2007年10月アーカイブ

タンチョウ飛翔

タンチョウ飛翔.jpg
今日は雑誌の取材がありタンチョウのこと作品のこと鶴居村のこと色々話をしました、やはり外から鶴居村を見ている方の鶴居村に対する評価はとても良い印象ですね、このことを鶴居村の理事者にぜひ伝えたいと思います。今、のびどらさん、十勝清水のWさん、東京からの取材の方達と米汁パーティー?……。数日前に札幌のOさんからいただいた青森のまぼろしの酒、純米大吟醸『田酒』、とても、とてもうまい美酒ですね聞く所によるとなかなか手に入らない酒とのこと、皆の衆心してのみんしゃい…………! うまい……うまい…うまい、当然です。札幌のOさんごちそうさまです。明日は曇りの予報、気合だ、気合だ。

冬支度の釧路湿原

| コメント(1)

冬支度の釧路湿原.jpg
湿原の木々達も葉っぱを落し始めています、もうすでにすべての葉っぱを落してしまって後は空から白い物を待つばかりの木々達の根元には食料集めに忙しいシマリスやエゾリスが忙しそうに走り回っています。時折山の向こうからパンー、パンーと乾いたライフルの銃声が聞こえて来ますその度に反射的に首をちぼめますが……、まったく意味がありませんね。話ががらっと変わりますが設備点検で休業していましたHOTEL TAITOですが、あすから平常営業に戻りますので皆さんのご利用をお待ちいたしております。明日からのびどらさんが来ます是非納得出来るカットを決めていただきたいですね、今回は鶴の恩返しですから…… ! 。

タンチョウの想い・・・

タンチョウの想い‥.jpg
湿原を見渡せる小高い丘に一羽のタンチョウがぽつんと寂しそうに立っています、連れを亡くして寂しさに打ちひしがれているのか、まだ独身なのか………? 旅愁の詩が聞こえて来そうですね。明日の予報は晴れです。

オオハクチョウ

オオハクチョウA.jpg
シベリアから越冬のため渡って来て羽を休めていたオオハクチョウは本州へ向けて南下して行きました。きっと新潟県の瓢湖や福島県の猪苗代湖あたりで3月頃まで越冬し、その後北帰行のときにまた釧路湿原で羽を休めてシベリアに帰って行くことでしょう。もうひと月もすると北の大地も雪と氷の白銀の世界に変貌しますね。明日から二日間TOTEL TAITOは設備点検のため全館休業となります、10月31日より平常営業いたします。

唐松紅葉

| コメント(1)

唐松紅葉.jpg
午前9時半頃から札幌からのお客さんの撮影ガイドでした今日は朝からべったりの曇り空(ドンテン)でしたので全体に光が回り影が出来なく私としては嫌いな条件ではなかったです。時折強い木枯らしが吹いていましたがそれほど気にするほどでもありませんでした。鶴居の紅葉も唐松を残すのみとなりました。のびどらさんが31日から来村ですので唐松の紅葉にドンピシャみたいです。鶴居村には約300羽のタンチョウが越冬に集結しています、きっと『鶴の恩返し』をすべくお待ちしていると思いますよ。明日は晴れ、風がなければたぶん朝霧が期待出来ますよ。

紅葉霧景色

紅葉霧景色.jpg
今朝はマイナス1℃の比較的暖かい朝でした。午前9時頃まで湿原全体を霧が覆いベッタリとした朝の風景でしたが鶴居村(音羽橋や鶴見台)周辺はなかなか芸術的な流れるような霧がかかりとても写欲をそそられました。ボ〜とこのような風景を見ていると遠くからオカリナのすきとうるような音色が聞こえてくるような錯覚になります。後一週間でカラマツの紅葉がピークを迎えますよ、みなさん早く鶴居村へ『北帰行』して下さい、まだ間に合いますよ。明日はお昼頃まで雨の予報です風も少しでるみたいですね。夜半から晴れです。

