんたぶん57歳。最近自分の親父含めて身近かな人達が次々亡くなっています、今年の天気のように気がめいってしまいます。ご冥福を祈ります。

緑のキラコタン岬

DPP07D9071D130A19.jpg
釧路湿原の聖地『キラコタン岬』は今年の天候が悪いにも関わらずようやく緑一色になり、そして早朝の霧が連日夢の世界を演出してくれ時折聞こえてくるカッコウやウグイスの鳴き声が現実を忘れさせ気持ちを落ち着かせリフレッシュさせてくれます、これが森林浴、森林セラピー効果なのでしょうかね。話は変わりますがあさって7月31日18時からホテルTAITO隣の鶴居村役場前庭にて毎年恒例の『ビアフェスティバル』が行われますこぞって参加を‥‥‥冷夏をふっとばそう !。

久しぶりの晴天

DPP07D9071C141A35.jpg
忘れかけていた釧路湿原の青空を今日久しぶりに見ました。夕日もそこそこ焼けて綺麗だったようですね(別件の仕事で夕日の撮影には行きませんでした)。やはり青空の下では何をやっても気持ちがいいですね特に今日はビールが飲みたかったですね‥‥‥もちろんまだ飲んでいませんよ、たぶんこれから隣町標茶町在住の写真家K氏と少したしなもうかなと‥‥‥少しだけ‥‥‥。あすもキラコタン岬‥たぶん霧に包まれた幻想的な素晴らしい風景が待っています‥‥きっと。

オオウバユリ

DPP07D9071B143723.jpg
『姥百合』(うばゆり)茎が伸びて花が咲く時に 葉(歯)が枯れてしまうことからウバユリの名がついた。昔おばあちゃんにこの鱗茎は、百合根として天ぷらや茶碗蒸しなどにして食べるとおいしいんだよ、なんて教えてもらった。未だに一度も食べたことは無いが‥‥‥機会があれば食べてみたいと思う。鶴居村周辺ではいまこの花が最盛期を迎えています、それにしても今日も 雨 雨 雨・・・・・。明日も・・・・?

エゾシカ‥‥豊作 ?

DPP07D9071A142711.jpg
今日という日は何十頭、いや何百頭のエゾシカを見ただろうか早朝の湿原体験ガイドから始まり夕方の撮影ガイドまで‥‥‥いるは、いるはどこに行ってもグリーンの中に明るい茶色に白い鹿の子模様が目立ちます。このところの雨で湿原の水位が通常より1メートルほど増水しているためエゾシカ達も移動しやすく、また簡単に餌にありつける湿原周辺部の丘陵地帯の牧草地などに集まって来ているのかもしれませんね。明日もぐずついた天気模様ですがグリーンが綺麗なのが救いです。

ありがとう

DPP07D907190C1922.jpg
九日ぶりのブログ更新です、総合病院に検査に行ったところ欲しくもない『インフルエンザー』(新型ではない)何ぞをいただき三十九度なる熱もおまけについて来まして大変な目に遭いました。今はほぼ元の状態に戻り昨日から湿原ガイドにも復帰しました‥‥やはりフィルドは自分に合っていますね。 ところで友人、知人、ホテルTAITOのお客様、またいつもしょうもない私のブログを見てくれている方、本当に大勢の方々からメールやらFAXやら電話やらいただき大変たいへんご心配おかけいたしました、心からお詫びとお礼を申し上げます。こんなにも沢山の方々がブログを毎日見てくれていることにあらためてビックリした次第です、本日からぼちぼちとUPして行きますので今後ともどうぞお付き合い下さいますよう改めて宜しくお願い致します。

