2009年6月アーカイブ

熊出没 !

DPP07D9061E0D3156.jpg
今朝のガイドで逢いたかったヤツに逢えました、今日の5名のお客さんはとてもラッキーでした。やはり釧路湿原国立公園には確かに彼らは暮らしています、なるべく人間界に近かづかないように息をひそめて静かに静かに北国の短い夏を生きていますそんな彼らに逢えるなんて本当に幸運でした。身近で彼らに会えるなんて北海道鶴居村は世界に誇れる本当の自然がまだまだ生きずいています。   熊に対してはしっかりとした認識と行動によっては、危険なことは無いと思います‥‥特に釧路湿原エリアでは ! 。

光と影

DPP07D9061D120338.jpg
今朝の霧は日の出の太陽と相まって秋の放射霧のような久しぶりにすばらしい風景を見せてくれました。そこに役者(タンチョウ)はいませんでしたがそれでも作品として完成された絵になっていました、あらためて自然の芸術を認識させられました。また天気が崩れるような予報ですね。

水の大地釧路湿原

DPP07D9061C111227.jpg
釧路湿原の北に位置しているコッタロ湿原の冠水した道路も水がじょじょに引けたらしくようやく開通となりました。この道路が止まってしまいますと厚岸、浜中、根室方面に行く時はとても時間がロスしてしまいます。特にこれからの湿原観光にとって無くてはならない重要な観光道路であり、地域の大切な産業道路なのです。

チシマフウロ

DPP07D9061B163349.jpg
今日UPしたブログの画像は昨日霧多布湿原での一コマです。今日もむしむししてとっても暑い日でした、明日もキラコタン岬までのネイチャーガイドです。

霧多布湿原のわたすげ

DPP07D9061A153028.jpg
霧多布湿原のわたすげが三年ぶりにすばらしい景観を見せてくれています、役者のタンチョウは『わたすげ』が嫌いらしくぜんぜん中に入ってくれません‥‥‥‥?。昨日から釧路湿原のコッタロ湿原道路が冠水し未だに開通予定が立っておりません、今日霧多布湿原に行くのに標茶町迂回で時間とガソリンをロスしました。

釧路湿原国立公園

DPP07D90619130822.jpg
とてもいい天気が日没まで続き日中は結構暑かったです‥‥‥‥人間は暑いだの寒いだの天気が悪いだのどうしてこうもわがままなのでしょうかね?二日間天気がいいだけでこれほど風景が変わるとは‥‥‥やはり天気がいいに越したことはありませんね。‥‥‥やっぱりわがままでいい加減ですね‥‥自分のことです。

増水した湿原

DPP07D90618142424.jpg
昨日の釧路地方の雨ですが短時間に降った降雨量が観測史上最大だったらしいですね、たまげましたす。どこもここも 水、水、水 今朝のキラコタン岬はとてもきれいでした。

丹頂オブジェ

DPP07D90618122A25.jpg
いかがでしょうか素材は親の丹頂がアルミニュウム、子供が真ちゅう親が約7センチ。皆さん是非感想をお聞かせ下さい、こうしたらもっといい、こんなデザインにした方がいいなどなど‥‥。是非是非 ! 。

鶴(かく)れんぼ

DPP07D90618122633.jpg
今日のブログは鶴居村の企業が企画制作した『貴方の夢と希望を運んでくれる』幸福のストラップ‥‥ ! 。アルミの円柱の中には真ちゅう素材の小さくてかわいらしいタンチョウが『かくれんぼ』していますよタンチョウの大きさは約2センチでアルミのケースは約3センチ、径が約1センチです。携帯ストラップに付けてもOKではないでしょうかね、ホテルTAITO売店にて先行販売しますが価格は現在検討中で八百円台〜九百円台になると思います。