タンチョウ横断.jpg
昨日はトウモロコシの刈り取った畑に70〜80羽のタンチョウが餌をついばんでいました、その中に三脚に600ミリを付けた年配の男性がどんどん入って行きものの見事に全部飛ばしてしまいました。タンチョウは警戒の鳴き声を発しながらパニック状態になってばらばらに飛んで行ったのは言うまでもありません。その男性は逃げるように去って行きました。また今朝グリーンのとてもきれいな牧草地の真ん中にワンボックス車が止まっていました明らかにカメラマンの車です出てくるのを待ち注意しました悪びれる様子もなく牧草地にタイヤの跡をたくさん残し去って行きました。地主さんに見つかったら大変な問題になります牧草地は農家の大切な生産の場です、自分の家の中に土足でズカズカ入り込まれたのといっしょです。小さい子供でもないでしょうしそんなことは考えなくても分かりそうなことでは? 今時そのような人間が居ることじたいとても悲しくなりますね。このような一人のカメラマンの行為ですべてのカメラマンが悪く言われてしまいます。わざわざ本州からボランティアで環境整備に来てくれる方、タバコの吸い殻を拾ってくれる方、道路に落ちていたごみをわざわざ車を止めて拾ってくれる方、皆私の知っているカメラマン(写真家)達ですその様な方々にとても申し訳ない気持ちになります。常識をわきまえましょう!。今日はとても気がめいってしまいました、これから写真家のO氏と茨城県のH氏と厄払いの酒盛りだ! ! ! ! ! ! ! 。

タンチョウ悲し

タンチョウ悲しい.jpg
早朝の撮影をほぼ終えた午前7時30分頃なんか様子がおかしいタンチョウが一羽だけ牧草地の端で一歩歩いては羽を広げ二歩歩いてはまた羽を羽ばたかせています、よく見ると足首から下が切断されています(画像)いたいたしい姿で懸命に餌をついばむ姿を見ると野生の厳しさをひしひしと感じさせられました。これが人間が原因で起こった事故でなければ良いのですが…………?。明日からエゾシカの狩猟解禁です林や森の中に入る時は派手なジャンパーを着るなり十分注意してください。

放牧乳牛

放牧乳牛.jpg
鶴居村のチーズ『鶴居』が東京高島屋デパート北海道物産展で人気を博しているようです、鶴居村内での販売も少しずつ供給体制が整いつつあります。鶴居村はまだまだ発展途上の村です合併しないで自立宣言した以上は何が何でも頑張って盛り上げて行かねばなりません。鶴居村には夢があります、このブログを見てくれている方々是非ぜひこの北の大地鶴の居る村『鶴居村』を影に日向に応援お願いいたします。あなたの応援の一言がたくさんの人達の足を鶴居に向かわせます……?。・・・・・たま〜にこの場を借りて観光協会副会長として一言を吠えさせていただきましたマジに吠えました。ありがとうございます。

夕日に映えるミズナラ

夕日に映えるミス?ナラ.jpg
今日の読売新聞(朝刊)のコラム欄に友人が『黄金色のエゾモモンガ』を撮った記事が全国版に掲載されました。東川町の写真甲子園での『金のモモンガ』がほんとうに居たんですね……びっくりしました。アルビノならば目が赤くなるはずなのですが普通の黒目です、こんな目立つ色をしているのでたぶん外敵から狙われやすいと思います元気に長く生きてほしいと思いますね。このモモンガはメスだと言うことですので来春『黄金色の子供モモンガ』が沢山出て来たらどうしましようか?。明日は晴れ、朝の気温は氷点下の予報です。

朝光飛翔

朝光飛翔.jpg
今日は一日澄みきったすばらしい秋の青空でこんな日は、しちりんで炭をおこし秋刀魚を焼きビールを飲みたくなるような日でした。この季節になるとタンチョウカメラマンもスイッチが入ったようでいろいろな所でカメラをかまえている顔見知りや見なれない顔の人などとすれ違いますね。今年は紅葉が一週間ほど遅れているとのことでしたが、数日前の強い霜が原因なのか黒くちじれて来ています。場所に酔っては鮮やかなすばらしい紅葉がポイント的にまだみられますよ。明日の予報は晴れですが、風がすこし吹くみたいです。

