2008年4月アーカイブ

ノビタキ

DPP07D8041E140B22.jpg
今日はストック画像からノビタキをご覧下さい。世界に広く分布しているとてもポピュラーな野鳥です釧路湿原では夏鳥として渡って来ます。この鳥を見かけるといよいよ夏が来るな〜なんて思います。話は変りますが2010年度キャノンカレンダーの写真作家が決定しましたよ!釧路市在住の秋元亮太(あきもとりょうた)氏でとても頑張っている写真家です、よくTAITOにも来られ酒宴のメンバーでもありますのでもし顔を会わされた時にはどうぞよろしくお願いいたします。よてもいい青年ですよ。彼の詳しいプロフイルはCANONニュースリリースでご覧下さい。

水面に映す

DPP07D8041D121356.jpg
今日一日PCと向き合っていたせいか目がしょぼしょぼでとてもつらいですね。道内のさくらの開花もあちらこちらで聞こえて来ています富良野あたりでもう開花しているようですね、釧路辺りでは5月中旬ころには開花のようです。若い頃は花見などと言いながらダウンジャケットを着て冷たいビールを飲んで鼻水をたらしながら焼き肉をしたものです俗にいう鼻より団子と言うところでしょうか。ホテルTAITOの露天風呂のこぶしの花が咲き始めています桜はつぼみがまだ固いようですよ。露天風呂に浸かりながら花見なんって最高ですね5月中旬〜タイミングが合えばホテルTAITO美人の湯にいらして下さい。

待つタンチョウ

DPP07D8041C121406.jpg
湿原の片隅で一羽のタンチョウが何かをひたすら待っています、実はつがいのもう一羽は包卵中でその交代時間を待っている訳です。つがいの個体差もありますがおおむね4時間ごとの包卵交代ですしかし交代時間になってもなかなか相棒が巣に戻って来ないことがたまーにあります、そんなとき包卵中のタンチョウはしびれをきらしささくさと卵をほっといて巣を離れることがありますそれを見た相棒はあわてて戻るなんとい事もたま〜にあります。ところで釧路空港近くの丹頂鶴自然公園では今日もかわいい一羽の雛がすばらしい役者ぶりを発揮してくれたそうですよ。札幌のKさんすばらしいショットが撮れたと意気揚々帰ってきて今日はうまい酒が飲める‥‥‥な〜んて ! 。また新たに今日神奈川のOさんこと「のびどら」さんが来ました、、、さあ〜酒宴だ、酒宴だ‥‥‥ ! なんて〜ことを言うと私はとてものんべぃ〜に思われがちですが、そんなにのんべぃではありませんので‥はい。明日は晴れ最低気温氷点下1℃とのこと 風邪をひきませんように。

サルオガセ

DPP07D8041B131201.jpg
『霧を食って成長する苔』むかしこのように聞かされていました成長すると1メートルほどになるようです。木に着生し空気中の水分を直接吸収し、光合成をしながら成長します。ですからこの地衣類は菌類とちがって木から養分を吸収ししているわけではないので木を腐らすことはありません。道東では海岸線を車で走ると枯れ木に長〜くたれさがったのを良くた見かけますがこの苔が原因で枯れた訳ではないようです。北欧では『魔女の髪の毛』と言ってたくさん見られるようです。少し不気味な感じがしますが人間にとってまったく害を与えることはありません。ホテルTAITOの湿原ネイチャーガイドでも普通に見ることが出来ます。タンチョウの撮影移動中に目に入ったものですから‥‥‥‥‥。明日の天気は曇りのち晴れのち曇り、猫の目のような予報ですね。

