2008年10月アーカイブ

霧たなびく雄阿寒岳

DPP07D80A1E102E19.jpg
一昨日のブログで紹介しました鶴居村企画DVD「Snow Waltz」色々な方々から沢山のご注文をいただきありがとうございましたお礼申し上げます。さて、今日の早朝はタンチョウ撮影ポイント(鶴居村)を回って来ました。タンチョウ達も冬の越冬パターンになりつつあり鶴見台に集まって来る数も増えて来ましたしかし伊藤タンチョウサンクチュアリにはまだほとんど来ておりませんがその周辺には沢山来ていますので来るのももうじきではないかと思います。話は変わりますが今はエゾシカの狩猟解禁ですのでたま〜にライフル銃の乾いた発砲音が「パンパ〜ン」と聞こえて来ます、山や林に入る時には鹿に間違われないように気を付けてくださいね。

私って綺麗?

DPP07D80A1D113547.jpg
今日のUP画像はある建物の窓ガラスに写る自分の姿に威嚇行動をとっているタンチョウです。しばらく観察していました‥‥チョット不謹慎な言い方ですがおもしろい行動ですね、ガラスに映る姿を相手のタンチョウだと思い込み盛んに頭の赤い丹頂部分を見せて威嚇し、くちばしでガラス(写っている頭)をコッンコッン突いていました。ガラスを突き破るんでないかと思い心配したのですがそんなに激しい突き方ではありませんでした。以前農家の窓ガラスに同じ行動をとる別のタンチョウが思いあまってガラスを突き破り血だらけになったことがありました。‥‥‥やはり人間と同じで個体差があり喧嘩早いのもいれば、のほほん〜としておっとりした個体もいますね。今日の気温は終日一桁でした、明日は今日より冷え込むみたいです。

企画、鶴居村DVD

DPP07D80A1C113731.jpg
皆さんついに出ました「企画=鶴居村」のDVD映像です。内容はタンチョウの四季を通して見た釧路湿原国立公園、鶴居村の歴史などなどです。「 価格は1,200円 」欲しい方は以下(A,B,C)三つの中からお選び下さい。 (A)商品代金に送料代120円をプラスして郵便局より現金封筒で注文する。 (B)FAX(0154-64-3333)で注文して支払いは商品到着後同封の郵便為替用紙で支払う。 (C)E-mail:(taito@muse.ocn.ne.jp)で注文し商品到着後同封の郵便振替用紙で支払う。いやいやしっかり鶴居村観光協会の仕事をしました、少し多めに見てください‥‥‥なんだかんだ言っても10月ももう少しで終わってしまいますね周りが白くなる日もそう遠くないような気がします。

カラマツ紅葉

| コメント(2)

DPP07D80A1B121949.jpg,
今日は鶴居タンチョウ愛護会の主催でタンチョウの越冬場所音羽橋下流中州の樹木伐採作業を致しました。それからもう一カ所の林の中から飛翔を撮る場所通称「野沢さん家の青天」の撮影にじゃまになる枝の伐採、枝と言っても直径20センチ以上もある枝です‥‥‥いや〜疲れましたそれでも30名以上の方々のおかげでタンチョウにとってもカメラマンやバードウォッチャーにとってもとても良くなりました。地主の方、参加されたボランティアの皆さんまたこの作業に会わせてわざわざ遠くから来て頂いた方ありがとうございました。このような縁の下の力があってこそ環境(タンチョウにとっても、人間にとっても)が保たれていることをわかってください。

水たまりで夜を明かす

DPP07D80A1A101537.jpg
昨日は鶴居小学校、鶴居中学校時代のクラス会がありすっかり盛り上がってしまい帰って来たのが今日になってからでしためんもくありません。UP画像は昨日の早朝撮影のカットです、川が増水した時はこのようにある程度安全を確保できる水たまりで夜を過ごします、こういう状況の場合は朝の活動が普段より早くなります。やはり野生ですねどのような状況でもしっかり生き抜く知恵と本能があるのですね。

風の匂い

DPP07D80A180F2905.jpg
現在午後4時過ぎ外は薄暗くなり風と雨が勢い良く吹き付けています、これから益々風と雨が強くなり明日の朝まで続くようですね、今も雨が屋根に叩き付ける音がすごいです。こんな時でもタンチョウ達はじっとこらえて過ぎ去るのをひたすら待っているのでしょう。「ひたすら待つ」というところは野生動物写真に通じるものがありますね、だけどそんな生易しいものではないでしょう彼らには「命」がかかっていますから‥‥‥‥。