ミズナラ紅葉

ミス?ナラの紅葉.jpg
昨夜の米汁での前祝いもむなしく今日一日ぱっとしない日でした。夕方ころより霧が出て来て私の好きな状況になりましたが肝心の主役が大根役者?なのかすばらしい演技を見せてくれませんでした。明日こそ良い演技を期待しつつ今夜は麦汁で前祝いです。…………どうであれ結局は酒汁?‥‥‥‥‥?。

霜の降りたキラコタン岬

霜の降りたキラコタン岬.jpg
数日ぶりのキラコタン岬ですキタヨシに霜が降りて湿原全体に小麦粉をかけたように白く薄化粧を塗ったようでした。夏の小鳥や動物たちのざわめきも今はまったく感じられずシーンと静まり返った湿原に時折エゾシカの鳴き声やタンチョウの声が響き渡っています。明日は雨の予報ですので、これからC社のA氏、写真家のO氏と今シーズンすばらしい作品が撮れますよう『米汁』パーティーです。のちほどハゲ写真家のI氏が合流する予定です。

けなけ?に生きる.jpg
今日の画像は農道を渡る一羽のタンチョウです。三年前伊藤タンチョウサンクチュアリで見たのが最初でした右羽が折れて、右目がつぶれとても痛々しい姿でした。おそらく電線かなにかにぶつかったのだと思いますたぶんこの冬は越せないなと思いつついつも気にして見ていました。それから三年、昨年も今年も湿原からデントコーンの畑に毎日、毎日歩いて通って来ています。いつも一人で暗くなって他のタンチョウが帰ってしまった後寂しそうにとぼとぼ歩いて帰って行きます。けなげに生きるこのタンチョウを見ていると心の中で『頑張って生きるんだぞ』、といつもエールを送っています。

朝の飛翔

朝の飛翔.jpg
今、鶴居村は雨が降っています。さほど強い雨ではありませんがお昼頃より振り出し明日一日いっぱい降りつづくようです。釧路湿原もこのところの寒気のせいで霜にすっかりやられてしまったせいか、だいぶん地味な茶系の色合いになってきました。後はカラマツの黄色に色ずくのを待つだけでしょうか11月に入ってからでしょうか?。明日は名古屋の写真家O氏が奥さんと赤ちゃんを連れてやって来ます、うまい祝い酒が飲めますね………。

朝の飛来

| コメント(2)

朝の飛来.jpg
今朝もしばれる朝でマイナス4℃あり出発前の暖気運転は欠かせなくなりましたね。今日午前9時よりタンチョウのねぐら雪裡川(音羽橋)の中州の柳の木の伐採を昨年に続き行いました。総勢30名以上の参加者で午後3時頃にはきれいに整備され、タンチョウにとっては外敵に対して見通しがきき安心して夜を過ごせるようになり、撮影者や観察者にとってもとてもいい状態になりました。二三日は足腰に湿布を貼ることになるのは私だけではないでしょう。神奈川からわざわざこの日の為に来ていただいたのびどらさん、昨年に続きありがとうございました。今シーズンはきっと鶴の恩返しがありますよ。

朝焼け飛翔

朝焼けの飛翔.jpg
鶴居村のタンチョウも全体で約250羽は越えていると思います、そこいら中に鶴、鶴、鶴で旅行者は『鶴の居る村』鶴居村を実感することでしょう。音羽橋周辺のデントコーンの刈り取った畑ではタンチョウ達が落ちこぼれたコーンを食べに集まって来ています。明日の最低気温はマイナス1℃、最高気温が11℃です。たぶん湿原周辺ではマイナス5℃にはなるでしょう。天気も最高です ! 。

撮影ガイド

撮影カ?イト?.jpg
『秋風景の中のタンチョウを撮る』今回ガイドしたお客さんの撮影テーマです。紅葉バックで鳴き合い、ススキの中を親子で散歩、霧の風景とタンチョウなどなど七日間でまあまあそこそこのカットが撮れたようです。今日はあっちこっちでイベントがあったらしくずいぶん人が出ていましたが今日は日曜だったんですね。今朝のしばれも強かったですねフロントガラスの氷が本格的になって来ました。明日もすばらしい天気です気合を入れて行きましょう。

