2009年1月アーカイブ

あっちに行こうよ!

DPP07D9011F120F54.jpg
朝からどんよりした寒い一日でまるで日本海沿岸の気候の様でした。昨日まで連泊していたUSAからの外国人一行は今日移動しまして今は日本人のみの宿泊です、昨日の今頃は英語が飛び交いとてもにぎやかななごやかなディナー風景でした、ちなみに私の英会話はぺら、ぺ〜ら〜です‥‥‥‥‥‥??。

Crane

DPP07D9011E133330.jpg
今日は知り合いの写真家のPRを少しばかりさせて頂きます。釧路市阿寒町在住の写真家佐藤照雄氏が世界の鶴をまとめた写真集『世界の鶴』を発刊しました、10年の歳月をかけただけあって素晴らしい出来で是非皆さんに見て頂きたいと思うのですがこの写真集じつは残念なことに自費出版のため販売はされていません、しかしすばらしい本ですのでいずれ出版社から出るのではないかと思います。この写真集をご覧になりたい方はTAITOのライブラリーにありますのでご覧下さい。

静寂

DPP07D9011D151060.jpg
鶴居の朝の空は素晴らしい快晴の青空が広がり皆さん写欲が沸き立ち気合いを入れ毎日撮影ポイントに通っています。話は変わりますが今、関西山×御一行の皆さんと十勝ワインで一献‥‥‥。明日も気合いで‥‥‥ちなみにUP画像はストックから。

霧氷の音羽橋

DPP07D9011C130B44.jpg
今朝は今シーズン一番の冷え込みで−21℃、もちろん霧氷びっしり気嵐もうもう役者もそこそこ居てくれて全体で70点のシチュエーションで少し気合いが入り鼻水をすすりながらの撮影でした。明日は今日ほど冷え込まないようですが霧氷はどうでしょうか?付くといいですね。取りあえず送迎かねて行ってみます。

渡るくん元気です

DPP07D9011B143211.jpg
一生懸命今を生きている右目失明、右羽根負傷の『渡るくん』、今日も元気に鶴居伊藤タンチョウサンクチュアリに歩いて通って来ています彼の精神力、生命力にはほんとうに敬服します。話は変わりますが今日〜関西山本さんご一行が来まして三重県のKさんから届きました『爆弾酒』を堪能しましてすっかりはまりました‥いや‥はめられました。『アフター写真』楽しいですね実に‥‥‥‥。

タンチョウの丘

DPP07D9011A150202.jpg
今、東京から来られているお客さんの誕生パーティーで少々葡萄汁をいただきまして少しばかりいい機嫌になっております、あすの撮影ツアーに寝過ごさないように気をつけなければ‥‥‥。今雪がちらちらしていますが明日にはいい天気になるでしょう。

飛翔

DPP07D90119143549.jpg
朝からけっこう強い粉雪が降りだしお昼前には降り止みましたが20センチ弱一気に積もりました。一時はほとんど視界不良になり靄がかかった状態になり撮影モードスイッチが即座にONになりましたが肝心の役者が現れたのは10時を回ってからお出ましになられました‥‥‥‥くっそ !。次回に持ち越しです。

DPP07D90118133013.jpg
今日1月24日はSLファーン待望の釧路湿原を背景に釧網線(釧路ー網走)を二重連でひた走る年一回のイベントです、線路沿いはどこに行っても通称『鉄っちゃん』がいるはいるはビックリです。私はそれを横目に違う目的でまったくSLとは関係のない所へ‥‥‥。早く寒波が来てガッツリ冷え込まないでしょうか?

白い北の大地

DPP07D90117123104.jpg
いやいや‥‥‥まいったまいった午前9時から降り出した雨がいまだに降り続いています。昨日から雨が降ることは覚悟していましたがこんな一日一杯降るとは‥‥‥‥‥いったいぜんたい今って何月 ? 地元の写真家としてはまぁ〜こういうことも在りかも‥‥と、思ったりしますが外国から来た方々にはとても気の毒に思います。明日午前には晴れる予報ですので是非いい条件になってもらいたいものです。

冬の樹林

DPP07D90116150739.jpg
平年だと一番寒くなる時期ですがなんと明日の予報は雨マークです。一体全体どうなってしまったと言うのでしょうか?日中は道路の雪も解けだしおかげで車は泥だらけです。さあ明日から香港のお客の撮影ガイドです‥‥‥やはり気合いでいきますか。

雪原の木

DPP07D90115120225.jpg
北九州から来ていました撮影ツアーご一行の皆さんが午後の便で釧路たんちょう空港から帰路につきました、皆さん怪我も無く大変満足されて機上の人となりこの次は春の雛のシーズンに来たいとおっしゃっていました。これから名古屋のO氏、標茶のK氏その他もろもろ今いる人間でO氏の現況報告会を肴に‥‥‥。今日の画像はストックからです。

