2008年3月アーカイブ

海辺のエゾシカ

DPP07D8031F102406.jpg
一昨日は少し遠出しての撮影取材でこの時期にしか撮れない題材でしたもので少し気合いを入れ望んできました。なにせ3年越しにその条件がそろう‥‥かも‥‥ ! ? 。気合だけは120%でしたが手応えは50%でした、しかし状況がよく理解出来ましたので次回のチャンスに賭けてみたいと思います。 ‥‥‥という訳で昨日のブログUPはごめんなさい。

タンチョウ家族

DPP07D8031D123615.jpg
今日の画像は数日前に鶴居伊藤タンチョウサンクチュアリで撮影したストックの中からです。ここ数日感動する場面が無いですね‥‥! ガソリンだけはやたらと減りますがそれに見合った作品が撮れたかと言うと‥‥‥それがまったく撮れてないですね。話は変わりますがこのブログをご覧のみなさんにおねがいがありますHOTEL TAITOの売店の商品をもっとこだわりのある商品を揃えたいと思い自然や鳥(特にタンチョウ)にこだわった商品を探しています。これは?! と思った商品を見かけた方は是非ご一報下さい。自然や鳥にこだわらずこれは鶴居村にピッタリだ ! と言うのもOKです。 個人的には米汁な〜んていうのもいいかも、冗談、冗談。

春の雪

DPP07D8031C152714.jpg
春の雪が降りました4〜5センチ位でしょうか午前中にほとんど溶けてしまい少しは期待していましたが残念‥‥‥? 。画像は今釧路湿原で花粉を振りまいているハンノキです、その後に白樺も沢山の花粉をまき散らします最近咳が止まらず風邪なのか花粉の影響なのかひょっとしてもしかして肺癌‥‥まさか ?酒はチョット飲むけどタバコは吸わないので‥‥。 今の釧路地方は撮影に出かけてもほとんどカメラマンに会いませんね、たま〜に会うのは地元の数人のそれも顔見知りの方だけです。

湿原のハンノキ

DPP07D8031B123756.jpg
湿原ではハンノキの花粉が飛び交い出しもう少しすると車のボンネットの上などは黄色い花粉で薄化粧されます。今現在鶴居村は雪がいい勢いで降り続いています、ホテルTAITOの駐車場は暖まっているせいか少し白くなった程度ですがこの調子で朝方まで降り続くとたぶん数十センチにはなると思います。期待したいですね ! この雪、春のドカ雪になるだろうか‥‥‥‥ ?

春近い湿原

DPP07D8031A121727.jpg
暖かい一日でしたね〜、最高気温が13℃まで上がりました、しかし日の出ころはまだ氷点下にはなりますのでダウンジャケットはまだまだはなせません‥‥‥。今日は湿原に生息している天然記念物のキタサンショウウオの様子を見に行って来ました。今年は雪が少なかった分地表はまだしっかり凍っていましたね、この様子だと産卵に出て来るのはまだ先の様ですね気の早いエゾアカガエルやゲンゴロウなどが見かけましたが湿原全体が活気づくのは新緑の5月下旬でしょうかね。ちなみにキタサンショウウオは氷河期の遺存種(生き残り)として日本では釧路湿原にだけ生息していてます約2万年前に大陸と陸続きになった北海道へ分布を広げたと言われています。明日は太陽の出ない一日になるようですね。

湿原の流れ

DPP07D80319123245.jpg
昨日は鶴居村の会議が3つも重なり午前から午後‥‥〜夜更け(正直、夜更けは麦汁芋汁が少々入った会合でしたハイ‥!面目ありません)。今朝は早朝少し麦の匂いをさせながら霧の中を意気揚々出かけましたが主人公のいない湿原風景で今ひとつピーンと来ませんでした。私自身もピーンと来ていませんでしたが ? ! 。夕日はそれ相応によかったですね。明日は取材が入りますので遠出の撮影は出来ません、行ってもたぶんガソリンスタンドだけが喜ぶだけでしょうが。

人知れず求愛ダンス

DPP07D80317123423.jpg
人の目がなかなかとどかない湿原の片隅で二羽の番のタンチョウは巣作りの合間を縫って交尾行動をしたり夫婦の絆を確かめ合うように求愛ダンスをしていました。二個の卵を産むのももうすぐでしょうそして32〜33日間夫婦交代で包卵すると枯れ草色(保護色)のかわいい雛が誕生します。ところで今日は風が強くとても寒い一日でした夕日も雲があり今ひとついい夕焼けにはなりませんでしたね。三日間撮影に来ていた札幌のKさんが帰られました大変お疲れさまでした。また5月お待ちしておりますね。