林道

DPP07D90617170622.jpg
まずは昨日のブログUPを怠り申し訳ありませんでした毎日楽しみにしておられる皆さんお詫び致します。写真の話を肴に千葉のOさん、福岡のお客さんと秋田県の『久保田』さんをちびちび飲みながらとても楽しいひとときを過ごさせて頂きました。話は変わりますが今日お昼からようやく太陽が顔を出し少し一週間ほどは天気が安定するようです。

DPP07D90615121C57.jpg
相変わらず週末ごとに悪い天気が続きますね、今日は鶴居村産業課の事業で釧路湿原国立公園キラコタン岬入り口の村有地にミズナラ(どんぐり)の苗木の植林をしました、百年後にこの場所が国立公園の入り口にふさわしいミズナラの森が立派に育っていることを願いながらそれぞれの思いを込めながら一本一本心を込め植林しました。このような地道な作業が百年後、二百年後の子孫の大きな大きな財産になるはずです。明日も天気は雨の予報です。

エゾハルゼミ ?

DPP07D90614102E55.jpg

岬のミズナラ

DPP07D906140D3819.jpg
釧路湿原国立公園のキラコタン岬先端にはミズナラなど広葉樹の原生木がかろうじて伐採を免れ立っている、その内の一本が今日のブログに登場してもらいました何ともユーモラスな形をしたミズナラの木ですたぶん200年は立っているのではないでしょうか?。この木の形を見るといつも思い出すことがあります私の幼年時代45年ほど前でしょうか遊び場は決まって山、川、谷地(湿原)でした、山に入りこのミズナラとよく似た手のひら代の二股に分かれた木を探しそれにゴムひもを付けてパチンコ(ギャンブルのパチンコではない)を作っては小さい石ころを挟めて雀を狙ったりしていました。当たるはずも無く仲間と暗くなるまでよく遊んだものでした、ある時「下手な鉄砲数射ちゃ当たる」なんてよく言ったもので雀に当たっちまって動かなくなった雀を手の中に包みとても後悔したのを幼いながらも覚えています。『人間も鳥も虫も命に大きい小さいなんて無いんだ同じ一つの大事な命なんだ。』と自然から教わった思いがします。

忘れかけていた青空

DPP07D90612143A14.jpg
何日ぶりにこの青空を見たのか記憶に無いほど天気の悪い日が続きました。しかしこの青空もつかの間でまた明日からまた曇り‥‥‥‥週末から雨模様とのことです、一体全体週末ごとに雨 雨 雨‥‥‥‥四国では雨が少なく6月だというのに水不足による給水制限そして断水‥‥日本列島はどうなっちまったのだろうか ? いやここ数年日本だけではなく世界的におかしくなっているのは言うまでもないことだが・・・気合いを入れるにも入れようが無い・・・しかし気持ちだけでも気合いを入れるとします。

ハリギリ(針桐)

DPP07D90611112F03.jpg
ハリギリの若葉もご覧の画像のように大きくなり森の中もしだいに光が遮られ薄暗くなって来ました。このハリギリの木は仏壇や家具、下駄の材料として使われていたようです。話はガラリと代わり今日『鶴居村タンチョウ愛護会』の役員会があり今年度の事業を取り決めました、前年度と大きく変わった事業は無いのですがほとんどの事業はボランテアでの労働奉仕作業ですタンチョウの給餌場周辺ねぐら河川の整備(案内看板設置や草刈り等)です。メインは10月に音羽橋の雪裡川中州に生えた柳の木の伐採撤去作業です、(タンチョウが外敵を確認しやすく、飛び立ちやすく、また観光客やカメラマンが観察しやすくするため)昨年参加された方、はもちろん始めて参加してみたい方所載は日程が決まり次第このブログでお知らせ致しますので是非参加してタンチョウの気持ちになってねぐらから音羽橋を見てください。まだ太陽が顔を出してくれないんです‥‥‥‥‥‥‥ ? 。

