2008年9月アーカイブ

お母さんとぼく

DPP07D8091E123B02.jpg
最近やたらとタンチョウの数が増えています、たぶん十勝や根室周辺から越冬の為に集まって来たタンチョウでしょう。農家の庭先に行っては牛用のトウモロコシなどを失敬しているようですね夏のなわばり意識も薄れ来春まで集団で徐々に行動するようになります。鶴居周辺のデントコーン畑の刈り取りが始まりました、いよいよタンチョウ撮影シーズンの始まりです。カメラマンの皆さん準備は万全ですか?

お山の大将

DPP07D8091D130053.jpg
今朝は久しぶりに自分の作品創りに専念出来とても集中できた朝でした又、撮影条件も朝霧が入り気温も氷点下まで下がりそれなりに良かったでした。今日の画像は牛の堆肥の積んだ所に登り「お山の大将」を決め込んでいます。やはり堆肥には昆虫やミミズなど餌が沢山あるのでしょうね。

キラコタン岬

DPP07D8091C141F40.jpg
今朝も冷え込みましたね〜(ここ数日の会話です)ホテルを出るとき2℃、キラコタンに到着したときは氷点下3℃で辺り一面霜で真っ白でした。いやいやキリッとしてとても気持ちがよかったですね何となく さあ〜これから戦闘準備開始‥‥‥なんちゅう気分になりました。岬先端はすでに色付きはじめ連日エゾシカの楽園と化しています、これからエゾシカたちの交尾期に入るので警戒の鳴きやら雄の雄叫びで森の中も騒々しくなります。来月に入るとカメラマン達(米汁大好きな面々)が続々とやって来ますのでいろいろな意味で楽しみですね。HOTEL TAITO(和田)は「来るもの拒まず去る者追わず」の精神ですのでいつでも声をかけてくださいね。

季節外れの交尾‥‥ ?

DPP07D8091B143421.jpg
またしてもこの番です、前回9月9日に季節外れの交尾していたそのタンチョウ夫婦です今からではぜったいに産卵はしないと思うのですが好きと言うか物好きとでも言いましょうか‥‥それを眺め写真に撮っている私はもっともっと物好き(タンチョウに言わせれば)と言うところでしょうか。明日も冷え込むみたいですね、今朝も笹の葉っぱの表面が氷で覆われていました。

靄の中の鳴き合い

DPP07D8091A150450.jpg
最近チョット風邪気味で頭痛、筋肉の痛み、疲労等々少しつらい日々を過ごしていまして‥‥‥今朝は撮影なしで9時まで寝ていましてその後村の診療所で診てもらったところやはり風邪とのことで内服薬をもらい食前、食後、就寝時などと書かれた袋にたんまりと‥‥‥‥食前、食後の二回飲んだだけですこぶる調子が良くなりこの分だと就寝前の薬を飲んで寝たら明日には全快‥‥‥なんてそんな甘くはないですね。皆さんこれから寒くなります風邪には十分気を付けてくださいよ風邪は睡眠を十分とるのが早く治す秘訣かも知れませんね。よって今日の画像はストックからです。

トリカブト

DPP07D80919143455.jpg
今朝の冷え込みはまたしても今シーズン最低を記録しました、ホテル玄関前の寒暖計で2℃を記録しました。車のフロントガラスはしっかり氷で覆われていまして出発が遅れたのは言うまでもありませんでした。今日の画像は湿原をとりまく森の中でひっそり咲いているとりかぶとです。

青い空と草紅葉

DPP07D80918151432.jpg
いや〜今日の朝は冷え込みましたねHOTELを出るときの寒暖計は3℃を示していました、たぶんキラコタン岬あたりでは0℃前後くらいまで下がったでしょう。そろそろフリースが必要な気温になって来ました。明日は今朝よりは少し暖かい予報ですよ。

天高く馬肥ゆる秋

DPP07D80917131652.jpg
「天高く馬肥ゆる秋」は漢語では「秋高馬肥」とのことである。中国ではこの言葉は外敵の侵攻に対する警戒の言葉であるとのことだ。てっきり秋はおいしい実りの季節で食欲が進み馬たちも(肥える)太ると言うことだと思っていた。いやいや思い込みほど恐ろしことはないですね。明日の気温は今シーズン最低を記録しそうです鶴居村で7℃の予想なのでキラコタン岬はたぶん5℃前後になるでしょうね、この調子だと近いうちに霜が降りますね。

マムシグサ

DPP07D80916151232.jpg
秋の気配が日ごとに色濃くなっていきますね、今朝も一カ所の牧草地に15羽ほどのタンチョウが集まって昆虫やミミズなどの餌を食べていました。今日の画像は昔幼少の頃よくオリンピックの聖火ランナーを気取ってこのマムシグサを高々とかかげて走ったものです。(子供の頃はタイマツと言っていました。)昔はこの赤い実がもっともっと大きかったような気がしますが‥‥。別名こうらいてんなんしょう(高麗天南星)