月の入り

DPP07D80316132A03.jpg
今朝は月の入りをからめて‥‥‥と思い考えていたポイントに直行しましたがよくあることで役者が居ません周辺を探しましたがまったく気配がありませんでした。月は沈んで来るし仕方なく道端からカラマツとからめての急場しのぎのショットを‥‥‥‥‥こんないい加減な撮影‥‥‥反省・・?。まだ5時前だし戻るには早すぎるしとりあえずコッタロ湿原、塘路方面にドライブして来ました。まったく成果無し喜んだんのは鶴居村のガソリンスタンドでした。くっそ〜‥ 明日はリベンジー‥‥‥ ! ! そんな甘くはないのは自分がよく知っているのだが。

湿原昇月

DPP07D80315122918.jpg
湿原の夕日の撮影に出かけそれそこそこの風景でした、ふと気がつけば東の空にきれいな月が出ていましてこれはと思い、良い収まりのいい風景を探しながら撮影をしました。と言う事は明日の朝の月の入りがたぶん撮影には良い時間帯という事ですね‥‥‥‥。22日が満月なんですねしっかり把握しておかなければだめですね。 ところで明日はどうしようか‥‥‥‥‥‥‥‥? ! 。

湿原でのバトル

DPP07D80314153533.jpg
今、湿原では人知れずタンチョウ達のなわばり争いが盛んに行われています。この場所になわばりを取れないタンチョウの番はここをあきらめて他の場所に繁殖地を新たに探さなければなりません、しかし他の場所もちがうタンチョウがすでになわばりを確保している事も当然ありますのでそう簡単にこの場所を明け渡す訳にはいきません。不謹慎かと思いますが写真家的には動きがありそこに野性味が加わってとてもおもしろいと言うかたのしいと言うか写欲が沸きますね。雪は消えましたがそれなりに面白いですね。札幌のKさん今日来まして明日あさってと気合いが入っていますよ‥‥‥。

霧のサンクチュアリ

DPP07D80313131023.jpg
朝から午前10時頃まで霧が全体を覆いとてもすばらしかったですね、天気がどうであれ基本的に霧が入っていれば私的にはすごく撮影意欲が湧き立ちます‥‥‥霧がモア〜としているのと、人間もモア〜としているので非常に感覚が合うのかもしれません。霧の出た日は必然とショット数が多くなりますがそのわりにものに出来るカットはとても少ないですね。明日も霧日のようです皆さんも一度狙ってみては‥‥‥。

エゾシカの群れ

DPP07D80312151713.jpg
気温が上がり雪解けが始まると野生の動植物達は待っていましたと言わんばかりに一斉に活動を始めます。特にエゾシカは一斉に湿原に集まり出し、たぶん餌を求めて移動しだしたんでしょうね。話は変わりますが野付半島から根室にかけまったく流氷が無くなりました、太平洋岸の浜中厚岸にかけても何もまったく無い状態です。しかし知床のウトロ岸にはびっしりあるのでこれから期待したいところですね。明日も晴れの予報ですが最近の予報はまったくあてになりません、しかし寝ているわけにはいかない‥‥‥‥ ! 明日も気合を入れて行きましょう。

DPP07D80311141436.jpg
今日はシャッターを一回も押さなかったので昨日の撮影分をUPします。繁殖地には半分以上の番が戻り早いタンチョウはもう葦を集め巣作りを初めていました。もう雪が降らないようだとゴールデンウイークには雛が誕生するでしょうね。しかし春のドカ雪が降ったらちょっとやっかいですね〜。【百人のうち九十九人に誉めらるるは、善き者にあらず】(武田信玄)

今日の日の出

DPP07D80310141643.jpg
今朝も昨日と同じくとても良い霧が出て通称野沢盆栽(野沢牧場の中央にあるミズナラの大木です、この木は数百年この地に立っていって先人の開拓の苦労を見てきたのでしょう。)今日昼前頃から海岸線をドライブして来ましたけっこう楽しかったですしかし350キロも走りましたので少しお疲れモードです‥‥‥‥そんなのかんけいない、てか ! 。あすも霧の朝でしょうかね気合い気合い。

タンチョウ霧日

DPP07D8030F130746.jpg
昨夜から今朝にかけどしゃ降りの雨で全体に霧が立ち込めほんわかとしたメルヘン的なとても写欲をかき立てられる朝の情景でした。湿原や至る所の河川は増水しこの状態だとこのまま春になっちまうんでないかと思うほどの春の雪解け風景です。明日は夕方から晴れの予報です‥‥さてどこに行こうか‥‥‥‥‥‥ ? ?‥ ! 。【常識とは、十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう】(アインシュタイン)