DPP07D90114132839.jpg
今朝の音羽橋は風が強かった為か、いつもネグラにしているタンチョウ達は風のあたらない河川に移動してしまい何時もの1/5程度しかいなく寂しい風景でした。話は変わりますが今日名古屋のO氏がほぼ半年ぶりにやって来まして歓迎の意味を込めまして芋の蒸留汁で少々‥‥‥‥すばらしい作品が撮れますように。

野生の仲間達

DPP07D90113140849.jpg
湿り雪の降り積もった道をふだんだと40分で着く距離を1時間20分かけ阿寒タンチョウ観察センターまでツアーの一行を案内しました。雪の状態はベストでしたがこの画像にも写っているようにオオハクチョウが7〜80羽タンチョウに混じって餌をたべていてタンチョウの撮影としてはとても邪魔で私としてはオオハクチョウには失礼ですが非常に「うっとうしい」感じがしました。やはり湿原や広い自然の中でひっそり暮らしている姿がとても魅力的ですね。

DPP07D90112130C07.jpg
久々に今朝の冷え込み音羽橋では−20℃まで下がったようです。霧氷もなかなかいい状態で気嵐(水蒸気)の少なかったですが出てました。その後オオハクチョウ、摩周湖など回って来ましたがなかなか良い条件で撮影出来ました。さぁ〜明日も気合いだ、気合いだ

鶴居の丘

DPP07D90111130848.jpg
九州からの撮影ツアーで十数名の一行が鶴居村にやって来ました、さーあ明日から気合いを入れて『雪景色のタンチョウを撮る』なんて勝手に私がテーマーを決めていますがそんなに外れていないと思います。4泊5日で釧路湿原や鶴居村の素晴らしいところタンチョウの気品のある美しさ何より『鶴居人』の素朴ですばらしいところを是非見て頂きたいその為に最大限努力します。話は変わりますが神奈川のNさん長期の撮影大変ご苦労様ですそういう私も動けなくなるまで長期撮影ですが‥‥‥‥。

新雪の朝

DPP07D901100E0943.jpg
今日は撮影ツアーのPRをすこしさせて頂きます。『月刊カメラマン』主催の 弟5弾! 2009年2月6日(金)〜2月8日(日)2泊3日【雪の釧路湿原、タンチョウ撮影ツアー】の募集が今週で締め切ります、毎年恒例の和気あいあいの楽しい楽しい撮影ツアーです私が撮影講師、ツアーガイド、夜のバーテンダー‥‥?等々お世話致します。地元写真家の強みを最大限発揮して皆さんの撮影のお手伝いをさせて頂きますので是非参加お待ちいたしております。問い合わせはエキスプレストラベル03-3523-7620(佐藤 篤)又は月刊カメラマン編集部03-3437-3144(坂本)まで問い合わせてください。お待ちしてま〜す。

DPP07D9010F123452.jpg
昨日夜中に湿気った雪が5センチほど降り積もり今朝は木々に雪の華が咲き素晴らしい景色を見せてくれました。話は変わりまして今朝の北海道新聞で国後島で営巣していたタンチョウの家族三羽が阿寒タンチョウ観察センターに越冬にやって来たと言う記事が載っていました、以前にも鶴居のタンチョウサンクチュアリにもやって来たことがあります、ビザ無し交流で来たのでしょうかね‥‥‥昔はけっこう行き来があったのかもしれませんね。

牧場冬景色

DPP07D9010F122358.jpg
今日はいつもお世話になっているC社の面々と重要なミーティングがあり‥‥‥‥?すっかり遅くなってしまいました。

湿原のヤチハンノキ

DPP07D9010D162406.jpg
数日前からPCの機嫌が非常に悪くブログUP時にとても難儀していました、しかし神奈川県のNさんのお陰ですこぶる良くなりホッとしているところです。昨日のブログUPもPCの修理改善中でUPで来ませんで誠に申し訳ございませんでした。今は三重県からはるばるやって来た『活性酒』をNさんとおいしく飲ませて頂いております、三重のKさんありがとうございます。爆弾酒グッドですねまた宜しく!。

タンチョウのねぐら

DPP07D9010B151A49.jpg
昨日の吹雪、よく積もりましたね〜積雪は約30センチほどです。今日の私は一日中ショベルに乗り除雪作業に追われてカメラにはまったくさわらなかったです。よってUP画像はストッくからです。

釧路地方猛吹雪

DPP07D9010A0F2D12.jpg
お昼過ぎから降り出した雪は風も強くなり暴風雪が今も窓に叩き付けています。予報だと明日一杯続く様なのでこの調子だと30〜40センチは積もるでしょうね。今来ている写真の人達は素晴らしい出逢いに期待してください話は変わりますが本州からの飛行機が欠航したようですせっかくこの連休に計画していたのにまったく気の毒ですね。あすの駐車場の除雪‥‥‥まいったな‥‥‥。