朝日を背景に

DPP07D8041A132147.jpg
今朝2時の起床2時30分出発、日没は太陽が雲に隠れたため1時間半早めの終了ホテルTAITO到着18時30分。今年の撮影ガイドの企画のことも考えて回ってみました、ほとんど休憩無しのノンストップでしたやはり少しハードで一日がとても長く感じますね年配の方にはちょっと無理がかかりますね。自分の取材としてはいいですが‥‥‥。今夜は札幌のKさん、十勝のWさん、一昨日から泊まっている千葉のYさんと軽めの酒宴といきます。明日の天気は曇り雨です、ちなみに今朝の鶴居村はマイナス2℃で車のフロントガラスが氷で真っ白でした。

早春の芽吹き

DPP07D80419102C12.jpg
釧路地方もこのところの暖かさで湿原のやちぼうずが芽を出し春を実感しますね。桜の開花も昨年より10日以上も早まり5月中旬頃とのことです、水の中では氷河期の生き残りのキタサンショウウオなどもすでに産卵が始まったとのことですしっかり成長することを祈る訳ですが実はキタサンショウウオは丹頂の絶好のタンパク源なんです、いわゆる『餌』なんです。明日は早朝から天気がいいようです、しかし日の出が3時49分と早いですね。

んより天気

DPP07D80418123024.jpg
今日一日ほとんどどんよりとした天気でした、一瞬青空が見え日差しもさしたのですがすぐに曇天になりしまいには、霧雨が降って来る始末です。今日はうれしいニュースがあります、釧路丹頂鶴自然公園(釧路空港のすぐ北側)で昨日かわいい丹頂の雛が一羽孵化しました、ぬいぐるみのようにとても愛くるしくかわいいですよ。自然界でも数組の丹頂の雛が孵化したのが確認されていますね、やはり今年は早いですね。ゴールデンウイークにはとてもいい撮影タイミングではないでしょうか。あすも夕方まであまり天気が良くないですね。

夕焼け

DPP07B201010C0553.jpg
今日午後戻って来ました。たま?に都会に出てみるのもいいもんですね、しかしそこで暮らそうとは思いませんね。若い頃は都会に憧れていたものですが年を取るにしたがい田舎志向になって来るのでしょうか。このところ会議の連続です。ゴールデンウイーク前にポイントを少し回ってみたいと思っています。今日千葉県のYさんが来ました明日から精力的に撮影三昧でしょう。朝方は天気も良い見たいです。

エゾモモンガ

DPP07D80415113746.jpg
天気のいいとても暖かい一日で湿原周辺ではもう夏鳥のうぐいすの初鳴きを聞きました。他にはオオジシギ(カミナリシギ)、ベニマシコ、アオジ、ノビタキ、シマエナガなどなど沢山の小鳥達に逢いました、鳥社会ではもうとっくに春なんですね。人間の見た目ではグリーンはまだほんの少し顔を出した程度であまり春を感じとることは出来ませんが、野生の動物達は季節を感じ取る能力と言うのは人間より数段勝っていますね。ところで明日の早朝からあさっての夕方まで鶴居村を脱走します、よって明日のブログのUPは出来ませんごめんなさい。けして遊びではありませんから、ちゃんとした仕事ですって‥‥‥はぃ。

霧のカラマツ林

DPP07D80414123847.jpg
名古屋在住の写真家O氏が今日午前帰って行きました。こちらに来てから風邪をひき思うように撮影が出来なかったと思いますしかし次回からの撮影に何かしらの役には立つはずで、少なくともゼロやマイナスにはならないはずです必ずプラスになる ! 私の経験では。このところたまたま名古屋の写真家O氏がブログに登場し、とんでもないのんべ〜(半端ではない酒飲み)に受け取られているようですが彼の名誉の為に一言、‥‥‥そのとうりのんべ〜です‥‥てか ! たしかに飲む時は飲みます‥‥吸う時は吸いますハイ、(飲むのはいいですが吸うのはそろそろ考えなければネ)しかし撮影にスイッチが入ると寝るのも惜しんで現場に直行です。食べるのも惜しんでとは言いませんよ、最近腹メタボ‥‥‥? ? まぁ〜写真家は健康あっての職業です特に自然写真家は。