二番牧草の刈り取り

DPP07D80915151134.jpg
鶴居村の酪農家の牧草地では今年最後の二番牧草の刈り取り作業が行われています此の作業が終わる頃には一気に秋も深まって行くことでしょう。ここ最近寝不足ですこのPCを打っていても睡魔がドドーと押し寄せて来ますね今日は早めに就寝と行きたいのですが‥‥‥。

DPP07D80914142E44.jpg
今年は私の知る限りでは雛を連れているタンチョウは昨年と比較するととても少ないように思います。今日の画像はたぶんこの周辺のタンチョウではなく越冬に早々来たものなのでしょう、二羽の子供達もとても元気にしているようですこのまま来春2月の子別れまで元気に事故の無いように過ごしてほしいですね。明日の天気は曇りのち晴れ、気温は9。℃〜10℃秋の霧が期待出来ますね

ダンス

DPP07D80913160E04.jpg
鶴居村の某地域には20〜25羽ほどのタンチョウが集まって来ています、今の時期よ〜く観察しているとタンチョウ達にも個性?があってとても面白いですね。例えば他のタンチョウのカップルに喧嘩を仕掛けて行って逆に追い出されてしまう者や、他のタンチョウとはあまり関わらないで番で静かに採餌している者や、時には車が来ているのに堂々と道路上で居眠りを決め込むもの‥‥いやいや人間と同じく人格ならぬ「鶴格」てーのがありますね。明日の日の出頃は気温が一桁まで下がるようですね。

秋の日の出

DPP07D80912161F48.jpg
朝霧が立ちこめた中からすばらしい太陽が昇りとても幻想的な作品が撮れました。話は変わりますが今日夕方取引業者の家族の方が亡くなりお通夜に行って来ました。私と同い年でまだまだ若いですのに(私は自分自身をまだまだ若者・・バカもの?‥‥と思っております。)最近人の死に接する機会が増えて来ています‥‥そういう歳になって来たということですね。さあ〜明日もがんばるぞ‥‥気合いだ気合いだ ! 。

湿原を望む

DPP07D80911141C08.jpg
秋が深まるにつれフィルドでカメラマンに出逢う頻度が増えて来ました。山の中で見ず知らずの人に会ったときに「こんにちわ」「おはようございます」なんて声をかけられたりするとすがすがしい気分になりますね、そんなの当たり前 だっちゅうの!‥‥‥ その当たり前のことが出来ないのがここ最近ではないでしょうか? みなさん出逢いのときには是非声を掛け逢いましょうよ ! 明日の天気は最高です、気合いでいきましょう。

朝靄を背景に

DPP07D80910121F40.jpg
けさ出発前はどんよりした天気で今にも降り出しそうな空模様でした、しかし雲の切れ間から日の出が観られとてもラッキーでした。タンチョウ達も越冬にむけとても活発に動いているようです。明日は朝霧が期待できそうです。よ〜し気合いでガンバ‥‥‥‥ ! 。

横断中

DPP07D8090F143357.jpg
ホテル周辺の人里にタンチョウがずいぶん戻って来ました、徐々に秋が深まるに連れて紅葉が色を増し秋特有の放射霧が地表を覆い益々写欲が沸き立つ季節になりますね。明日からまた気合いで行きますか‥‥ !

エゾシカ幻影

DPP07D8090E142C14.jpg
今朝の鶴居村はとてもすばらしい大自然の演出を見せてくれました。HOTEL TAITOを出発してまもなく霧の中からオレンジ色のまん丸い大きな太陽が顔を出し、山並みの背景がまるで映画のセットのような完成された「絵」になっていて風景写真としてはすばらしかったです。しかし私としてはそこに「役者?」がいてほしかったところです‥‥‥チョット贅沢かな?。

DPP07D8090D143706.jpg
一昨日の低気圧による大雨で川の水位が上がり鮭が一挙に遡上しだしました。1メートル近い大きな鮭が後から後から川の流れに逆らって一生懸命に上って来るのを見ていると感動を覚えます。よくぞ4年間太平洋の荒波に負けずに生まれ故郷のこの川に帰って来たなと、声をかけてやりたくなりますね。今日の画像はキラコタン岬先端部に咲いている薄紫色(ラベンダー色)のトリカブトです。とても繊細な色をしていました白色もいいですがラベンダー色のトリカブトも良いですね。

DPP07D8090C150728.jpg
今日は雨降りでしたがすこ〜し霧がかかり木々や草の緑がしっとりしていてとても魅力的な朝の風景を見せてくれました。話は変わりますが今日午後から釧路市出身の写真家長倉洋海 氏の「微笑みの降る星
」のオープニングレシェプションが釧路の北海道立釧路美術館にて行われました。世界の紛争地域や元
その地域に暮らすこどもたちにひかりを当ててまとめた作品でした。印象的だったのが子供たちの純粋さやその輝く瞳に感動しました。

秋の霧

DPP07D8090B142E56.jpg
今朝は秋特有の地を這うような幻想的な放射霧が出ました。この流れるような水墨画を思わせるような霧を見ているととても心が落ち着きます、以前東山魁夷の展覧会に行ったときに感じた印象ととてもよく似ています。明日は雨の予報です今日以上のすばらしい朝霧に出逢えますように‥‥‥‥。