湿原のえぞ鹿

DPP07D90610132014.jpg
今日も釧路湿原のキラコタン岬まで『湿原体験ガイド』に行って来ました、やはり上流部で雨が大量に降ったらしく日増しに湿原の水位が上がっているような感じです。タンチョウの親子などは子供が流されないように親がとても気を使いながら湿原内を移動しているのが良くわかります。エゾシカはまったくおかまい無しで北の春を楽しむかのようにジャバジャバ走り回り時には川の中にダイブする事もあります。明日も曇りの予報です‥‥‥‥いつ太陽が出てくれるのでしょうか ? 。

コエゾゼミ

DPP07D9060F151704.jpg
雨は止んだものの相変わらずの牛乳をぶちまけたかのような乳白色の空で霧もなく今日はほとんど写欲が湧かない‥‥‥‥。話は変わりますが鶴居村周辺の所々の牧草地では畑をほっくり返して草地の更新が行われていています、新たに新しい牧草の種を蒔きますので芽吹いた時には目の覚めるような新緑が期待出来ます。そこにタンチョウが来る、来ないは運しか無いですね‥‥‥‥運が欲しい‥‥『 運も腕の内 』 !

キラコタン岬の流れ

DPP07D9060E123B03.jpg
今日はスイスから来られたご夫婦を釧路湿原最深部のキラコタン岬にガイドしました。連日の雨でいつもの水位よりも50〜60センチは増水しているようです、今遡上しているサクラマス(桜鱒 : 桜の花が咲く時期に海から上流に上がって来るのでこの名前が付いたようです。)やアメマスもさぞかし泳ぎやすいでしょうね。やはりこれだけ水位が上がるとエゾシカなどの野生動物達もあまり湿原に入って行かなくなります。静かな釧路湿原をじっくりゆっくり堪能して頂けたと思います。数日続いた雨も明日には上がるようですねしかし青空が見られるのはまだ先のようですね。

霧雨の中を歩く

DPP07D9060D142B34.jpg
早朝出発し海岸線沿いのタンチョウ繁殖地(湿原)を一日掛けて撮影ガイドして来ました。主だったポイントの番は今年の繁殖はあきらめたのかほとんど二羽で歩いていました、しかし何カ所か一羽の単独でしたのでまだ孵化の可能性のある所もありますね。それにしても何と言う天気なのでしょうか?霧雨その後雨になり風が強く気温も6℃でこの時期としては‥‥‥‥‥‥ハハハ笑ってしまう他ありませんね。まだ明日も今日と同じ天気のようです‥‥‥‥‥クッソ‥‥ ! 。

オオジシギ

DPP07D9060C131D44.jpg
なんともこっけいな顔をしているもんですね、わたしも人の(この場合‥鳥)ことを言える顔をしていませんがね‥‥‥‥。話は変わりますが昨日の雨、いやいやよく降りましたねお陰で湿原の河川は増水し川幅が広がり絵的にはとても写欲をそそられますね。明日は撮影ガイドで海岸線を回ってみようと思います霧多布湿原のワタスゲがそろそろピークでしょうね、すばらしい出逢いを期待したいです。

エゾノコリンゴ

DPP07D9060B152825.jpg
今日は一日中土砂降りでした、しかし朝のうちはそんなに雨脚も強くなくお客さんの要望で湿原ガイドに行って来ました‥‥‥‥これがまたシッポリ濡れた湿原がなんとも言われぬすばらしい色のコントラストを見せてくれまして、シャッターを押す指についつい力が入いりました明日も雨模様ですので湿原の増水が少し気がかりです。

秘境釧路湿原

DPP07D9060A09223.jpg
なかなかいい霧に覆われた湿原です丹頂がいたらベリーグットだったのですがうまくは行きませんね。通うとその内にいい事があるでしょうね‥‥‥‥‥ ?。

緑萌える

DPP07D9060A091A30.jpg
北の大地もいよいよ本格的な緑の季節を迎えようとしています。湿原の花もだいぶ咲き出しましたよ。

スズラン

DPP07D90607160A45.jpg
今日は一日中うっとうしい雨降りでしたので、ここ数年のデーター整理でPCに向かいすっかり目がしょぼしょぼ状態で非常に疲れました‥‥‥年なのでしょうかね気持ちは30代なのですが‥‥‥! ?。