朝の丹頂

DPP07D80413150110.jpg
昨日、PC接続のルーターがパンクしたもようでお手上げ状態でした。いろいろああでもない、こうでもないと今朝方ちかくまでいじくり回しましたが結局昨日のブログのUPは断念しました。仮復旧したのは今日の午後4時近くでした原因はまだはっきりしておらずあさっての月曜に再度業者が来て本格的な復旧工事をすることになっております。話はがらりと変わりますが一昨日からTV東京の番組取材がありその対応に追われていました。放送日は5月10日(土)・土曜スペシャルの中で放送されるようです、近くなりましたら詳しいことをお知らせいたします。明日の鶴居村は素晴らしい天気のようです来てみませんか ?

今日の夕日

DPP07D80411161D23.jpg
今日も飲んでいます‥‥‥はい、名古屋のO氏とめずらしい沖縄の日本酒をうまいですね〜。ごめんなさい明日はまじめにUPします。おやすみなさい‥‥‥。

霧の海辺

DPP07D80410131912.jpg
今日撮影はほとんどしませんでした、午前中からPCに張り付き今までの整理を長々としていましたので外付けHDが熱を持ってきたのでこのへんで止めようと思います。これから名古屋のO氏、標茶町のK氏、元阿寒町のハゲ氏、元キャノンのA氏、そして私でA氏のささやかなお祝いパーティーをしますので酒宴前にブログをUPします。よって今日はストック画像からのUPでお許し下さい。

道東大荒れ‥‥‥ ?。

DPP07D8040F122042.jpg
実はこの画像は昨年の今日’07,04,15の写真です昨年は4月の末に大雪が降り50センチも一晩に積もって風景的にはとても納得のいく作品が撮れたことを思い出します。しかし今年はこのぶんだと昨年のような大雪は望めそうにありませんね。話は変わりますが名古屋からO氏がさっき到着しました千数百キロをほとんどノンストップで、寝たのは青森〜函館間のフェリーの中で2時間程度だそうです若いというのはすごいと言うか無謀と言うか‥‥‥。

北狐

DPP07D8040E123627.jpg
明日鶴居村長選が告示になります現職二期目の立起です、がしかし対抗馬は出る様子も無く無投票当選の確率が非常に強いです。鶴居村も自立宣言し現職が色々苦労し、模索をし一期目を勤め上げ次の二期目に期待したいところです。最初の一期目と言うのは色々やりにくい所もあったでしょうしかし二期目は手腕の見せ所です是非いい方向に鶴居村を引っ張って行ってもらいたいものです、それについては村民こぞって協力するはずです。及ばずながら私は全面協力するつもりでおります。このブログを見てくれている村外の鶴居村大好き人間通称隠れ村民の方々是非鶴居村を盛り立てて下さいおねがいいたします。今日は自然関連から外れてしまい申訳ありません。

流氷の中で‥‥

DPP07D8040D142911.jpg
今日は天気も良く気温も日中は10℃ほどまで上がり暖かくていよいよ鶴居にも春が来たなと実感しましたね。たまたまブログに登場する飛べないタンチョウ『ブチくん』ですが今日から数日彼(たぶん男)の追跡取材のロケハンで午前中お付き合いをしました、その中で彼の正式な‥‥?名前が決まりました。その名は『わたるくん』(渡る)です、いつもいつも塒から牧草地を通り道路を横断(渡る)して来るのでその名を頂いた訳です。命名者はとても有名な映画社の方ですブチくんからわたるくんへ昇格したわけです。

盆栽ミズナラ

DPP07D8040C131220.jpg
今日の撮影は無しで一日中PCの前に座っていました、コーヒーの飲み過ぎと腰が痛いのと目がショボショボするのと肩と首が凝るのとで体中ギシギシ言っています。今日のUP画像はストックからですので申訳ありません。今現在の鶴居村は気温が低く雪がちらついておりますよたぶん積もらない雪だと思います。

