2007年6月アーカイブ

北キツネ

北きつね2.jpg
今朝、雨降りの中の湿原ガイドでした。しっとり落ち着いた明るいグリーンで、「甘い〜グリーンですね」と表現されたお客さんがいましたほんとうにそのような感じがします。久しぶりに北キツネのファミリーに出合えましたがこちらを警戒しさすがに観光地の『観光きつね』とはまったく警戒心がちがい同じキツネとは思えませんね。しかししばらくそこにいるとあまり気にしなくなり 『まだそこにいるのかよ』 なんて言う表情をします。明日もガイドです少し風が出るようですがお昼前から太陽が顔を出すよなので気合を入れて行きます。

タンチョウ横断

タンチョウ道路横断1.jpg
『ぼく、もうこんなに大きくなったよ………。』 生まれてから二ヶ月がたちましたもうお父さん、お母さんと同じくらいの背のたけまで大きくなりました。しかしもう一羽の子供は好奇心旺盛で親から離れてサッサツと一羽で遠くまで行く事が時々あるので、外敵に襲われないかとてもとても心配です。しかしここのタンチョウ夫婦は子育てが本当にじょうずだ。このまま順調に子分かれまでいくとうれしいですね。明日は雨の中の湿原体験ガイドになりそうです。私個人的には小雨の降る湿原がとても好きです。

川面渡るエゾシカ

川面渡るエソ?シカ.jpg
今日ものびどらさんこと、落◯さんが持参した美酒『八海山』を二人でおいしく頂きまして少しきいています。画像はキラコタン岬のチルワツナイ川を渡るエゾシカです。明日もガイドですねぼうしないように気合を入れます。

タンチョウの思い…

タンチョウの思い1.jpg
今日の画像のタンチョウはいったい何に思いを馳せているのだろうか?。遥か遠くを見つめ今の人間社会にあきれはて自分は人間でなくて良かったと思っているのか、また自分達タンチョウの今後の行く末を案じているのか一度じっくり彼らの話を聞いてみたいと思う……、だれか『タンチョウ語』の翻訳ソフトを開発してください。な〜んてバカな事を言ってられないほど最近のニュースを見るたび、聞くたび頭に血が登ってタンチョウの頭みたく真っ赤になるのではないかと思ってしまうほどだ。明日は大勢の湿原体験ガイドです、トラブルの無い様に気を引き締めていきます。天気は一発晴れです。

霧日飛翔

霧日飛翔.jpg
鶴居村の乳製品販売にあたっていよい大詰めになって来ました。チーズを7月10日すぎに発売し、その後ソフトクリームの販売となりそしてヨーグルト、クリームチーズなど順々に発売の予定です。鶴居村に来られた方、通りすがりの方々ぜひ立寄下さい。ホテルTAITO内で販売いたしております。また館内のレストランでは鶴居産のチーズを使ったメニューも考案していきますので期待下さい。明日は朝のうち曇りのち晴れの予報です。

小ギツネ

小キ?ツネ.jpg
このところあまり天気が良くありません、しかしあさの霧に霞んだ湿原を見ると何となく心が落ち着きます。明日も湿原体験ガイドがありますきっとまた感激する事でしょう。うわ〜すごい!、きれい! なんて言われるとなんか自分がほめられているかの様に胸を張ったくらいにして、ついついすごいでしょう ? なんて言ってしまいます。鶴居村で生まれ育った事をとても感謝する此のごろです。明日も曇りの予報です。

ワタスゲ

ワタスケ?.jpg
今日は6月最後の日曜日、午後4時ころまで曇りでしたが案外すごしやすい日でした。その後パラパラ雨が来まして今現在もしとしと降っているようです。これから『写真家のための写真家による酒宴の義』を執り行います。なんてただの飲み会です。? 関東からのびどらこと落◯さん、山◯さん、隣町のはげこと今◯が加わりたのしい酒宴になるでしょう。ちなみに飲む前にブログUPしました、前科がありますので………。明日は朝のうち雨のち曇りです。

