2009年2月アーカイブ

朝の光

DPP07D9021C133633.jpg
今朝も昨日と同じ朝霧に覆われとても幻想な朝でした、肝心の役者は‥‥‥‥ダイコンでした‥‥ くっそ !。最高の演出家が最高のステージを用意してくれたのになんともったいない。しかし太陽が西の空に傾くころ湿原を背景にした雪原にタンチョウの番が色々演じてくれまして、とても楽しむませてもらうことが出来ました東京から来た4人のカメラマンの方達もたぶん満足されたことでしょう。明日は快晴の予報ですたぶん河畔林は霧氷で真っ白でしょう。‥‥‥だと良いのですが。

わたし綺麗?

DPP07D9021B160434.jpg
午前、東京便で来られたお客さんの撮影ガイドでポイントを回って来ました。さすがに週末ということもありどのポイントもカメラマンが大勢来ていました。海外からのカメラマンも沢山いましたね‥‥‥明日も引き続きガイドですので今日の酒宴はあまりゆっくりしてられませんね‥‥‥‥‥では明日にそなえておやすみなさい。

眠り

DPP07D9021A112F07.jpg
タンチョウも夢を見るのだろうか‥‥‥‥。厳冬期の冷たい川の流れの中でやがて巡って来る暖かい春を夢見てじっとこの寒さを耐えているのでしょう。今日これから多忙のためあっさりしたブログ内容ですみません。

森のエゾフクロウ

DPP07D90219171910.jpg
スノーシューを付けて新雪の森の中を散策しました鳥の声、風の音、水のせせらぎ、森の香りほんとうに癒されますこのような体験感動がほんとうの贅沢なんでしょうね。昔私が子供の頃こんな体験は毎日の当たり前のことでした今となっては貴重な体験だったんだな〜と思いますね、都会の人や子供達にこんな体験の出来る所を残して行かねばと強く思います。少なくてもこの鶴居村は今もこれからもそんな癒される場所なのです。皆の衆鶴居村に癒されにきんしゃい!

どろぼう

DPP07D90218143521.jpg
子供の頃この植物の実をちぎってセーターを来ている子に投げつけてはくっつけ合いをしてよく遊んだものです。実の先端が鍵のようになっていて衣服に引っかかりやすいような構造をしています。子供の頃はこの植物を『どろぼう』と言っていました、たぶん(キク科のごぼう属)だと思うのですが正式な名前は後日まで調べておきます。冬の立ち枯れした形もオブジェ的でなかなかいいものですね、出来ればもうひとひねり欲しい所ですが。

釧路湿原の丘

DPP07D90217123A30.jpg
今日のUP画像は釧路市からの帰りに冬のシーズンには降り立つ所ではない雪原に三羽家族のタンチョウが釧路湿原を背景に羽づくろいをしていました、見慣れない所にいるととても新鮮みがあり撮る気がわき起こります。話は変わり最近カメラマンがとても多く感じられます特にタンチョウの塒で有名な『音羽橋』は二重三重に三脚が並んでいます、しかし7時30分も過ぎた頃クモの子を散らしたように皆散って行きます。明日も晴れ気温−17〜18℃、日の出は6時08分。

オジロワシ

DPP07D90216142331.jpg
今朝の音羽橋周辺では−25℃まで気温が下がったようです天気はそんなに晴れ渡ったほどではなかったので放射冷却現象ではないと思うのですが‥‥底冷えといったところでしょうか ?。このところの降雪で除雪に追われて満足に撮影に集中できていませんでしたので少し気合いを入れようと思います‥‥‥ハイ 。今日のUP画像はストックからです(阿寒タンチョウ観察センターにて)

ヤチハンノキ

DPP07D90215131F38.jpg
いやいやよく降りよく吹雪きましたおかげで除雪三昧です‥‥‥? 。昨シーズン二十数年ぶりに雪の少ない年でしたのでその分今年にそのツケが回って来た感じです、もううんざりです‥‥‥しかし撮影にはGOODです‥‥‥矛盾。さぁ〜気合いだ・・・久しぶりに !

ほこり雪‥‥?

DPP07D90214132534.jpg
先日細い雪降りを『ほこり雪』なんて言っていた方がいました‥‥‥的を得た言い方だな〜と聞いていました。服に付いた雪はほろえばすぐ落ちるし遠くを見るとかすんでほこりが舞っているようだしまさしく『ほこり雪』ですね。今日昼ごろから明日にかけこの『ほこり雪』が音もなくしんしんと降り続きます、この雪でたんちょう釧路空港発着の午後の飛行機はほとんど欠航しました明日も風が強いので午前の便はたぶん駄目でしょうね。私はこれから除雪除雪除雪‥‥‥‥ ? 。