静寂

DPP07D8040B141320.jpg
朝から小雨の降る静かな一日でした。早朝、名古屋からの撮影ガイドのお客さんを案内して鶴居村、標茶町、釧路町など回りながら釧路湿原とタンチョウを中心に撮影をしました。やはり鶴居村が圧倒的にたくさんのタンチョウが集まっていましたね、畑の作業が始まる頃にはどこかに移動してくれることを期待したいんですけれどね ! と言うのも今は畑に入って行ってもなんら問題も無いけれど作付けが終わってからの畑に入られると種をほじったり、発芽した芽を引っこ抜いたりされると農家の深刻な問題になります。それこそ『タンチョウ=害鳥』になってしまい人間との共存に少なからずとも亀裂が入りかねません。【タンチョウの独り言】(昨日までこの畑に入ってミミズを食べていたのにどうして今日は農家の親父に怒られなければならないの同じ畑なのに ‥‥‥? ? ? 。)千羽を越えた現在タンチョウ『保護』だけ唱えていてもダメなのだと思います、もう人間が最低限の生態系を崩さない『管理』をしていかなければと思う此のごろです。タンチョウを害鳥だけにはしたくないですね。

強がるブチ

DPP07D8040A130F20.jpg
いましたいました例の右目がつぶれ、右羽根が折れ飛べずに塒から一羽で歩いて来る例の『ブチ』です、この冬を無事乗り切って秋にブチと逢った牧草地に戻って来たのです。相変わらず強がって、息巻いて歩いていますが昨年生まれの1才未満の若いタンチョウに強がってみては、その何倍も威嚇されいじめられています。かわいそうですがこれが自然これが野生なのだと納得するしかないですね。またこれからの夏を無事乗り切って秋になる頃元気な姿の『ブチ』とサンクチュアリで会いたいですね。明日の昼過ぎまで名古屋から来たお客さんの撮影ガイドです。鶴居にはまだ50羽ほどのタンチョウがいますので少し安心です。

霧の葦原

DPP07D80409150048.jpg
この時期狙っていた写真が撮れました ! いつものことですが気合いを入れ寝ないで一生懸命数日かけて時には数週間かけ撮影に行ってもまったく思ったショットが撮れ無いことがよくあります、しかしその反対に思い描いているショットが苦労もせずにいとも簡単に撮れてしまうことがたま〜にあります。まさしく後者でここ数日そのようなツキに恵まれていますね。それを少しでも持続する為に明日も気合いで‥‥‥いやいや、自然体でいくことにします。ツキが離れないように‥‥ ! ? 。

今日のキラコタン岬

DPP07D804080F0110.jpg
TVのロケハンで今シーズン初のキラコタン岬に行ってきました。出逢えた生き物はタンチョウ、エゾシカ、アカゲラ、カワアイサ、カモ類数種などヒグマには会えませんでした。霧の乳白色と湿原の茶色ととてもしっとりとして派手さは無いけれど心が落ち着くすばらしい風景でした。さて明日は‥‥‥‥。

湿原の流れに映す

DPP07D80407150656.jpg
2月に風邪をひいてから今日までず〜と咳が止まらず難儀していました、あまり回りがうるさいのでしぶしぶ釧路の総合病院に行って検診をしてきました。(診療所では肺に影が有る‥‥ ! ,な〜んてことを言ってくれたもんでして)診察の結果レントゲンもCT検査も影などまったく無いきれいな肺でした、はい‥‥!。診察料金 ?1,5000円もとりやがって くっそ くっ 、くっ‥‥‥! しっかりせんか ! !、自分も含めてですけれどもねもちろん。 昨日自分が思い描いていた作品がようやく撮れました、90%の完成度‥‥かな。そのうち機会があればお見せいたします。あすはキラコタン岬のガイドロケです。ひさびさに気合を入れて行きます。