釧路湿原寸景

釧路湿原寸景.jpg
今日、標茶町で「釧路新聞社標茶町支局開設10周年記念」がありましてその中で、『鶴になった男』こと釧路市丹頂鶴自然公園名誉園長高橋良治さんの記念講演があり、とてもたのしくためになるお話をうかがいました。その一つをお話しいたしますと『タンチョウが寝る時は必ず風上に向かって寝て、飛び立つ時は引っ込めている方の足から踏み出して飛び立つ』ということでした。機会があれば気を付けて観察してみて下さい。

霧の農道

霧の農道.jpg
今日は写真談義で盛り上がっています。明日もガイドがあります気温は15℃前後と寒いほどではありませんが朝のうちは靄が少しでて、とてもきれいな風景が見られると思います。気合を入れて行きましょう!。

タンチョウと酪農家

鶴居村のとある牧場.jpg
今日の画像をご覧下さい、湿原体験ガイドでの一コマですこの時期の雛を連れているタンチョウはとても警戒心が強く人間にはほとんど近づかないのが普通ですが、お互いに信頼関係が出来ていればご覧のような2?にもみたない距離に近づいてもまったく警戒する事はありません。しかし見知らぬ人が来てタンチョウにとって不快な行動をとったりするとすぐ警戒されて姿を隠してしまいます。このところ毎日ガイドの中で観察できています、タンチョウとの距離10?くらいでもちろん車窓からの観察になります。いつも同じ時間に同じ場所に行きますのでこちらの車両を覚えている様で警戒はまったくしません。しかし長く留まるとストレスを与えるので約15分ほどの観察です。

音羽橋現況

音羽橋現況.jpg
冬の間タンチョウのネグラとして有名な撮影ポイントですが今は訪れる人もいなくひっそりとしております。グリーン一色の音羽橋もまた新鮮味がありますネ。10月には毎年ねぐらの環境整備が行われます、タンチョウの冬のねぐらを確保する為に『雪裡川』の中州の樹木を伐採する作業です。合わせてタンチョウの観察者やカメラマンの観光振興の為の重要な作業です。昨年は関東の落◯さんこと(のびどらさん)が貴重な日程をつぶして作業に参加してくれました。もちろんボランティアです。今年の日程が決まりましたらこのブログで案内しますので参加できる方は是非協力下さい。あすは関西の団体さんの湿原体験ガイドです、気合を入れて行きます。

鶴居の丘

鶴居の丘2.jpg
今日の画像のポイントは冬景色でよく撮影している『鶴居の丘』です、雪景色とちがって一面グリーンというのもいいですね。鹿かキツネがいるともっと良かったのですが、そう〜うまくいきません。明日は日の出にかけて撮影に行こうと思います、しかし明日一日くもりの予報です………。

クシロハナシノブ

クシロハナシノフ?1.jpg
クシロハナシノブ(釧路花忍)別名『湿原の貴婦人』と言い氷河期の遺存種です。特に深い霧に覆われた早朝の姿は気品にみちて何ともいわれない存在感を放っています。「クシロ」と名前が付いていますが霧多布湿原のほうが沢山自生している様に思います。湿原丘陵ではハクサンチドリがそろそろ終わりを迎えています。明日も湿原体験ガイドです早く寝なければ……今日から関東の山◯さんが一週間ほどの予定で撮影にやって来ました、天気も良さそうだしきっと良い作品を撮って帰られるでしょう。

水辺のエゾシカ

水辺のエソ?シカ.jpg
今日一日とても良い天気に恵まれ朝から結構暑かったです。午後から近くのポイントに撮影にでかけてみたら夏毛に衣替えした鹿の子模様のエゾシカが緑の中に結構出ていて水草を盛んに食べていました。明日もまたキラコタン岬にガイドですここ連日タンチョウの親子がいつものポイントに出てくれて参加者は大喜びです。明日は昼まで晴れ、午後から雨の予報です。

とうきび畑とタンチョウ

とうきひ?畑とタンチョウ.jpg
今日の湿原体験ガイドでタンチョウがデントコーン(家畜用のとうもろこし)の畑に入ってなにやら一生懸命つついているのを目撃しました。コーンをつついているのかと思ったのですが実は何も植わっていない所のミミズや昆虫を一心不乱に捕食していました。タンチョウは良きに付け悪きに付けとても目立つ存在です、間違った判断はしてもらいたくないですネ。明日からしばらく晴れマークです。