DPP07D90606152243.jpg
今から25〜30年前でしたらエゾシカも撮影の対象としてとても貴重な野生動物でした、数日掛けてエゾシカを探しながらようやく撮影出来たものでしたが今ではフィルドに出れば必ずどこかで出逢えます。知床では1メートル以内にまで寄って来て逆にこちらが警戒心を抱くほどです。一体全体どうなっちまうのでしょうか?野生を失った野生動物なんてまったく魅力がないです、しかしこのようになったのも人間の責任でしょう‥‥‥‥‥ ! 。

湿原の花ミツガシワ

DPP07D90605140F26.jpg
最近の朝は連日曇りそして‥霧‥霧‥霧 こうも太陽の見えない日が続くと気持ちも少し湿気り気味になってしまいます。明日からも数日曇り雨の予報になっていますのでなんとか気合いで晴れさせてほしいですね‥‥‥何の気合い‥‥‥‥‥? ? ? 。このブログをご覧の皆さん色々な所にお住まいの方々から『鶴居』チーズのご注文をいただきありがとうございます。本当にたくさんの方々がこのブログをご覧になっているのが良くわかりました今後もさぼらず気合いを入れてUPして行きたいと思いますので宜しくお願い致します。

北きつね

DPP07D90604143329.jpg
最近北きつねが増えてきたのでは?と良く耳にします、車で走っていると必ずあちらこちらで見かけますね。横浜出身で北きつねを獲って食べているやつが鶴居にいますが今年は収穫があるでしょうね‥‥‥。『獲って』違いの『撮って』でしたしかし何の仕事も大変な世の中になっちまってるけど何とかかんとか食べて行ければいいのですがね。 なんでも気合いだガンバレ!

ハクサンチドリ

DPP07D90603142307.jpg
今朝の撮影画像です本州では標高の高い山でなければ見られない花です。海抜約15メートルの所で撮影。

DPP07D90603133209.jpg
鶴居村のチーズ工房『酪楽館』で日頃の感謝を込め 6/1 〜 6/14 まで『鶴居』の主力チーズ3種類(ゴールドラベル)はALL JAPANチーズコンテストで最優秀賞、(シルバーラベル)も同コンテストで優秀賞、(マイルドラベル)、3種とも村民還元価格にてこの期間だけ提供させて頂きます。   価格は以下のとうとなります、  ●ゴールド(六ヶ月熟成)約300グラム1個 : 1,500 円。●シルバー(三ヶ月熟成)約300グラム1個 : 1,250円。●マイルド(三ヶ月熟成)約300グラム1個 : 1,250円。 さらに特典として私が今年撮影しましたタンチョウの『オリジナルプリント』未発表作品(2L)に一点一点コメントを書きましてプレゼントしちゃいます‥‥ダ。注文は E-mail:taito@muse.ocn.ne.jp まで。送料は実費となります。以上鶴居村のPRでした。

猫の目天気

DPP07D90602142A26.jpg
朝は曇り、午前中曇りのち晴れ、午後曇りのち雷雨後晴れ、夕方晴れ‥‥‥今日はとても忙しいころころ変わる天気でした。鶴居周辺では綺麗な虹がかかり素晴らしい風景を見せてくれました、欲を言うとタンチョウなどと絡んでくれると言う事無しなのですがね‥‥‥。

ノゴマ

DPP07D90601122E09.jpg
やはり今日も霧に覆われた朝でした、比較的濃い霧でしたが野鳥達は活発にさえずりたくさんの夏鳥を確認できました。小鳥の撮影はあまり得意ではありませんがこのノゴマはあまり警戒されずしっかり撮影させてくれました。明日もあまりよい天気ではないようです。

ウェブページ

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2009年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年5月です。

次のアーカイブは2009年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。