走るエゾシカ

DPP07D80406151E16.jpg
残雪を背景に雄のエゾシカが草地を全力疾走しています。この時期になるとエゾシカの角は抜け落ちてしまい中には片方の一本角でバランスわるそうに歩っているのを森でたま〜に見かけます。一年に一度角は必ず抜け落ちてしまいます。明日は天気良さそうですね、

タンチョウ集結

DPP07D80405100721.jpg
いました、いました鶴居のとある農家に約40〜50羽のタンチョウがいましたよ、ほとんどが昨年生まれの幼鳥で次に目立つのが一昨年生まれの亜成長です中には成鳥の番も数組いましてたぶん数日前の大荒れの時に湿原の繁殖地から戻った番なのでしょう。ここの農家にいるタンチョウはやりたい放題、食い放題のなんともタンチョウにとって楽園的な所なのです、牛の資料を食べるは、牧草ロールのビニールは破きまくるは、車が来ようがおかまいなく『そこのけそこのけタンチョウ様が通る』なんて〜ぐあいに‥‥‥‥。しかしここの農家の人はべつに追い払う訳でもなく『しかたないっしょ〜‥‥‥』。タンチョウもよければ人間もいい。だから鶴居村が大好きだ !。

夕日の湿原

DPP07D80404151325.jpg
今日の夕日は小雨が降る中あまり派手さの無いシットリとした夕日でした。エゾシカの群れが数組キタヨシの中を移動していて時折立ち止まってはこちらを見て何事も無かったように通りすぎて行きます。小さな沼にはもうすぐ北帰行するオオハクチョウが盛んに水草を食べ体力を付けているのでしょうね。明日はたぶん霧が立ち込め素晴らしい風景を演出してくれるでしょう、霧のかかり方が濃すぎてまったく視界不良になるかも‥‥‥‥ ? ? ? 。

ふきのとう

DPP07D80403161443.jpg
先日の大きな低気圧がもたらした事故や被害がニュース等で報道されていました鶴居村では特に大きな被害はありませんでした。湿原では包卵中のタンチョウが巣を放棄した所もあったそうです、長年毎年同じ場所で営巣しているひと番のタンチョウはあの嵐の中をしっかり卵を守りぬいたようです。明日は雪のち曇りの予報です。

音羽橋の今日

DPP07D80402130E26.jpg
昨日からの猛烈な低気圧の中タンチョウ達はどう過ごしているのかとても気になり早朝5時前から鶴居村を中心にコッタロ湿原を見に行ってきました、至る所で道路は吹きだまりに埋まりいつもの倍の時間をかけてコッタロ湿原に行ってみましたが目に入るのは強い横殴りの風に倒されそうになっている北葦が生き物のようにうごめいているだけで生き物の姿はほとんど確認出来ませんでした。ほとんどあきらめかけながら音羽橋に行ってみたところ、いましたいました川岸にへばりつくように強風を避けてジ〜と耐えていました3カットだけ写して静かにそこから離れました。このとき思いました、人間より野生の生き物のほうがはるかに自然の猛威に対する対応力がすぐれていることを。

春の大嵐

DPP07D804010A1053.jpg
いやいや‥やっぱり来ましたね『春の大荒れ』昨日未明から風が強くなりその後雪も伴い今現在すごい勢いで屋根を吹き飛ばさんとばかりに猛烈に荒れまくっています。早々と卵を産んで包卵に入っているタンチョウはこの風と雪に耐えながらひたすら卵を温めて春の嵐が去るのをじぃ〜と待っているでしょう。また降雪量が多いとその雪解け水で増水し包卵中の卵が水につかったり流されたりする事があるのでその被害がとても気にかかりますね。それにしてもすごい荒しです今PCを打っている間も電圧が非常に不安定ですのでいつ停電するか分からない状況ですので早々とUPした次第です。明日の予報は曇りのち晴れしかし風は明日一日いっぱい強く吹くみたいですね。

ウェブページ

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2008年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年3月です。

次のアーカイブは2008年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。