初雪

初雪.jpg
『今朝はなまらしばれたんでないかい〜。んだしばれたな〜』。となりのばあちゃんとの今朝のあいさつでした。今朝ホテルを出発する時、車のフロントガラスが凍っていて今シーズン初の霜カキをし冬が近くまでやって来ていることを実感させられました。朝食後阿寒の紅葉スポットの滝見橋での撮影しましたが何となくピーンときませんでした。たぶんタンチョウがそこに居ればピーンときたかと思いますが……?。オンネトウまで足をのばしエメラルドグリーンに映る白樺の黄色い紅葉を撮って来ました、天気のいい土曜ともなると車も人も多いですね。やはりここも普通の観光写真になってしまったような、そうでないような‥‥、タンチョウの『白』が無いと自分には今ひとつピーンときませんでした。今日の画像は阿寒に行く途中の鶴見峠(タンチョウが見れる訳ではありません。)の昨夜から今朝にかけてクマザサの上にうっすらと積もった雪です。明日も 、な ま ら し ば れ る ぞ !!

野付半島

野付半島.jpg
風が強く時折雨が降る中撮影ガイドで野付半島に行ってきました、ネイチャーセンターの話だとカモ類が1万羽以上集結している様です、飛び立つ時の羽の音や着水時の水の音などとても圧巻でした。タンチョウは遠くに米粒大に二番い確認出来ました風が強かったせいか落ち着かない様子でした。明日は今シーズン一番の冷え込みとの事です。初氷はるかな………。

太陽がいっぱい

太陽か?いっは?い.jpg
日の出から日没までタンチョウ、風景等々一日いっぱいカメラをにぎりっぱなしでした。寒くなったせいか風が強かった為か、蚊がめっきり少なくなったのでとても助かり撮影に集中出来ました。明日も一日気合だ ?。今日の画像を撮影していてアランドロン主演の名作品を思い出しました。

霧の日一人……。

霧の日一人…….jpg
今日一日足を伸ばして海岸線のタンチョウを見て来ました。すでに鶴居方面に越冬の為移動してしまったファミリィーもいれば、まだのんびりと海岸を歩いている番いも居ました。あとひと月もすると鶴居や阿寒の里に集まって来ることでしょう、移動途中事故に合わない様心の中で念じながら海岸線を後にしました。途中牧場に降りているタンチョウも数番い見かけ、広大なグリーンの放牧地を仲良く歩く姿は北の大地『北海道』を実感させられます。

あきあじ

あきあし?.jpg
早くもあきあじ(秋鮭)の遡上も終盤でしょうか?、たぶん台風でも来て河川の水位が上昇するとまた沢山の鮭や鱒が産卵に遡上することでしょう。畑のデントコーンの刈り込みもだいたい終わりに近いですね、自分の狙っているコーン畑はまだ刈り込んでいませんのでタンチョウのタの字も有りません。明日はキラコタン岬に湿原ガイドです。たぶん岬周辺の朝の気温は零度前後まで冷え込んでしまうようで葉っぱに付着した朝露が凍ってしまうでしょう。本州からのお客さんなので良い体験になるでしょう。

今日の夕焼け空

今日の夕焼け空.jpg
早朝、雨の降る中湿原体験ガイドに行ってきました、とても強い風と時折下から吹き上げて来る雨の中で観るキラコタン岬はキタヨシがまるで意思でも持っているかのように風でうごめき大自然の躍動感を感じさせられました。このような光景はムービーではしっかり表現出来ますが、スチールではいかんせん非常に難しいですね。午後3時を過ぎた頃より太陽が照り出し夕日はご覧の様な久しぶりにすばらしい夕焼けになりましたが役者の登場は無かったです、大根役者でも良いのに………。