カラマツソウ

 カラマツソウ.jpg
今日一日雨模様の天気でした。早朝湿原体験ガイドも小雨の中のガイドでしたが、しっとりした湿原の中を雄大に蛇行を繰り返しながら流れる川が印象的でした。参加されたお客さんは普段見られない湿原の風景に大満足の様子でした。今日の画像は早々咲き出した「カラマツソウ」です。この花は毛糸のボンボンのようでとてもかわいい花です。和名はこの花をカラマツ(唐松)に見立てたもの。それにしてもこの時間まだ蒸しています、明日はくもりの予報です。

只今新緑最高潮

只今新緑最高潮.jpg
釧路湿原国立公園の新緑は今が最高の時期です。ミズナラの若葉が芽吹き、すでに開ききったしらかばの葉ですがまだ黄緑色の柔らかい色彩をしていて何より湿原を占めている昨年の枯れた葦とのコントラストが非常に見事です。この時期に皆さん是非いらして下さい。昨日までタンチョウの写真を撮りに来ていた名古屋の大◯氏はアシスタントとともに今日帰って行きました。収穫はGOODのようでした。明日は曇り夕方雨の予報です。

湿原を撮る和田

湿原を撮る和田.jpg
今日の画像は早朝湿原体験ガイドでの私の撮影風景です撮影者は名古屋の写真家(酒友)大◯氏です、いつも自分の写真となるとなかなか無いものでいざ使いた時に同じカットばかりです。今日の湿原は非常に蒸していたせいで蚊とブヨがかなりうるさかったです。その他の収穫はほとんどありませんでした。明日の予報は晴れです!

落陽・アオサギ

落陽・アオサキ?.jpg
秋のようなすばらしい落陽を背景にアオサギ、オジロワシ、おまけにカラスが一幅の絵を演出してくれました。気がつくと自分の周りは蚊とブヨの大群に覆われかゆいやら、うっとうしいやら腕と顔は蚊に刺されぼこぼこ状態!しかし蚊も子孫を残す為に必死なんでしょう。明日は道東内陸では30℃を超す夏日の予報です。

雛順調に育つ

雛順調に育つ.jpg
此のところ早朝は霧がかかり幻想的な朝が続いております。今日の画像は湿原ガイドで観察できたタンチョウの親子です雛は卵から孵ってひと月以上たちこのまま順調に育ってくれるといいのですが。今日夕方から鶴居村産のチーズに関する会議があり試食、試飲……?、その後名古屋からの酒友?と、となり町の写真家小◯氏と子供誕生お祝い会をする予定です。最近なにかにつけ酒宴が多いかな?、カメを壊さない様にしなければ……。

タンチョウと馬

タンチョウと馬.jpg 今日は名古屋からの酒友と飲みすっかり酔ってしまいました。

タンチョウ光彩

タンチョウ光彩.jpg
きのうはUP出来ず申訳ありません。道立釧路芸術館で村のガラス工芸作家のオープニングパーティーがあり二次会でついつい・・・・・。今朝はとても濃い霧で風景はすばらしかったです、しかしタンチョウは今ひとつピリ!としなかったでした。画像は潮が引いた後水辺を歩く番のタンチョウです、今年はこの番はもう営巣しないかもしれませんね。タンチョウの水銀中毒件は環境省が本格的に調査に乗り出す事になりました。なにか分かりましたらこのブログにUPします。

キラコタン岬近況

キラコタン岬.jpg
今朝の湿原体験ガイドで特別保護区のキラコタン岬まで行って来ました。少し霧雨模様でしたが特に濡れる事もなく、かえって霧がかかる事によってやわらかな風景を演出してくれました。今年芽吹いた葦の緑と、昨年の枯れた葦の赤茶色のコントラストがとてもいい色彩を見せていました。単独でキラコタン岬に行かれる方は必ず許可を取って下さい。熊にも注意を!