氷の造形

DPP07D8030E130224.jpg
なんとなくどこかの誰かに似ていませんか‥‥? 自然が創る芸術です朝の数時間だけのはかない命です。子供の頃部屋のふすまのシミが人の顔に見えてたまたま夢に出て来たりしてとても怖かった記憶があります。今の子供達に想像力をかきたてわくわくするような自然に接する機会を与える場が必要ですね鶴居村にはまだまだ沢山そのようなところがありますよ、テーマパークのような人工的に作られた所ではなく長い年月をかけて北の大自然が創り出したすばらしくそして後世に残さなければならない貴重な所です。そんなところがホテルTAITOのフイールドです5月下旬からネィチャーガイドが始まりますよ是非参加してみて下さい大人も子供も楽しめます。明日の予報は雨‥‥‥‥ 気・合‥‥? ? ? 。

カラマツ林

DPP07D8030D120342.jpg
今日の14時で2泊3日の撮影ガイド無事終了しました。やはり2〜3泊のツアーが一番効率もよくさほど疲れもたまらない様ですね。早朝は私ごのみの霧に包まれた北国らしい風景等を撮影しました(今日の画像)明日はべた曇りの予報です‥‥‥‥どうしょうか な? たま〜に朝寝しょうかな‥‥‥‥‥ ? ! 。

北国の蒼い空

DPP07D8030C130E28.jpg
今日の撮影ガイドは夜の明けやらぬ4時30分出発、参加者21名やる気満々の皆さんを乗せた大型バスは真っ暗い中をライトを点けタンチョウが眠る湿原の一筋の川を見下ろす丘陵へ向けエンジン全開、はやる気持ちを抑え居眠りする者はだれ一人無し、昨夜は遠足前日の小学生のように興奮してなかなか寝付かれなかったとのこと。そうなると教える側も気合が入るってもんですね、案のじょう川の流れの中には静かに眠るタンチョウの姿が‥‥‥皆さん大満足だったのは言うまでもない事でした ! 。夕日に飛ぶタンチョウ(今日の画像)もとても良いタイミングで撮影出来これまた皆さん大大満足でした。明日も晴れの予報です、そして最終日ですのでもちろん気合いで行くだ ! ! ! 。

北の原野

DPP07D8030B140405.jpg
夕方いい雪が降りましたがさほど積もりませんでした。夕方、サンクチュアリのタンチョウが帰るまで見て居ましたが集まったのが30羽足らずでした。一気に営巣地の湿原に行ったのでしょうね自然は確実に春に向かっていますね、だんだんと里もタンチョウが居なく少し寂しくなります。明日は湿原に戻ったタンチョウの撮影です明日の日の出は5時40分早起きしなければ‥‥【金がないから何も出来ないという人間は、金があっても何も出来ない人間である】(小林一三)

うまそう〜 !

DPP07D8030A0F2416.jpg
日中は気温が上がドンドン上がりすっかり春の陽気になりました。音羽橋の撮影ポイントはタンチョウもだいぶ少なくなり雪もほとんど無くなって冬の絵としてはチョットばかり成り立たなくなってしまいましたね、しかし鶴見台やその周辺にはまだ7〜80羽位来ている様ですよ。このまま雪が降らないで春になってしまうのでしょうか?いいやそんなはずは無いでしょう今に春のドカ雪がきっと来るはずですよ‥‥‥って、自分に言い聞かせて若干期待を込めているわけですけれどね〜‥‥出来ればタンチョウ達が包卵に入る前に降ってくれるとありがたいのですが。(卵を産んでからの大雪はタンチョウにとって大きなストレスになります。)明日から三日間撮影講師で埼玉からのお客さんをガイドです‥‥気合だ ! !。

湿原の雪解け

DPP07D80309143944.jpg
ここ最近とても暖かい日が続きもともと少なかった雪も一気に溶けてしまい川筋にだけ氷が白く見える程度になってしまいました。ひと月もしないうちにエゾアカガエルの鳴き声が湿原のあちらこちらから聞こえてきます。明日の朝も湿原に行ってみます出逢いを期待して‥‥‥‥。【いいことは おかげさま わるいことは 身から 出たさび】(相田みつを)