DPP07D80A17102D11.jpg
鶴居村は2008年10月7日 NPO法人「日本で最も美しい村」に登録されました。「日本で最も美しい村」に関する詳しい情報はウエブサイトより検索してご覧下さい。尚、今日の撮影はありませんでしたのでUP画像はストックからのものですのでご了解下さい。2〜3日天気が崩れるようで明日の朝から雨の予報です。

シルエット

DPP07D80A16132950.jpg
今日は何ともほのぼのとする出来事があった。二羽の番のタンチョウが水辺を餌を探しながら歩いている日はとっくに沈み辺りは薄暮でほんわかとした光と静寂が支配している、そこに一頭の若いメス鹿が現れタンチョウに近づいて行き2メートルほどのところに立ち止まったきり動こうとしないタンチョウもまったく鹿を意識せずに羽づくろいに夢中だその時静寂を破るようにアオサギのなんともけたたましい声がギャギャッと響き渡り鹿はそそくさと森に帰って行った。きっとあのエゾシカはタンチョウと友達になりたかったのかもしれない‥‥‥‥。

紅葉

DPP07D80A15150824.jpg
釧路湿原を取り巻く丘陵の風のあたらない沢にはまだきれいな紅葉が見られますが、数日中にはすべて枯れてしまう運命です。カラマツも少しずつ下の方から黄色くなりだし強い風さえ吹かなければきっとすばらしいカラマツの紅葉が楽しめますね。

ミズナラ紅葉

DPP07D80A14130150.jpg
今朝はいつもよりとても暖かくタンチョウ達は5時前にはとうもろこしの刈り取った畑に早々に飛んできました。5時と言うとまだ車のライトをつけて走らなければならない暗さなのにまったく関係なく飛んで来ます、以前にも書きましたが「とり目」というのはタンチョウにはまったく当てはまらない言葉ですね。

霧日双鳴

| コメント(1)

DPP07D80A13141A37.jpg
今朝の撮影条件は私のイメージにぴったりなシチュエーションで大自然の演出家に感謝感謝でした。このところの天気予報はまったくあてにならず良い方に外れておりますので自然写真家は予報を鵜呑みにせずにまずはフィルドに行くということでしょうかね。明日も天気予報は一日曇り降水確率0?/h朝の最低気温は7℃とのこと‥‥‥‥さて 。

霧に煙る樹林

DPP07D80A12142E47.jpg
本州勢のタンチョウカメラマン達が一人帰り、二人帰りとだんだん寂しくなって行きました。皆さん思い思いの作品を創られ今頃はPCに向かい整理に追われているのではないでしょうか、まだここ数日は「北海道タンチョウモード」が抜けきらないでしょうね。また次回来られる時までしっかり仕事に励んでくださいよ‥‥‥新鮮な毎日の「タンチョウ、湿原、鶴居村情報」をこのブログで発信していきますので今後もおつきあい下さい。

湿原幻景

DPP07D80A11142F20.jpg
霧と湿原、水と湿原、湿原の生命はすべて水が命なのですまさしく「水の大地釧路湿原」ですね。明日もきっとすばらしい霧が流れることでしょう。

DPP07D80A10132A40.jpg
湿原はハンノキをのぞいてほとんど「晩秋」と言うにふさわしい風景になって来ました。昨日までの素晴らしい天気はひとまず休止、午後にはバケツをぶちまけたほどのものすごい豪雨になりましたが一時間ほどで止んでしまいました、きっとこの雨が明日の朝の幻想的な霧風景の重要な宝の雨になるはずです‥‥‥たぶんね、期待しましょう。

霧の朝

DPP07D80A0F160512.jpg
今朝は霧の深い朝をむかえました。撮影は思うように行きませんでした。先ほどから神奈川県の「のびどら」さんと八海山で一献いただいていました、いや〜うまいね。眠い、眠い‥‥‥‥。