湿原霧景

湿原霧日.jpg
今日の日中は予報に反して良く晴れましたが日が落ちる一時間ほど前から霧が徐々に覆って来てきまして、釧路湿原全体が霧に覆われ幻想世界の夢の中にいる感覚でしょう。話は一転し昨日の北海道新聞やTV報道等でご存知の方もいると思いますがタンチョウの水銀汚染が初めて報告されました。1988年から2004年にかけて事故等で死んだ100羽の死骸から腎臓、肝臓の部位を調べた結果、平均で一般鳥類の10倍以上、最高で約300倍の高濃度の水銀が検出されたとの事です。(酪農学園大の寺岡宏樹教授) 「種の存続にとって潜在的な脅威やもしれない」と指摘しています。原因は今のところまったく不明ですが解明を早期に待たれるところです。この件に関して情報が入ればお知らせいたします、何かの間違いであってほしいです。明日は霧の中を『湿原体験ガイド』です。とてもすばらしいところへガイドいたします。

海辺のタンチョウ

海辺のタンチョウ.jpg
いや〜今日も走りに走りました・・・・・いいえジョギングではなく車で約400キロ東の海岸線を早朝から日没まで。それだけ走ると撮影チャンスも沢山あり、海と言うだけでとても新鮮に感じついついシャッター回数も多くなってしまいます。そしてタンチョウの数が1,000羽を超えたので結構あちらこちらで見かける様になりました。話は変わりますがホテルTAITOから根室の納沙布岬まで行って日帰りで帰ってくるなんていうのも実際に行ってみてそんなに大変ではないというのがよ〜くわかりました余裕でした。この夏TAITOに泊まられた方一度行ってみてはいかがでしょうか?。きっと発見がありますヨ。

コ?ルフ場に飛来.jpg
今日は早朝から日没まで撮影ガイドをしていました、すごい長時間労働です本来であれば労働管理局でいう不当雇用というところですがなにぶん悲しいかな雇用主な為、寝ないで働いてもまったく関係ありません。借金があるうちは死んでも働きなさいと言ったところでしょうか‥‥な〜んちゃって。ここ最近の日の出と夕日はすばらしいくきれいです空気中にちりが多いと言う事でしょうか、今日の画像はパークゴルフ場に遊びに来てくつろいでいるタンチョウです。明日も一日撮影ガイドです早く寝なければ。

タンポポの丘

タンホ?ホ?の丘.jpg
早朝に釧路湿原キラコタン岬に行ってみました、霧がかかりとてもやわらかい雰囲気のやさしい作品が撮れました。きょうはエゾシカ、タンチョウ、キタキツネ、他鳥類多数見られ、戻る頃には薄日も射しとても気持ちのいい早朝トレッキングでした。UPした画像は朝食後標茶方面の牧草地です。明日もほぼ一日晴れです。

新緑

新緑.jpg
午前中は雲っていましたが午後からはとても良い天気になり夕日もなかなかきれいでした。斜光に光る新緑は背景さえ良ければほんとうにきれいで感動しますね、たとえ一本の木でもそこにタンチョウやエゾシカが居なくてもフレーミングやレンズ選択がしっかりしていれば十分完成した作品になり得ますね。しかしいつも同じ目線で撮っているとパターン化してきますので、いつもとちがった表現を考えてみる事も必要ですね。明日は撮影ガイドです感動していただける写真を撮っていただける様にがんばりましょう。

牧場

牧場.jpg
今日も曇り空の肌寒い一日でした。緑の広大な草原でホルスタイン(白黒の乳牛)がのんびり草を食む姿を眺めていると人間界の煩わしさなどすっかり忘れてしまいます。本来であれば遊びであれ、仕事であれ自分の背丈にあった生き方をするのが理想なのでしょうがなかなかそううまく行かないのが人生なのではないでしょうか・・・?。鶴居村も緑が広がりとても過ごしやすい気候になって来ました、都会の喧噪を忘れストレスを捨てに鶴居村にいらして下さい。両手を大きく広げていつでも皆さんをお待ちしております。鶴居村観光協会副会長として少しPRさせてもらいました・・・少しまじめに。当然このブログをご覧の方は鶴居村の良さは十分ご存知の方々でしょうけれども ?。

ウェブページ

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2007年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年5月です。

次のアーカイブは2007年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。