在りし日の姿

DPP07D90710100326.jpg
昨日の「タンチョウ遊泳」画像は今日のブログにUPしたタンチョウと同じ個体です、昨日は雨の中元気にたくましく親と三羽仲良くほほえましい姿を確認していたのですが、今日・・・昨日とほぼ同じ所で雛が死んでいるのを発見しました。たぶんカラスが雛の頭を攻撃し致命傷を与えたものと思われます、親は動かなくなった雛に盛んに声を掛け呼んでいますが‥‥‥‥‥‥パニック状態になった親はとうまきに雛を見守るだけです。ちょうど居合わせた千葉のY氏に協力してもらい雛を回収し元タンチョウサンクチュアリチーフレンジャーのO氏と連絡を取りその後鶴居村教育委員会と釧路支庁が処理しました。長年タンチョウに関わっているとこのようなことに出くわすことがたま〜にあります。カラスも生きて行く為には仕方が無いことですが‥‥‥‥心情的には許しません !。 クッソ・・頭が痛い‥‥血圧が上がったかも。今日は最高の天気です・・・しかし今日はもう撮影には行かない。こんな気分ではいい作品なんて撮れるわけがないべさ‥‥‥‥! ! ! 。チョット興奮しました・・ご め ん な さ い。

タンチョウ遊泳

DPP07D9070F122349.jpg
雨の湿原‥‥やっぱり特別な綺麗さがありますね。心像的というか日本人的な奥ゆかしい美しさというかとにかく自分には合っています。撮影でフィルドに出る時は気持ち的には晴れている方がいいに決まっていますが『作品を創る』と言う観点から考えるとあまり天気にはこだわってはいないように思います。今日の湿原ガイドでは普段なかなか見られないタンチョウの親が羽を持ち上げて泳いでいる場面(画像)を見れて参加された方々はとてもラッキーでした、もちろんかわいい雛も見れましたョ。

キラコタン岬初夏

DPP07D9070E131716.jpg
朝から晴れ渡り青空に白い雲が浮び北国の初夏がようやくやって来ました !‥‥‥ と思いきや明日は北海道全域で雨の予報です、そして雨量も7月のひと月で降る量が明日一日で降る地域もあるようです被害が無ければいいのですが。

シロツメクサ咲く

DPP07D9070D143300.jpg
早朝しっとりした写真的にも悪くない天気でしたが7時過ぎ頃からぽつぽつ雨が降り出しお昼を過ぎる頃にはかなりの降りになり今現在もまだ降り続いていますので明日までには結構な降雨量になるでしょうねそしてこの前のように河川の増水が気にかかります。

水辺のアオサギ

DPP07D9070C151647.jpg
古くからの友人で写真の先輩でもある北海道在住の某氏と別海町野付半島まで花の下見を兼ねドライブに行って来ました。天気もよく程よく風もあり花の咲き具合もまあ〜まあ〜でしたがカメラマンの多いことにビックラこきました、よく見る顔や知らない顔や皆さんひしめき合ってタンチョウが花の中に入ってくれるのをひたすら待っているようでした。私も友人も大勢の中での撮影はあまり好きな方ではないので早々と引き上げ野付半島を後にした次第です。私は明日もキラコタン岬の‥‥‥‥人 ? になります。

霧の中の親子

DPP07D9070B150246.jpg
最近はキラコタン岬の鬼と化しています‥‥‥‥、毎日毎日同じ時間同じコースでお客様をガイドしています。あれ?「この石ころ昨日は無かったのに‥‥」「昨日ここで死んでいたトウキョウトガリネズミ今朝は居なくなっている‥‥」な〜んて毎日行っているから普通と違う発見が感じられます。しかし自分自身毎日行っても、何度行っても素晴らしい所です釧路湿原に来てこのキラコタン岬を知らずに帰ってしまうのはなんとももったいない話です。是非『湿原体験ガイド』に参加され行ってみることをお進めしますね‥‥‥ !。運が良ければ熊にも逢えるかも‥‥‥ ?。

黒毛和牛

DPP07D9070A153429.jpg
釧路湿原の北の入り口に乳牛のホルスタインを飼って酪農を経営している個人では規模の大きな牧場があります。いつもその牧場の入り口に番犬のようにこの黒毛和牛がいて湿原体験ガイドの時には必ず見送ってくれています。この牧場の若経営者に聞いたところでは正月用の自家用『肉』とのこと、何と贅沢なそして自分たちで食すのだから当然『安心』『安全』は言うまでもないでしょうね。これが本当の『地産地消』なのでは‥‥‥‥。