子別れ

DPP07D80308113043.jpg
幼鳥を連れた番のタンチョウは給餌場でうまく子別れ出来ず親のテリトリー(春から秋にかけて湿原のなわばり)まで連れて来てしまったタンチョウ家族はこれから壮絶な子分かれの儀式が待っています。親が突然気がふれてしまったかのように自分の子供を追いかけ回しくちばしで突くは、するどい足の爪で蹴るはそれでも子供は親にピーピー鳴きながら寄って行くがそれでも必要に追い出します。しかし親は絶対致命的な怪我を負わせることはありません、人間みたいに自分の子供を虐待死させることなどありえません。やがて子供はあきらめて悲しそうに親元を離れて行きます見ていても胸が詰まる思いがしますそんな光景が3月下旬まで湿原のあちらこちらで繰り広げられます。

エゾシカの大移動

DPP07D80307142024.jpg
4ヶ月ぶりに根室方面に行ってきました北海道東の果てを感じさせる雪と氷のなんとも、もの寂しい風景が広がっていました。浜には長旅を終えた流氷が接岸し白一色の広い雪原が遥か彼方まで続いて漁船が数艘流氷に閉ざされここは海だということを教えています。今日の画像を見ているとアラスカのカリブーを思い浮かべます‥‥‥行ったことないけど‥‥‥ガク ? 。さあ〜明日は天気はいいぞ、気合だ、気合だ !

『顔』オオハクチョウ

DPP07D80306131449.jpg
JAL旬感旅行『釧路湿原のタンチョウを撮る』3日間、 今日全日程が無事終了し参加者の皆さん方は撮影された思い思いの作品を大事に持ち帰られました。タイトルにあるように二日目親子ずれの3羽のタンチョウ家族を広大な釧路湿原を背景にたたずむ北の野生の姿、また湿原を飛翔する姿をじっくり撮影出来とても有意義なすばらしいい撮影ツアーでした。参加のお客さん方、添乗員の上鶴さん大変お疲れさまでした次回は今回以上の満足をと思っておりますので次回の参加をお待ち致しております。明日から自分の作品作りに気合を入れこれから関東のOさんとチョットばかりの酒宴‥‥‥てか ‥‥?。

水面を渡る

DPP07D80305150603.jpg
今日は天気予報と裏腹にほとんど太陽の見えない一日でした。撮影ツアー2日目もとても充実して皆さん満足出来たのではないかと思います。明日は最終日屈斜路湖のオオハクチョウの撮影で締めくくりですき合いを入れて行きましょう。【自然でない行いは、自然でない混乱をうむ。】(シェークスピア)

ブチ、元気です

DPP07D80304150B60.jpg
右の眼球を失い、右の翼に怪我をした♂(たぶん)のタンチョウは今日も元気にサンクチュアリに姿を見せてくれています。もうすぐ他の番のタンチョウ達は湿原に繁殖のため戻って行きますが今年もこの『ブチ』はひとりさみしく秋まで湿原の片隅で過ごさなければなりません、きっと来シーズンにはまた元気で意地っ張りな『ぶち』のその姿を見せてくれることを祈っています。明日ガイド2日目気合を入れていくぞ ! 。【人から批判されることを恐れてはならない。それは成長の肥やしとなる。】(エジソン)

丘の雪解け

DPP07D80303121D18.jpg
明日からの撮影ガイドの為ロケハンをかねポイントを確認して来ました。雪解けが進み小高い丘は大部分牧草が顔を出しています。たぶん昨年も同じ場所で同じことを言っていたような気がします。今月末頃にはたぶん春のドカ雪が来るんでしょうね‥‥ !『自然界は必ずどこかでつじつまを合わせるものだ』釧路湿原の沼のほとりで暮らしていて行くといつも心地よい説教をしてくれた今は亡き老人の話を思い出します。タンチョウ達も広範囲に散らばり情景的な作品を撮るにはいい時期になって来ました(私の好きな時期です。)湿原に戻ったタンチョウ達の小競り合い(なわばり争い)があちらこちらで見られとても面白いですよ。 【努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る】(井上靖)

原野の片隅で‥‥

DPP07D803020F1B38.jpg
二日続きのブログUP出来ず申訳ありません。風邪がなかなか抜けきらず常備薬を飲んでだらだらしていましたがいっこうに良くならないので、昨日鶴居村の診療所に行き血管注射をしてもらいその後しっかり寝込んだおかげで今はほぼ回復しましたが咳だけとれません。あさってからの撮影ガイドに備えてしっかり完治しなくてはと思っております。皆さんも風邪に注意してくださいね。

ウェブページ

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2008年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年2月です。

次のアーカイブは2008年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。