おぼろ月

DPP07D80A0E132B16.jpg
早朝満月の光が霧のベールを通してやさしくほんわかと湿原を照らしています、頬をなぜる湿原の風が木々の葉を揺らし時折葉ずれの音が聞こえて来てなんとも心地いいひと時でした。しかし雲一つ無い天気だと放射冷却現象で日の出の時間(5:35)は氷点下まで下がっていますので撮影のときはダウンジャケットが必要です。

北からの使者

| コメント(1)

DPP07D80A0D142733.jpg
釧路湿原に今シーズン一番乗りのオオハクチョウが飛来しました、長旅のせいか空腹の為か盛んに水の中に首を突っ込んで静かに餌を食べていました。この第一陣が来たらいよいよ冬の到来ですね、何となく寂しいようなうれしいような複雑な気持ちです。明日も快晴ですまた早起き‥‥最近ちょっと寝不足気味です‥‥‥。

秋の湿原

DPP07D80A0C152407.jpg
今朝は湿度が無く無風の朝を迎えました、いつもだとササの葉に朝つゆが降り朝日に照らされてキラキラ輝きとてもきれいなのですが今朝はカラカラで写真的には魅力に駆ける朝でした。今日の撮影は早々に切り上げホテル業に専念しました。明日は連休最終日です 気合いだー! 。

ひとりぼっち

DPP07D80A0B123A24.jpg
何とも言われない素晴らしく心地いい朝の風景が広がっていました、このような風景には絶対宗次郎のオカリナの曲がぴったりですね広大な北の大地、風邪の音、自然の匂いそして透き通った空気いや〜考えただけでジ〜ンときますね。こんな所で時間を気にせず ボ〜と自分の世界に入りたいですね。明日も気合いを入れて行きましょう。

暮れゆく湿原

DPP07D80A0A130644.jpg
湿原もヤチハンの木を残して一年に一度の一番輝ける紅葉の季節がほぼ終盤にきてしまった感じです。しかし湿原を取り巻いている丘陵の紅葉はピークの所もあれば、これからの所もありまだ少し楽しめそうです。タンチョウ達がよく餌を食べている牧草地は11月下旬頃まではグリーンの色を保っていますので霜の下りた朝などはとてもきれいです。これからいつも来られている「タンチョウ病を発症した患者達」と米汁を処方し今後のタンチョウ病のつきあい方についての講習会‥‥(飲み会)‥ を行います。ここしばらくは毎日毎夜 講習会‥‥だ。参加されたい方は是非いらしてください。

DPP07D80A09131A44.jpg
湿原の片隅で悲しそうに鳴いている一羽のタンチョウを見ました。普段はけして入ることは無いヤチハンの林の中で誰かを呼ぶように盛んに一羽で甲高く鳴き、見ていてとても心配になりました。(タンチョウは林のなかに入ってしまうと外敵などに襲われてもとっさに飛び立てないのでほとんど入ることはありません。)たぶん番の相棒を亡くしたのでしょう‥‥‥。明日の天気は曇りときどき晴れ、あさってから天気が回復するみたいですよ。

湖面渡る

DPP07D80A08160548.jpg
紅葉の時季はエゾシカを含め野生動物達はとてもとても重要な季節です。これから厳しい厳冬期が来る前にしっかり体力を付けているのですね。この時期のエゾシカ達は10月から繁殖期(交尾)のためメス鹿も雄シカも非常にピリピリしていますね山から時々雄鹿がメス鹿を呼ぶ雄叫びが聞こえて来ます。明日から少し天気が崩れるようですね‥‥たぶん曇り程度でしょう。

DPP07D80A07150730.jpg
ひと雨ごとに寒くなるって‥‥‥本当ですね。ここ数日でずいぶん木の葉の色付きが良くなりましたよ、この分でいくと秋色のピークが少し早まるかもしれませんね。タンチョウも日増しに数が増えてきているのがはっきりわかるようになって来ました、それに伴いタンチョウ同士の威嚇が激しくなり撮影的にはとても面白いです。

タンチョウ時間

DPP07D80A06140C14.jpg
やさしい気持ちでタンチョウに接すると必ずそれが伝わります。写真として‥‥作品として‥‥。

DPP07D80A06140653.jpg
この看板はタンチョウが冬を過ごす最大の越冬河川「音羽橋」右岸牧草地の改良工事現場に立てられている作業員に対しての注意看板です。読んでもらえばわかるとうり地元ではタンチョウに対してこれほどの配慮をしてタンチョウを手厚く保護しています。これからタンチョウの撮影シーズンになります(私的には一年中撮影シーズンですが‥‥)是非このようなことを知って頂き驚かすことの無いようにやさしく、タンチョウを撮影、観察してください。