寂しげな渡る君

DPP07D90213111302.jpg
渡る君元気でいました、しかし今日はどことなく寂しげで仲間が塒に飛んで行った方向をジィ〜と見ていました。(ぼくも皆といっしょに大空を飛びたいよ‥‥‥)今日は飛ぶ様子もなく最初から寂しそうにトボトボ歩いて塒へと帰って行きました。それにしても元気な姿で再会できて良かったです。明日は天候が崩れて雪の予報です。

青の世界

DPP07D90212123115.jpg
今朝の音羽橋は−20℃近くまで気温が下がりすばらしい霧氷の朝を見せてくれました。タンチョウ達もそこそこいい位置に来てくれて皆さんそれなりにたのしませてくれたと思います。明日も今朝のような条件ですのできっと今日以上にすばらしい北の大自然の姿を見せてくれることでしょう。今日のUP画像は日の出前の昇月。

雪裡(せつり)の丘

DPP07D90211122E04.jpg
今朝天気は良かったものの風が強く霧氷や気嵐がまったく見られない朝でしたそんな条件のためタンチョウも今ひとつパッツとせずどうも写欲が湧かず、すぐ風景に切り替え『雪裡の丘』の日の出を狙いました日が出る頃になって雲が出始め少しおもしろい光景に出逢えました。話は変わって気丈に生きている『渡る君』ですがこのところ3〜4日姿が見えません‥‥‥‥大丈夫だと思いますが‥‥がんばって生きてほしいです。明日は久しぶりに冷え込んで条件がいいみたいですよ気合いを入れよかな‥‥‥‥ ? ! 。

午後の日差し

DPP07D90210121444.jpg
皆さんTV等のニュースですでに耳にしている釧路川河口(幣舞橋)たもと『フイッシャーマンズワーフMOO
』の岸壁にラッコのくう〜ちゃん(釧路市だから・・・・?)がいまだに居着いて釧路産シーフードで地産地消食い放題を決め込んでいます。ニュースによると見物の男性が川に落ちたようですが他の見物人が助けた様です、落ちた本人はすぐ姿を消したとのことです。皆の注目が‥‥‥‥たぶん !。話は変わりますが知床の流氷ですがまだ駄目のようです岬先端に小さな氷がある程度のようですね、早く本体が羅臼沖に来てほしいですね。

今朝の鶴居の丘

DPP07D9020F130747.jpg
2月に入りHOTEL TAITOは外国(アメリカ)からの撮影者やバードウォッチングのお客さんが連日来て頂いています。外国から日本へ旅行となると円高の関係で旅行代金が通常の25%UPだそうです、しかしいま来られている方々は早い時期に旅行代金を支払っているため円高はほとんど関係ないようですね。今日のUP画像ですがタンチョウの撮影コンディションがイマイチだったので(自分のイメージでは)風景に切り替え鶴居の丘を撮影‥‥‥‥‥オカリナ奏者『宗次郎』を効きながら丘を前にすると心が広く澄み渡って行くような感じがします。‥‥‥‥『人間ってちっぽけ』・・・・・・そんな気がしてきます。

空を仰ぐタンチョウ

DPP07D9020E151239.jpg
昨日から降っていた湿った雪は昼過ぎにはようやく降り止み30センチほど積もりました。除雪も午前6時前から始め午後4時過ぎまでびっしり昼飯抜きでしましたが結局終わらず日没の撮影に出かけ数カットシャッターを押して来ました‥‥‥ブログのため ‥‥‥ ? 。それにしても今日の雪は水気を一杯含んだとても重たい雪でした、腰が痛いよ〜 。明日は午前中晴れ気温は−10℃風が少し強そうですね。

樹林

DPP07D9020D162332.jpg
今日の釧路はラッコフィーバーに湧いています釧路川に架かる幣舞橋のたもとにいついている様ですね。いま現在雪がどんどん降り積もっています明日は大荒れのようですので。

細雪

DPP07D9020C141041.jpg
今日の晩餐で三重のK氏と指しで一献、二献、サンコン‥‥‥‥‥少したしなめすぎました。明日は5時30分出発音羽橋行きです。そろそろ休肝日にしなくては。

オオハクチョウ

DPP07D9020B121404.jpg
昨日の米汁は一晩寝てすっかりスッキリ、最近米汁分解酵素がUPしたのだろうか‥‥‥‥?そんなことを思っていると『肝の臓』や『酔の臓・・・膵の臓 !』が‥‥‥‥気をつけねば。話は変わりまして最近少なくなって来た音羽橋のオオハクチョウ今朝は下流から橋に向かって着水してくれました、以前は数十羽は居たのですが‥‥たぶん中州が大きくなってしまったのが原因なのかもしれませんね。水面がもっと広くあればたくさんのオオハクチョウやカモ類も集まって来るでしょうね。いま鶴居村は誇りのような細かい雪が降っていますたぶん積もる雪ではないでしょう。