夕日のエゾシカ

DPP07D90109171536.jpg
PCの調子が悪くて思うように打ち込みが出来ない状態でしたが今日から来ている神奈川のOさんに見て頂きぎりぎりセーフでなんとかUPで来ました。PCを自在に扱える人って尊敬しますね。明日から道東は猛荒れの予報ですね‥‥‥‥。

オオワシ

DPP07D90108123257.jpg
湿原周辺は雪が解け秋から初冬の様相に逆戻りしてしまった感じです。しかし明日の午後から曇りだし明後日は暴風雪、明々後日は雪の予報ですのでほぼまちがいなく銀世界になるでしょうね逆に積もりすぎないと良いのですが一昨年みたいに一日中除雪なんて言うのもかんべんですから‥‥‥。

北国の大空

DPP07D90107153616.jpg
今朝も湿原周辺を走り回りましたが結局ほとんどいい出逢いがありませんでした。今週低気圧が来ますのでその時の降雪に期待するしかありません。このところまあ〜まあ冷え込んで来ているのたぶんいい条件になるのではないかと思います。

朝日に染まる雄阿寒岳

DPP07D90106112703.jpg
今日からほとんどの会社や役所は仕事初めなんでしょうね、気持ちも新たに今年一年気合いを入れてがんばりましょうなどと新年の訓示をしたのでしょうね。今朝は空気も澄んで雄阿寒岳、雌阿寒岳が朝日に映えてきれいな風景を見せてくれました、明日の朝もきっと今朝と同じく晴れの予報です。

釧路湿原国立公園

DPP07D90105122447.jpg
今朝は湿原東部周辺に行ってみましたが地表が白くなっているのは沼や湖ぐらいで山陰に年末に降った雪が残る程度でした。オジロワシやオオワシが時折上空を旋回して獲物を探しているようですが中々捕らえることができないみたいです。このワシ達も2月頃になると知床方面に移動するのでしょうね。明日も冷えるようです霧氷が付いて気嵐(水蒸気)が出ると絵になるのですが‥‥‥。

朝陽カラマツ林

DPP07D90104130006.jpg
昨夜発表の今日(1/4)の天気予報は一日曇りでまったく太陽が顔を見せない天気でおまけに風速4〜5M
などと言っていました、私もそのつもりでおりましたところ朝起きてみると何と星はギラギラ風は無風でほとんど雲のない空でした‥‥‥一体全体予報は何だったのでしょうかね。 【教訓】しょせん「予報」ですから・・・・・。

夕焼け空

DPP07D90103113354.jpg
年越しから来ていたタンチョウにすっかり魅了されてしまった面々は大多数今日現実へと戻って行きました。その皆さんを見送るがごとくさっきまで曇っていた西の空がじょじょに茜色に変わり久しぶりにすばらしい夕焼けになりました。たぶんこの夕焼けを帰路に向かいつつ飛行機から、また車から残念にお思いの方もいたでしょうが次回鶴居村に戻って来た時には今日以上のすばらしい出逢いが待っていると思います‥‥期待を胸に是非またいらしてください。

足跡

DPP07D90102121157.jpg
ブログをご覧の皆様、昨日のブログで年頭早々から大きな単純な間違いを致しました2009年を2010年と打ってしまいあぶなく一年間365日損をするところでした‥‥‥ ?。このことにお気づきの皆様誠に申し訳ありませんでした気づかなかった方々365日儲けたとお思い下さい(笑)。今日のUP画像のようにあなたは一生の内でどれだけ「自分」という大きな足跡を残せるでしょうか ?日々少しづつでいいから確実に前に向かって足跡を残して行きたいですね。明日も暖かいようですね風邪も少し強いようです。

DPP07D90101110550.jpg
みなさん新年あけましておめでとうございます。2010年1月1日をおだやかにお迎えのことと思います。さて、ホテルTAITOでは毎年のことでスタッフ総出で2009年大晦日から2010年1月1日へと忙しさにまぎれ、いつの間にか新年を駆け足で迎えそのままの勢いで3月までのタンチョウ冬シーズンを走り抜けようと気合いを入れているところです。景気情勢がまったく先の見えない状況ですが皆様方のおかげでホテルTAITOは景気悪化に飲み込まれないでなんとかスタッフ一丸となってがんばっております。今後も皆様方に愛いされご利用いただけるホテル運営につとめて参りますので昨年同様ホテルTAITOにお越しいただければ幸いに思います。今日のUP画像はストックからです。

ウェブページ

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2009年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年12月です。

次のアーカイブは2009年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。