秋味

DPP07D8090A113831.jpg
秋の味覚がそこら中で聞かれて来るようになりました、今日の画像も鶴居村を流れる「鶴居芦別川」というもちろん一級河川で昔からとてもきれいな流れです。その川に今年は2週間ほど早めの鮭(秋味)とカラフトマスの遡上で鶴居村に来ましたら是非ご覧になってください。TAITOのネーチャー倶楽部でも早朝ガイドにこの鮭の観察も組み入れていますので参加されてみてはいかがですか?10月いっぱいまでは鮭観察OKです。

時期外れの交尾

DPP07D80909152E36a.jpg
今朝のガイドではこの次期としては珍しい交尾がみられました。しかしこれから巣作りして卵を産むのかと言うとまずそのような事はないです、秋にたまーに見られる行動です。ようやく天気が安定して来ました朝夕の寒暖の差がはっきりしてきますので早足で秋が近づいて来ることでしょう。

今日も霧の中

DPP07D80908141E55.jpg
今朝の霧は昨日予想したとうりのすばらしい濃霧となり、余計な物を消しさりあらゆるものが主役になりうる自然が創り出した自然のすばらしさでした。明日も期待です。あすの予報は曇り晴れ最低気温は14℃。

花とエゾシカ

DPP07D80907123539.jpg
朝からとても濃い霧に覆われた釧路湿原でした、予報に反して午前中は雨も降らず湿原体験には暑くもなく寒くもなく時折霧雨がパラパラくるていどでした、また動物達もいい感じで活動していて北の野生を堪能された事でしょう。明日からも霧日が少し続くようです。

白色に近いトリカブト

DPP07D80906153603.jpg
今日の画像は昨日のガイドで出逢った白色に近いトリカブトです。去年とは別の個所にか開花していましたのでなかなか出逢えませんでした。明日は霧雨模様です今日は早めに就寝します。

DPP07D80905142726.jpg
今朝のキラコタン岬(釧路湿原国立公園特別保護区)での今シーズン初の出逢いです。このトガリネズミは世界最小哺乳類のひとつとして知られ日本には北海道だけに生息ています。冬でも冬眠する事も無く雪のトンネルの中を動き回っています。「トウキョウトガリネズミ」などと不可解な名前が付いていますがこれは、新種として発表されたときに蝦夷(北海道)トガリネズミを江戸(東京)と間違えて登録してしまったためだと言われております。‥‥いい加減な。‥‥今からでも訂正すればいいのに‥‥‥ ? ! 。もう一つ発見がありました、昨年と別の場所に「白いトリカブト」を見つけました近いうちに画像をお見せ致します。

森林妖霧

DPP07D80904152020.jpg
日の出前から濃い霧が湿原全体を覆っていましたが7時前頃より太陽が顔を出ししだいに霧も薄くなり大自然の素晴らしい演出に久しぶりに感動しました。最近少し気になる事が有ります、いつもいつも気丈に生きていた「わたるくん」が今年の春を過ぎた頃よりバッタリ姿を見なくなりとても心配しています、人間だと「捜索願」や「尋ね人」などを出すところなのですがなにぶん鶴なので‥‥‥元気に生きていると良いのですが。

DPP07D80903153822.jpg
今日は終日霧に覆われた一日でした。時折濃くなったり薄くなったり突然雨が集中豪雨のように降り出したかと思うと突然明るくなり霧がディフィーザーの役目をして光をまんべんなく行き渡らせスタジオでタンチョウを撮っている感じになるときも有り、久しぶりに少し気合いが入りました。明日も肩に力が入らない程度に気合いを入れて行きたいと思います。

久しぶりの夕日

DPP07D80902122F18.jpg
今日の天気予報とは裏腹に太陽が照りつけ青空の広がるとても暑い一日でした。一昨日のブログで書いた鶴居村の鮭鱒が遡上する川に再度行ってみたところ鮭(アキアジ)が沢山遡上し、どの鮭も元気いっぱい泳ぎまくっていました。たぶん昨年より1週間〜10日は早い遡上だと思いますこれから秋が深まるにつれてもっともっと沢山の鮭や鱒が産卵にやって来て鶴居の川で一生を終えるんですね。何となくさみしい気もしますがそれが彼らの定めなのですもね、われわれ人間は彼らが安心して帰ってこれる川を今の状態で残しておかなければならない義務が有るはずです。人間本意の開発(自然破壊)はもうやめてほしいと思います。

Japanese Crane

| コメント(2)

DPP07D80901101C04.jpg
いよいよ今日から9月ですね、なんだか何もしないうちにどんどん時間だけが過ぎて行くような感じです。やらなければならない事が山積みなのですが‥‥‥一つ一つかたずけていくしか仕方有りませんね、「千里の道も一歩から」ですもね。今年は夏らしい夏もないまま秋になってしまうのでしょうか?とにかく気持ちだけでも「気合いだ ! 」がんばらねば。

ウェブページ

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2008年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年8月です。

次のアーカイブは2008年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。