晩秋のキラコタン岬

晩秋のキラコタン岬.jpg
今日もこの時期の典型的な朝の風景で、霧が立ち込めすばらしい晩秋の釧路湿原国立公園を演出してくれました。キタヨシは黄色に色付きヤチハンノキはまだ緑色をとどめチルハシナイ川の流れが音も無く森の養分を下流へと送り出しています。水の中では四年前この川で生まれた秋鮭が産卵のため力強く上流を目指し遡上しています。湿原のキタヨシが黄色をとどめているのは今週いっぱいでしょうか、その後ヤチハンノキの葉が黄色く色付きます。この時期の湿原とタンチョウを観に又、撮影に是非鶴居村にいらして下さい。

天高く馬肥ゆる秋

天高く馬肥ゆる秋.jpg
秋野菜のとてもおいしい季節になって来ました、じゃがいも、かぼちゃ、人参、玉葱 etc。そして鶴居村の牛乳とチーズがあればベストです、グラタン、チーズフォンデュ、ラクレット、これらすべて鶴居村の食材で完結します。ここ最近鶴居のチーズは以前にも増して売れ方がさらにパワーアップしております、もちろんうまいのは当たり前でたぶん熟成期間が長くなるとうまさも倍増するのかもしれません。鶴居に来たら是非チーズをご賞味有れ。明日の天気は晴れ、気温は最低9℃、最高19℃。これから弟子屈町に在住の写真家のYOKOさん、CanonのYAMAさんと飲み会ですたのしい話が聞けそうです。

デントコーン刈り取り

テ?ントコーン刈り取り.jpg
デントコーンの刈り取りが始まり雪虫が飛び、いよいよ本格的になって来ましたね。今朝の撮影ガイドは霧が流れタンチョウ達が鳴き合い、ダンスをし、なかなかムーディーな写真が撮れました。鶴居村のデントコーンを一斉に刈り取ったので今週から来週にかけて夏の間湿原に行っていたタンチョウが一挙に帰って来ると思います。来週末には鶴居村全体で200羽は越えるでしょう。

牧場霧景

牧場霧景.jpg
今朝は自分の作品撮りで終始タンチョウ三昧でした、車のCDから流れる宗次郎のオカリナの曲を聞きながらタンチョウの撮影に集中すると、こんなにも日常の事をすっかり忘れ撮影に没頭することができます。意識も、それから作品もたぶん普段とちがった表現の作品ができるような気がします。明日は撮影主体のガイドです。

昇陽幻影

昇陽幻影.jpg
昨日の朝ほど冷え込まず動きやすい朝でした。撮影的にはやはりググ〜ンと冷え込んでもらったほうがチャンス的には多くなるでしょうけれど、いかんせん自然相手ですから思うとうりにはなかなかうまく行かないところが写真のたのしさなのでしょう。鶴居村全村的に今日からデントコーンの刈り込みが始まりました毎年この作業が始まると雪虫が飛び交い夏の終わりを実感します。いよいよ冬支度です。

鳴き合い

鳴き合い2.jpg
今朝の湿原体験ガイドで今シーズン初めての霜を確認しました。ホテルを出発する頃は3.5℃でしたがキラコタン岬入り口では笹に氷が付いて全体が白くなっていました。今月中に初雪の便りが聞かれるのでしょうか、TAITOでは今日から全館暖房が入りとても快適です。話は変わりますがタンチョウのねぐら(雪裡川、音羽橋下流)の樹木の伐採日が決定しました 【10月16日午前9時】 尚、16日に終了しなければ17日も引き続き行います。この作業は鶴居村タンチョウ愛護会、観光協会、産業課、伊藤タンチョウサンクチュアリ、が行いますが高齢者が多いため多数の作業ボランティアを募集しております。この機会に『タンチョウに恩返し』をしてみませんか?またタンチョウの目線で川の中から音羽橋を見ることの出来る絶好のチャンスですよ。参加者には 【丹頂弁当】 があたります。当日お手伝い出来る方は『鶴居村教育委員会・中尾課長 0154-64-2250』まで連絡お願いいたします。 ?ホテルTAITOのホームページを見て?と伝えて下さい。名付けて『鶴に恩返し事業』 。

ウェブページ

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2007年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年9月です。

次のアーカイブは2007年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。