キラコタン林道

DPP07D9070A0F0806.jpg
騒がしかった夏鳥も子育ての最盛期を終盤に差しかかったのかだいぶ落ち着きを取り戻し森の中もゆったりとした時間が流れていると言った感じです。これから樹の葉も緑を濃くし暑い夏に向かって行くのでしょう、しかし森の中に入ると5℃は気温が低くとても快適で樹木の保つ不思議なパワーを感じます。

ファミリー

DPP07D907080E2805.jpg
先日、溝に落ちて助けたタンチョウの雛の話をこのブログ上でしました。今日の湿原ガイドの帰り道にとあるポイントでしっかり元気に育っているのをかくにんいたしました。『君には大きな貸しがあります』‥‥‥そのうちしっかり(鶴の恩返し)‥‥‥‥何はともあれ良かったです。

湿原の夏鳥

DPP07D90707161648.jpg
今日の日中の気温‥‥‥‥‥30℃近くまで上がりました、いやいやまったく予想もしていなかっただけにとても暑く感じました。なんか最近この時間になると睡魔が襲って来ます‥‥‥‥‥年でしょうかね。気合いを入れたい所ですがなかなか『気合いスイッチ』が入りません。

エゾシカの季節

DPP07D90706150F44.jpg
最近エゾシカの群れがずいぶんと沢山出て来ています。また朝のうちは霧が入っていますのでとてもムードのある絵が撮れます。湿原もすばらしい風景になって来ましたので湿原体験や撮影にいらしてみてはいかがでしょうか。今日暑かったですね〜明日も晴れで暑くなりそうですよ。

ショウマ‥‥‥?

DPP07D90705153613.jpg
今日は前会長の一周忌法要がありました、本当にもう一年にもなるのですね早いものです。まったく撮影はしませんでしたので今日のブログはストックからの画像です。今日は少々疲れましたので早めに就寝しましょうかね‥‥‥ハイ。

湿原体験ガイド

DPP07D90704150E37.jpg
今朝の湿原ガイドでは生後10日ほどのかわいいタンチョウの雛に出合え参加者のみなさんとてもよろこんでいました。最近また天気が良くないですね今の日本経済と同じです。

ギョウジャニンニクの花

DPP07D90703150C14.jpg
『行者にんにく』『アイヌのネギ』呼び方は違っても同じものです、すでに食べごろは終わってネギ坊主と同じ花を付けています。非常に強いにんにく臭で最近イタリア料理店でも使っている所もあるそうです。これを食べる時は家族全員で金曜日に食べる‥‥‥それほど臭いと言うことですね、客商売の人は決して食べては行けないと言っている所もあるそうです。明日もキラコタン‥‥‥‥気合いだ !。

雨のヤチハンノキ

DPP07D90702152E08.jpg
いや〜今朝もシッカリ雨にあたりまし。レインコートを購入してもうかれこれ30年ほどたちますのでほとんど防水効果は無いといっしょです。やはり雨と湿原は切っても切りはなせないもの何ですね。その後撮影ガイドで海岸線を回り確認して来ました。終日薄い霧模様でとてもムーディな一日でした。

夏毛のエゾシカ

DPP07D90701142D45.jpg
早朝からけっこういい降りの雨でしたが十数名のお客さんをキラコタン岬最深部までお連れしました。昨日の『熊出没』を気にしながらのトレッキングでしたがまったくいる気配もなく心地よい雨音を聞きながら、森のすがすがしい空気を腹一杯吸いながら楽しい湿原ガイドでした。やはり湿原の風景は雨降りの日が一番きれいですね。人間だけでしょうね雨がうっとうしいなんて思うのは。明日も午前中は雨模様です。

ウェブページ

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2009年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年6月です。

次のアーカイブは2009年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。