湿原秋本番

| コメント(2)

DPP07D80A05141621.jpg
いよいよ釧路湿原も放射霧が立ち込め本格的な秋の気配になって来ました。天気予報で鶴居村の最低気温を発表していますがその計測地は鶴居村の市街地ですので実際に湿原との誤差は発表より3〜5℃低くなりますので是非参考にしてください。昨日UPしたブログに対してびっくりするほどたくさんの方からコメントやメールをいただきました。非常に元気つけられるメッセージを沢山いただきまたやる気が湧いて来ました‥‥みなさんありがとうございます。明日からまた気合いで行きます。

DPP07D80A04131353.jpg
このところの冷え込みで道東周辺の湿原で繁殖していたタンチョウ達はどんどん鶴居村に越冬に集まって来ています、たぶん鶴居村全体で150羽以上は来ているとのではないでしょうか。道筋でタンチョウに会う機会がありましたら静かにやさしく見守ってやってください、出来れば車から出ないで車窓からの観察及び撮影が良いかと思います。さて話は変わりますがこのブログに対する不本意なご意見が聞こえて来ましたので‥‥‥。まず私の立場「ホテルTAITOの代表」「鶴居村観光協会副会長」「鶴居村商工会副会長」そして「写真家」その四つの立場を背負って大げさですが毎日(たま〜にチョンボしますが)UPしています。このブログの一番の目的は「今の鶴居村の自然、今日のタンチョウ」を報告しそして知ってもらうのが一番の目的です。もちろん写真家としてUPする写真のクオリティーの高い作品であったほうがいいに決まっていますが、ただ私の生業はホテル業ですので365日取材日とはいきません‥‥悲しいですが。他の写真家とくらべて「別次元」だとか「感性の問題」だとか言われているようですが、写真家が自分の作品として発表したもの(写真展、写真集)を見てそのようなことを言われるのであればそれは仕方が無いですが‥‥ブログの写真で写真家を評価するとは‥‥まいりました。まあ〜長々書きましたがとにかくプロの写真家である以上クォリティーの高い写真をUPするように心がけるようにします。このブログを見ている約1500人の方々そうでないときは勘弁下さい。

DPP07D80A030C1443.jpg
昨日はUPせずに申し訳ありませんでした。風邪薬が空きっ腹にガツンと効いてしまったようで横になったとたん今朝まで眠りこけてしまい気がついたのは日付が変わった後でした。以後気を付けます‥‥はい。

「渡るくん」発見

| コメント(3)

DPP07D80A03111604.jpg
今年の春から姿が見えなくなっていた「渡るくん」(右目失明、右羽負傷のため飛行不能)を昨日発見しました。いつもえさ場にしている酪農家の片隅で一羽でトウモロコシを一生懸命食べていました。少しやせているように見えましたが性格はけっこう強気で以前となにも変わっていようにみえました。いや、いや彼を見つけたときは(いや〜生きていたんだ今までどこで何をしてたんだ仲間や他の動物にいじめられなかったか?ちゃんと餌は食べてたのか‥‥‥)ほろっと涙がでました‥‥。これから厳しい冬がやって来ます、しっかりと生き抜いてほしいです。

秋色トウモロコシ

| コメント(1)

DPP07D80A01141355.jpg
今朝はどん曇りのせいか案外暖かく気温9℃で車のフロントガラスが濡れていた程度でしたので霜もつかず即出発できました。撮影ポイントに着くなりタンチョウがどんどん飛んで来てはトウモロコシ畑に入り込み実を「ツルハシ」のようなくちばしで突っつき一心不乱に食べまくっていました。「農家のおじさん多めにみてくれよ〜」と思いながらシャッターを切っていました。農家のおじさんごめん‥‥‥(実は農家のおじさんは私のいとこ‥‥かえって気まずいな‥‥ ! ? )このトウモロコシも数日中には刈り取るでしょう。今日から10月気合いを入れていきましょう !

ウェブページ

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2008年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年9月です。

次のアーカイブは2008年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。