満月の朝

DPP07D9020A160752.jpg
今日は早々から酒宴ミィーティングをしていまして明日の起床が少しばかり気になるところですがたぶん起きるでしょう。気合いです‥‥‥‥‥。

満月

DPP07D90209122845.jpg
今日一日とてもいい天気で各地(各国)からタンチョウの撮影やバードウォッチングに来られている皆さん方は北国の抜けるような青空、澄んだ空気、そして厳しい環境でたくましく生きる野生動物達との出逢い
など日常を忘れ癒されているのではないでしょうか。この時期は札幌の雪祭りに合わせて外国からのお客さんが多くなります北海道や鶴居村のいいイメージをもって帰ってもらいたいですね。

恋の季節

DPP07D90208120506.jpg
昨夜夜半から降り出した雪は今朝まで20数センチ積もり撮影にはGOODな雪になりましたが私は除雪に追われ午後からの撮影でした。話は変わりますがこれから米汁ミーティングが行われます三重の米汁評論家のK氏、神奈川のO氏、札幌のK氏、東京のA氏、等々酒豪メンバーがお揃いです‥‥‥‥。

光るキタヨシ

DPP07D90207113528.jpg
一週間は早いですねもう土曜日です週末ともなると方々からカメラマンが大勢この鶴居村にやって来てタンチョウ、SL、風景等々撮影しています。日頃のストレスをこの鶴居村に捨てていってもらいしっかりリフレッシュして来週からの仕事に備えてください。明日は朝から皆さんお待ちかねの雪が降りますよ、素晴らしい写真を撮ってください。

一人(羽)遊び

DPP07D90206130942.jpg
阿寒町のタンチョウフォトコンテストの審査会に言って来ました、みなさん力の入った力作を出されていました審査結果は後日事務局より発表されますのでしばしお待ち下さいね私自身も皆さんの作品を見せていただくことでとても良い刺激になり次の作品作りにとても意欲的になります。

樹影

DPP07D90205140A35.jpg
今日は撮影ガイドの最終日でタンチョウ飛翔を集中的に撮影しました。青空も広がりなかなか良いコンディションで皆さん大満足のうちに撮影ツアーが終了しました。ようやくこれから自分の作品取りが出来るかな?と、思いきや明日は『釧路市阿寒国際鶴センター』の写真コンテストの審査会があるので明後日から自分の撮影日になるのかな‥‥‥‥‥。

霧氷の音羽橋

DPP07D90204143242.jpg
今朝の気温は−21℃と下がりタンチョウの塒で有名な音羽橋は今年最高の条件に恵まれました。昨日からのツアー2日目の皆さんは感激しきりで盛んにシャッターをきりまくりカードの残をきにするほどのすばらしい条件でした。さあ〜明日は最終日です思い出に残るすばらしいシーンに出逢えますように。

DPP07D90203150B22.jpg
今日からJALツアーズの撮影講師で午前からタンチョウを中心にポイントを回った、今日は80点ぐらいの出来ではなかったのではないかと思うそのくらい条件に恵まれた一日だった。明日も気を引き締めて80点レベルを目指そうと今からあれこれ思案を練っています。明日は気温もそこそこ下がり天気も良いのできっと満足する撮影が出来ると思います。気合いだ!

気合いの渡る君

DPP07D90202123130.jpg
このごろの『渡る君』気合いの入れ方がさらにヒートアップして来たように思います。よろめきながらも塒に向かって飛び立ちますが100Mほど滑空すると地上に降りたちそこからひたすら一人で雪中行軍です。毎日毎日雪の日もこの間のような雨の日も‥‥‥‥ほんとうに頭が下がります。話は変わりますが鶴見台東側の青天飛翔ポイントで今日立ち入り禁止の畑の中に入り込んで撮影していた(札幌ナンバーのワゴン車)不届きな人がいました、この場所は昨年タンチョウ愛護会や観光協会などボランティアで撮影しやすいように木の枝など切って環境整備した場所です。当然大きな立ち入り禁止の看板がありますそこを平気で入って行ったようです‥‥‥‥はっきり言ってそのような人は鶴居村に来てほしくないですね。こんなような人を見かけたら皆で注意してください、もし文句を言ったら鶴居村教育委員会(0154-64-2250)に連絡してください。

北の風景

DPP07D90201113103.jpg
2月3日から撮影ツアーご一行が東京からやって来ますのでそのロケハンを日没までして来ました。今日、日中は晴れて青空も出ていたのですが風が強くたぶん10m以上の風速はあったでしょう、その為タンチョウの行動パターンが普段とまったく変わってました。しかし飛翔する撮影は強風のため上空を何度も何度も高度を上げ旋回してくれました。しかし今日のこの強風明日の朝までおさまってくれると良いのですが。

ウェブページ

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2009年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年1月です。

次のアーカイブは2009年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。